×

2017.12.01 むち打ち 捻挫 施術・治療 セルフケア 交通事故

むちうちに湿布は効果的?湿布の種類と使い分け方とは

車と車の追突事故

後ろを走っていた車に追突されて怪我を負い、人身事故の被害者となった。その後、整形外科で診察をしてもらった場合、「むちうち」と診断されるケースが多くあります。病院で湿布を処方されたため、数日の間は湿布を貼って様子をみていたものの、なかなか首の痛みが取れない……。そうお悩みではありませんか?

このまま湿布を貼っているのに痛みが続き、症状がよくならないと不安になりますよね。
そのようなときにはどうすれば良いのか……。

今回はそんな悩みをお持ちの方のために「むちうちに湿布は効果があるの?」「湿布の種類で効果は違うの?」「良い湿布の貼り方は?」といった疑問を、東京都千代田区にある交通事故治療に詳しい『半蔵門整骨院』の羽鳥先生にお話を伺ってきました。

「湿布であまり痛みが軽減できていないと感じている。」そんなあなたがこの記事を読んで、少しでも疑問を解決でき、今後の治療が前向きに取り組めることを心より願っています。

▶︎参考:交通事故後に治療を受ける場合、診断書を取得することが大切!
▶︎参考:交通事故の治療に使える保険「自賠責保険」と「任意保険」についてはこちら

交通事故での「むちうち」はどんな症状?

交通事故で負う怪我の中でも、最も多いといわれる「むちうち(頚椎捻挫)」。むちうちは、交通事故で追突されたときの衝撃で首が鞭のようにしなり、首周辺の筋肉やじん帯などの軟部組織が損傷している状態です。

むちうちになると、首の痛みや肩回りの痛み、頭痛など様々な症状があらわれます。このような痛みが取れないのはつらいものです……。「むちうち」とは、具体的にどのような症状のことをいうのでしょうか。

半蔵門整骨院/羽鳥先生の答え
「むちうちの症状として主に首の痛みが考えられます。もう少しかみ砕いて説明をすると、表面的な筋肉の痛みやその奥にある神経の痛みがあります。また、場合によっては、骨と骨の間にある関節部分の痛みが出てくるケースも考えられるでしょう。」

確かに、むちうちは病院でレントゲンを撮っても、特に異常がないと言われることは多くありますよね。このような場合、骨の異常を疑うのではなく、筋肉や神経からくる痛みを疑った方がよいかもしれませんね。

また、交通事故の場合、むちうちの痛みや体の違和感が後からあらわれることもあるそうです。その理由としては、事故直後の体は興奮状態にあり、痛みに気づきにくいためです。したがって、事故から数日の間は、体の状態を気に掛けることも大切です。

▶︎参考:むちうちを負ったら治療費や慰謝料を加害者側の保険会社に請求できる?!

半蔵門整骨院へ通院中の方に多い症状は?

羽鳥先生の答え
「軟部組織の損傷(※1)が一番多い症状ですね。その次に多いのが、神経からくる痛みといった症状でしょうか。」
(※1)筋肉や腱、じん帯などの損傷のこと

軟部組織の損傷や神経からくる痛みの具体的な症状としては、以下の通りです。

  • 首や肩のこり
  • 腕の痛み
  • 背中の痛み
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • しびれ
  • 手足のまひ    など

湿布で「むちうち」の症状は良くなる?

むちうちの症状は、しっかりと治療を行わなければ、後遺症が残ることもあります。しかし、総合病院や整形外科で行われるむちうちの治療方法は、湿布の処方が多く、「湿布だけで治るの?」と心配になる方もいるのではないでしょうか。

そこで、湿布の効果について先生に聞いてみました。

羽鳥先生の答え
「むちうちの症状は湿布を貼ることによって、軽減することはできると思います。ただ、湿布の効果が見込めるのは、表面的な筋肉の炎症が起こっているときです。例えば、何かにぶつけたときの打撲や、ズキズキ痛むような捻挫の場合は、効果的だと考えます。試しに氷で冷やしてみて、楽になったと感じるような時期であれば、湿布も効果的だと思いますよ。」

▶︎参考:医師に症状固定といわれたら後遺障害等級認定を申請!

