×

2018.01.17 整形外科 整骨院 診断書 事故10日後 交通事故

交通事故による怪我の診断書について。実際にあった相談例まとめ

目次

交通事故の被害にあったら、色々な手続きをする必要があります。その際に必要な書類の一つである診断書。どこで取得できるの?何に使うの?など、様々な疑問が生まれてくるかと思います。そこで今回は、交通事故病院の相談員が解決した相談例をまとめました。

交通事故で怪我をしたときの診断書について相談

さまざまな書類

交通事故の被害者です。診断書をもらいたいのですが。

交通事故で怪我をした際に、取得するべき書類のひとつとして、診断書があります。

一口で診断書といいましても、そもそも診断書とは何なのでしょうか。どんなことが書かれていて、なぜ取得する必要があるのか、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

交通事故が起こった直後は、戸惑うことが多いと思います。けれどしっかりと理解しておくことで、お悩みの軽減に繋がります。まずは相談例を参考にしてみましょう。

交通事故の診断書についての相談例

事故にあってから救急で病院に行ったけど、診断書はもらってない

診断書は、後に「交通事故の怪我」ということを証明するために書類になります。

納得のいく診断書を取得するためにも、分からないことがあれば、整骨院の先生に相談することをおすすめします。

診断書をもらっていない場合についての相談例

病院で診断書を作成してもらえるか相談

医師と相談 (1)

交通事故にあいました。どうやったら診断書をもらえますか?

診断書は、警察や保険会社に提出したり、示談のもかかわってくる大事な書類になります。
ですので、納得のいく診断書を取得するようにしましょう。

分からないことや不安がある場合は、診断書について専門的な知識を持った人に相談することをおすすめします。

診断書を取得する方法についての相談例

整骨院で診断書を作成してもらえるか相談

どっち?

交通事故にあいました。整骨院で診断書をもらえますか?

診断書の取得はすべての医療機関でできるかといったら、そうではありません。
医師のいる病院や整形外科のみで取得することができます。

診断書が取得できる医療機関と、
分からないことや不安なことがあったら、相談するべき医療機関を把握しておきましょう。

整骨院で診断書を取得できるかについての相談例

診断書の料金の相場について相談

交通事故の診断書の取得に費用はかかりますか?

診断書の作成には、病院規定の費用が発生します。病院によって違いはありますが、大体の相場を把握しておきましょう。

また、自賠責保険請求用と後遺障害診断書は別物です。発生する費用も変わってきますので、予め把握しておくとよいでしょう。

診断書取得の費用についての相談例

交通事故の後遺症が残ってしまわないか不安です…

後遺障害診断書の作成費用は、自賠責保険請求用の診断書よりも、少し高額になってしまいます。

ですが、こちらも自賠責保険請求用と同様に、文書料として賠償金の内容に含まれますので、安心してくださいね。

交通事故の後遺症についての相談例

診断書の提出先について相談

パトカーと警察官

交通事故にあったときの怪我の診断書はどうすればよいですか?

納得のいく診断書を取得することができましたら、何に使うのかも把握しておくとよいでしょう。

診断書は、交通事故後の手続きをするさまざまな場面で必要となってきます。相談例を参考に、事前に把握しておくとよいでしょう。

交通事故の診断書の使い道についての相談例

交通事故の被害者です。診断書の提出先を教えてください。

診断書は警察へ提出する必要がある、ということがお分かりいただけたと思います。

他にも、保険会社へ提出する場合があります。どのような時に保険会社へ提出するのか、理解しておきましょう。

診断書の提出先についての相談例

診断書を取得し直したいという相談

カルテと聴診器

交通事故で怪我をして診断書をもらったのですが納得できません

誰もが納得のいく診断書を取得できるかというと、そうではありません。
診断書を取得したものの、内容に納得がいかないという場合もあります。その場合、診断書の取得しし直しができるのか、そうならない為にはどうしたらよいのか、確認しておくとよいですね。

診断書の内容が納得いかない場合についての相談例

交通事故で物損から人身に切り替えるときの相談

交通事故の被害者。物損のままですが誰に相談するべきですか?

交通事故が発生した直後は目立った怪我がなく、物損事故として処理をしている方も多いのでは?

けれど日にちが経過し怪我が判明した場合は、すぐに人身事故への切り替えが必要です。まずは、手続きをする際に必要な書類関係について理解しておくとよいでしょう。

物損事故から人身事故への切り替えについての相談例

交通事故にあいました。診断書はまだ取得してません

物損事故から人身事故への切り替えを行うのには、診断書が必要ということがわかりましたね。

診断書の取得をしていない場合、人身事故への切り替えはできるのでしょうか。
相談例を参考に、診断書を取得していない場合の手続きなどについて把握しておきましょう。

診断書を取得していない場合の人身事故への切り替えについての相談例

後遺症や後遺障害についての相談

むち打ち

交通事故にあいました。怪我の症状がよくなりません。

怪我の症状の改善が期待できない場合、症状固定と判断されてしまう場合があります。

症状固定とは、どのようなもので、どうしてそう判断されてしまうのでしょうか。症状固定と判断されないためにも、早めの通院を心がけましょう。

交通事故による症状固定についての相談例

交通事故の怪我が良くなりません。後遺症になるのでは…

症状固定と判断され、なお痛みが残る場合は、後遺障害という呼び名に変わります。

後遺障害の症状の内容は様々で、内容や程度に応じて等級があります。これを後遺障害等級といいます。

後遺障害になると賠償金を請求できます。けれど請求するにはどうすればよいのか、分からない方が多いのでは?手続きの方法を把握しておきましょう。

後遺障害についての相談例

診断書と慰謝料の関係について相談

お金と車

交通事故で怪我をしたので、診断書を取得したのですが…

診断書は、物損事故から人身事故へ切り替えるためだけに使われるものではありません。

慰謝料を請求する際にも、必要な書類となってきます。この場合の提出先は、どこになるのでしょうか。
事前に理解しておくことで、自分にとって有利に事を進めることができるかもしれません。

診断書は何に使うのかについての相談例

診断書と示談の関係について相談

和解 (1)

交通事故の被害者。保険会社の人とスムーズに話を進めたい

保険会社は法律的な知識も豊富ですし、数々の示談交渉をこなしてきています。示談を行う際には、ご自身の意見・意向をしっかりと伝え進めていくことが大切です。

分からないことや不安なことがある場合は、交通事故病院相談窓口へお問い合わせくださいね。

保険会社とのやり取りをスムーズに進めるためについての相談例

まとめ

医者 (2)

いかがでしたか?今回は、交通事故にあい怪我を負ったときに必要な診断書について、相談例をまとめてご紹介しました。同じような悩みを抱えている方は、相談例を参考にしてみるのもよいですね。

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887