×

2018.11.20 交通事故 被害者 施術・治療 むちうち 医者・ドクター

むちうちによる頭痛は薬だけで治る?症状があらわれる原因について

交通事故でむちうちになると、頭痛の症状があらわれることもあります。頭痛の症状は、鎮痛薬の処方だけで終わることもあり、不安になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、むちうちによる頭痛は薬で治るのか、むちうちで頭痛があらわれる原因などについて解説していきます。

むちうちになると頭痛の症状があらわれる?

物思いにふける女性

むちうちは、交通事故で多い怪我だといわれています。事故の衝撃で首が鞭のようにしなり、首周辺の筋肉と靱帯などが損傷することで、症状があらわれます。

頭痛の症状もむちうちの症状の1つです。むちうちで頭痛があらわれる原因としては、以下のことが挙げられます。

日髙先生:
「首の奥には、頚椎に沿うように、『頚長筋』という筋肉があります。交通事故の衝撃で頚長筋が損傷してしまうと、すぐ近くにある自律神経が刺激され、頭痛の症状が現れます。」

むちうちの頭痛はいつまで続く?適切な治療方法と通院頻度を教えて!

しかし、むちうちの症状は頭痛だけではなく、様々な症状があらわれます。

むちうちの症状は頭痛だけじゃない!

むちうちの症状は、首や肩の痛み、可動域制限、頭痛、めまい、耳鳴り、歩行障害、知覚障害、しびれなど、軽いものから重いものまで様々な症状があらわれます。

また、むちうちは頚椎捻挫型バレー・ルー症状型神経根症状型脊髄症状型の4つの症状型に分類することができます。

むちうちの診断は難しい

考える医師

むちうちの特徴として、診断が難しいといわれています。特に、むちうちでみられる頭痛や吐き気、めまいなどの症状は、風邪の症状と勘違いしてしまう恐れがあります。

また、むちうちは、筋肉や靭帯などの損傷によるものです。そのため、身体の外側に症状があらわれているかを確認することができません。むちうちを調べるためには、適切な検査を受ける必要があるのです。

むちうちの検査をする場合、レントゲンではなくMRIの検査を受けた方がよいでしょう。レントゲンは、骨折の場合に有効とされる検査です。一方、MRIは脊髄や靭帯、椎間板の異常を見つけることができます。

ただし、MRIだけでは、むちうちの原因を明確に突き止めることができない場合もあります。そのため、MRIと神経の異常を調べることができる「神経学的検査」を併用することをおすすめします。

.jiko24.jp/manual/treatment/youtsuinenza-test/#jump-1808241406″ target=”_blank” >▶︎参考:腰部のむちうちに適した神経学的検査についてはこちら

このようなむちうちの診断は、事故後すぐに行うことが大切です。

事故後に受ける診断はお早めに…

むちうちの症状は、事故直後ではなく、事故の数日後にあらわれることも多いです。その理由は、事故直後は身体が興奮状態になるため、怪我を負っていても痛みに気づかないからです。

しかし、むちうちの症状が数日後にあらわれて診断を受けた場合、事故と症状との因果関係が疑われる可能性もあります。そのため、事故が原因のむちうちだという診断書を取得できなくなってしまいます。

事故が原因のむちうちだという診断書が取得できなければ、加害者に慰謝料や治療費を請求することができません。したがって、事故後に自覚症状がなくても、一度病院で検査を受けるようにしましょう。

むちうちによる頭痛は薬だけでいい?

処方箋を見せる医師

むちうちによる頭痛の症状があらわれた場合、整形外科や病院で「鎮痛薬」が処方されることがあります。しかし、鎮痛薬だけではむちうちによる頭痛の症状を治すことができません。

そもそも鎮痛薬は、炎症を鎮めたり、痛みや腫れなどを抑えてくれます。ただし、その効果の持続時間は、約3~6時間と一時的なものであるため、鎮痛薬だけではむちうちの治療としては不十分なのです。したがって、むちうちによる頭痛の症状には、鎮痛薬だけでなくその他の治療も併用すべきといえます。

鎮痛薬以外の治療とは?

鎮痛薬以外のむちうちの治療には、アイシングや電気療法、マッサージ、牽引、鍼灸、温熱療法などがおすすめです。それぞれの治療効果については、以下の通り。

  • アイシング
    むちうちの痛みが強い時期は、炎症部位や熱を持っている部位を冷やすことで、発痛物質の発生を抑制することができる。
  • 電気療法
    電気による刺激で筋肉をほぐすことができ、痛みの緩和や血行を促すことができる。
  • マッサージ
    首や肩の筋肉の緊張を和らげ、痛みを軽減させることができる。
  • 牽引
    首を引っ張ることにより、神経が通る椎間孔を広げられ、症状を緩和させることができる。
  • 鍼灸
    鍼灸の施術による刺激で血行が促され、痛みを緩和させることができる。
  • 温熱療法
    首や肩の筋肉をあたためることで、痛みの原因物質を放散することができる。

上記のような治療・施術は、整形外科・整骨院・鍼灸院で行っています。詳しくは、以下のリンクを参考にしてください。

▶︎参考:3つの通院先について詳しく知りたい方はこちら

むちうちによる頭痛が後遺症になることも

頭

むちうちによる頭痛は、後遺症が残る可能性もあります。後遺症を残さないためには、以下のような通院頻度を保つことが大切です。

近藤先生:
「当院では、わずかな骨のズレを見逃さず、そしてお身体に負担がかからないよう、主に手技を用いてアプローチを行なっています。
後遺症を残さないためには、週に3〜4回の頻度で通院していただくと良いかと思います。」

交通事故のむちうちで頭痛が出る原因〜後遺症を残さないための治療〜

もしもむちうちによる頭痛が後遺症になってしまった場合は、後遺障害等級認定を申請するようにしましょう。
▶︎参考:後遺障害等級認定について詳しく知りたい方はこちら

むちうちによる頭痛の治療法についてのまとめ

人差し指を立てる白い女性

いかがでしたか。むちうちによる頭痛は、鎮痛薬だけでは治りません。鎮痛薬と併用してアイシングや電気療法、マッサージ、牽引、鍼灸、温熱療法などの治療を行うようにしましょう。

また、むちうちによる頭痛は後遺症が残る可能性もあります。後遺症を残さないためにも、週に3〜4回の通院頻度を保つようにしましょう。

この記事の執筆者

交通事故病院編集部 ライター / T.S
大学を卒業し、出版社で取材や編集業務を経験。その後、WEBメディアの執筆に転向し、事故に関する様々な知識を多くの人に届けるべく、日々邁進中。現在は、交通事故専門士の資格を取得するために勉強をしている。座右の銘は、格物究理。

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887