整形外科で処方される湿布で症状が良くならない原因は?

むちうちの症状に湿布は効果的なようですね。でも、なぜ痛みが引かないときがあるのでしょうか?

羽鳥先生の答え
「そもそも、湿布の効果というのは『消炎鎮痛剤(しょうえんちんつうざい)』といって、文字通り“炎症を鎮める”ものです。筋肉の炎症を鎮めるときには効果が出ますが、その奥の神経を痛めている場合だと湿布の効果は期待できません。湿布を貼っていてもなかなか痛みが取れないという場合は、神経などを痛めている可能性があるといえるでしょう。」

「また、むちうちといっても、首の痛みや肩の痛みなどいくつかの症状が出てくるものなので、湿布が効く部分と効かない部分があります。何にでも効く万能薬ではないと考えておいたほうが良いですね。」

白い湿布と茶色い湿布の違いは?

湿布は必ずしも痛いところに貼れば効くというわけではないようですね。
続いては「白い湿布と茶色い湿布の違い」について、先生が答えてくれました。

羽鳥先生の答え
「ざっくりと申し上げると、白い湿布は皆さんがドラックストアなどで手ごろに購入ができるものです。一方で、最近出てきた茶色いロキソニンテープなどは元々、医師の処方がないと購入ができないものでした。今では市販薬として販売されていますが、薬効成分の強い湿布のため、むやみに使いすぎるのはあまり好ましくありません。薬も飲みすぎると良くありませんよね?それと同じことが言えるということですね。」

白い湿布と茶色い湿布のそれぞれの特徴

ここで、白い湿布と茶色い湿布のそれぞれの特徴をまとめておきます。

白い湿布の特徴とは

  • 水分を多く含んでいる
  • 剥がれやすい

白い湿布

茶色い湿布の特徴とは

  • 剥がれにくい
  • 薬効成分が強い

茶色い湿布

冷感湿布と温感湿布は使い分ける?

冷感湿布と温感湿布はどちらを使うべきなのか、迷ってしまうところではないでしょうか?使い分けたほうがいいのか聞いてみました。

羽鳥先生の答え
「基本的に使い分けるということはありません。温かいほうが気持ちいいと感じるときは温感湿布を使えばいいし、冷たいほうが気持ちいいと感じるときは冷感湿布を使えばいいと思います。それぞれの特徴を上げるとすれば、冷感湿布にはメントールが配合されていて冷たく感じます。一方で、温感湿布はトウガラシエキスが配合されていて温かく感じます。」

首回りの湿布の貼り方は?

さて、湿布の種類については理解できましたが、湿布をどのように貼ればいいのか、悩む方が多くいらっしゃるかと思います。湿布の貼り方には決まりがあるのでしょうか?

湿布の貼り方

羽鳥先生の答え
「湿布の貼り方で特にこう貼らないといけないという決まりはありません。実際に患部に貼ってみて、自分が気持ちいいと感じるところや、楽になると感じる部分に調整しながら貼ると良いかと思います。『手当』という言葉があるように、人は痛みを感じると無意識に患部に手を当てて、治そうとしますよね。手を当てた場所が痛みを感じる部分なので、そこに貼るといいと思います。」

湿布を剥がれにくくする貼り方とは

夜眠る前に貼って寝ても、朝起きると剥がれている湿布。
しっかりと鎮静させるために、剥がれにくくする貼り方はあるのでしょうか。

羽鳥先生の答え
「湿布の上からテープを被せて貼る方法が良いと思います。それをやっても、湿布が剥がれてしまって、痛みが気になるときには『カラー』で首を固定することが一番良いでしょう。
余談ですが、『カラー』は飛行機とかバスで長距離を移動するときにもおすすめですね。」

湿布で痛みが取れなかったときの対処法は?

湿布の使い方はわかりました。しかし、それでも痛みが取れないというケースはあると思います。むちうちの場合、「むちうちになった直後に熱いお風呂に入って悪化した」「首に負担がかかる寝方をしていた」といった生活習慣で、痛みが取れない可能性も考えられます。

悩む女性

むちうちの通院先は、整形外科だけではありません。整骨院や接骨院、鍼灸院といった選択肢もあります。では、湿布で痛みが取れない場合、どのような対処を行えばいのでしょうか。

羽鳥先生の答え
「やはり一番ベーシックな方法は、アイシングをすることだと思います。ポリ袋の中に氷を入れて、さらに塩をひとつまみ入れるとよく冷えるので、それを痛みのあるところに直接当てて冷やすと良いですね。

ただ、一般的には炎症の強い初期のころはアイシングをして、炎症が治まってくるころの慢性期になると温めるということが基本の考え方です。もし、自分の症状が冷やせば良いのか、温めれば良いのかがわからないときには、お風呂上りに患部が痛むのか楽になるのかで判断すると良いでしょう。そこで、痛みが出るようであれば冷やしてあげると良いですし、楽になるようであれば、温かいタオルなどで首周りに巻いてあげるのもひとつの方法でしょう。」

上記以外にも、むちうちの状態に応じて痛み止めやブロック注射、牽引などの治療・施術が有効な場合もあります。

整骨院ではどのような施術が受けられる?

むちうちになったとき、半蔵門整骨院に行くとどのような施術をしてもらえるのか、実際に超音波を使っての施術を体験させていただきました。

羽鳥先生の答え
「基本的に始めは物理療法での施術を行います。例えば、超音波や電気などです。この物理療法での治療では、筋肉をほぐして痛みを抑えたり、神経の興奮を抑えたりする効果が見込めます。そして、痛みが治まってきたところで手技を加えます。例えば、マッサージやストレッチなどをします。これをすることで、少しずつ動きの幅を広げていきます。」

半蔵門整骨院で受ける施術の効果は?

羽鳥先生の答え
「これまで100人ほどの交通事故の患者さんを施術してきましたが、『とても楽になった』といった声を数多くいただきました。やはり、施術をすることで症状が楽になったと体感できるからこそ、そう言っていただけるのだと思います。」

▶︎参考:むちうちの治療期間と通院頻度の目安についてはこちら

湿布の効果まとめ

いかがでしたか。
今回のインタビューをまとめると以下のようになります。

  • むちうちに湿布は筋肉に炎症があるときや捻挫には効果的である
  • 白い湿布と茶色い湿布の効果は同じだが、茶色い湿布の使い過ぎには注意する
  • 冷感湿布と温感湿布は好みで使って良い
  • 湿布の貼り方はこだわらず、患部に直接貼る
  • 半蔵門整骨院では物理療法や手技の施術が受けられる

湿布をしても痛みが良くならない場合は、整骨院に行くことを考えてみても良いかもしれませんね。

今回取材に協力してくれたのは…

半蔵門整骨院 羽鳥先生

柔道整復師を目指したきかっけは?

「将来的に何をしようかなと考えていたときに、ものすごく地域に貢献している先生がいたんですね。そして、その先生から『お前、柔道整復師が向いてるからやらない?』と声を掛けられたのがきっかけでした。そのあと、実際にその先生と一緒に働いて、仕事をする姿を間近で見て、こんなふうになれたら良いなと思いました。今でも尊敬しています。うちに来てくれる方のために、これからも頑張っていきたいと思います。」

半蔵門整骨院へのアクセス

東京都千代田区麹町2−14−1 安田ビル2F‎
東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」3番出口から徒歩30秒

この記事を監修した先生

羽鳥 健一朗
半蔵門整骨院
羽鳥 健一朗。 院長。 将来的に何をしようかなと考えていたときに、ものすごく地域に貢献している先生がいたんですね。そして、その先生から『お前、柔道整復師が向いてるからやらない?』と声を掛けられたのがきっかけでした。そのあと、実際にその先生と一緒に働いて、仕事をする姿を間近で見て、こんなふうになれたら良いなと思いました。今でも尊敬しています。うちに来てくれる方のために、これからも頑張っていきたいと思います。。

この記事の執筆者

交通事故病院編集部 ライター / T.S
大学を卒業し、出版社で取材や編集業務を経験。その後、WEBメディアの執筆に転向し、事故に関する様々な知識を多くの人に届けるべく、日々邁進中。現在は、交通事故専門士の資格を取得するために勉強をしている。座右の銘は、格物究理。

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887