×

腰椎捻挫が発症する原因は様々ですが、交通事故の衝撃を受けたことでも起こります
この記事では、交通事故による腰椎捻挫の原因に加え、痛みを改善させる方法や通院先について解説しています。

腰椎捻挫が発症するきっかけ

腰の痛み

交通事故により起こる怪我の中でも、むちうちに次いで多いものが腰椎捻挫となります。事故の衝撃により、腰椎に無理な力が加わり、腰椎が損傷を受けたことにより腰椎捻挫が起こります。

交通事故以外で腰椎捻挫が起こりうる可能性

交通事故だけでなく、重いものを持ち上げようとしたときや、急に体を捻ったとき、スポーツの際にも、腰椎捻挫が起こる可能性があります。
どのような状況でも、急激な負荷が腰椎に掛かってしまうと、靱帯や筋膜が損傷するため、腰椎捻挫の痛みが生じるのです。

腰椎捻挫はレントゲンに写らない?

レントゲンやCT

腰椎捻挫そのものは、レントゲンで確認できません。
なぜならレントゲン写真では、骨しか写らないため、神経や靭帯、筋膜の損傷により起こる腰椎捻挫は写らないためです。

腰椎捻挫に似た疾患

腰椎捻挫に似た疾患として、「椎間板ヘルニア」や「椎間板症」が考えられます。
椎間板ヘルニアは、椎間板と呼ばれる箇所が飛び出しにより症状としてあらわれ、椎間板症は、年齢に伴い椎間板全体の弾力が失われることで発症します。

腰痛捻挫の痛みを改善させるには

痛みがあるからと安静にしてしまいがちですが、回復を遅らせる要因にもなりかねません。症状の早期改善を目指すには、普段と同じような生活をすることを心掛けることが大切です。

腰椎捻挫の治療や施術を受ける通院先

腰椎捻挫を発症したときの通院先として、以下3院が挙げられます。

  • 整形外科
  • 整骨院
  • 鍼灸院

それぞれの特徴や治療内容について説明します。

①整形外科

整形外科は医師による治療を受けることができます。
具体的には、医師による問診や診察を受けることができ、診断書を作成してもらうことができます。
また、レントゲンやMRIといった画像検査、痛み止めや湿布などの薬剤の処方は、医師にしか行えません。事故との因果関係を明確にするためにも、交通事故後は早期段階で整形外科へ通院するのがよいでしょう。

②整骨院

整骨院は、国家資格である柔道整復師によって、施術という治療類似行為を受けることができます。
医師ではないため、治療行為はできませんが、物理療法や運動療法という様々な施術方法で、症状緩和に導くことができます。整形外科との違いとしては営業時間が長く、また待ち時間も少ないため、どなたでも通院しやすい環境というメリットがあります。

ただし、整骨院に通院したい場合には、担当医師から許可を貰わなければ、保険金の保障対象外になるのでご注意ください。しっかりと担当医師と相談した上で、整骨院に通院するようにしましょう。

③鍼灸院

交通事故によるむちうちの場合、鍼灸院も通院先の選択肢としてあります。鍼灸院とは、国家資格であるはり師・きゅう師が施術を行います。鍼灸師とは、鍼治療を受けることで、はりやお灸が自律神経系や免疫系に作用し、症状の回復を手伝います。

整骨院や鍼灸院は、土日や夜の時間帯に営業しているところもあり、整形外科の診療時間に合わせた通院を続けるのは難しいという方でも、比較的通院しやすいというメリットがあります。
ただし、鍼灸院は保険対象外とされやすいため必ず医師に相談しましょう。

日常生活で心掛けること

日常生活の動作を気を付けることで、再発や慢性化の予防に繋がります。
以下のような内容を気を付けながら行うようにしましょう。

  • 急に重いものを持ち上げない
  • 急に腰を捻らない
  • 急に前かがみにならない
  • ストレッチや準備運動をした上で運動を行う
  • 無理な姿勢で長時間の作業を行わない

もしも後遺障害が残ったら

後遺症

治療を続けても症状が改善されなかった場合は、後遺障害等級認定の申請をしましょう。
後遺障害認定を受けることで、後遺障害慰謝料逸失利益を請求することができます

▶︎参考:後遺障害等級の申請について詳しく知りたい方はこちら

腰椎捻挫で認定を受ける可能性がある後遺障害等級

腰椎捻挫により、腰痛や下肢の痛み、しびれなどの神経症状が残ってしまった場合、認定される可能性がある後遺障害等級として、以下内容が考えられます。

  • 第12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 第14級9号 :局部に神経症状を残すもの

第12級13号と第14級9号にはどのような違いがあるのか説明します。

12級13号

12級13号とは、「局部に頑固な神経症状を残す場合を指します。
他覚的な神経症状が残存し、画像所見と神経が圧迫されている箇所が一致していれば認定されます。

認定を受けるための3つのポイントがあります。

  • 画像所見があること
  • 画像所見と神経学的所見が一致していること/li>
  • 外傷性が認められること

14級9号

14級9号とは、局部に神経症状を残す場合を指します。
医師による神経学的所見と、被害者自身の自覚症状が一致していれば認定されます。

認定を受けるための3つのポイントがあります。

  • 事故状況と症状の関連性が認められる
  • 定期的に病院で治療を行っている
  • 症状に連続性や一貫性がある

後遺障害等級認定を受けるために大切なこと

冒頭でもお伝えしたように、腰椎捻挫はレントゲンで確認することが難しいため、後遺障害認定を受けることは難しいです。後遺障害として認められるための条件と注意点について説明します。

認定されるための条件

  • 交通事故による症状が残っていること
  • 治療を続けても改善しないと判断された時に症状が残っていること
  • 後遺症の症状が自賠法施行令で定める等級に該当すること
  • 後遺症が医学的証明、説明できるものであること

注意点

  • 医師任せにし過ぎない
    本来であれば、医師と患者が協力し合って治療を進めていきますが、実際は医療知識のある医師が主導のもと方針が決定します。そのため、後遺障害等級が認定されるために必要な通院回数に達せない場合もあります。
  • 保険会社の言うことが全て正しい訳ではない
    保険会社の対応は異なり、親切な対応もあれば、おざなりな対応の場合もあります。
    どの担当者でも、被害者にとって最善のことだけを伝えてくれる保険会社はほとんどありません。言われたまま信じるのではなく、一度疑ってみるのも1つの手段です。

まとめ

整形外科まとめ アイキャッチ36

いかがでしたか。交通事故で腰椎に急な力が加わることで、腰椎捻挫は発症します。
症状を改善するための治療先として3つご紹介しましたが、交通事故後に痛みを感じた場合にはまず整形外科を受診しましょう。その上で、担当医師と相談しながら対応を勧めることをお勧めします。
また、治療を続けても改善されない場合には、後遺障害等級認定の申請をすることを考えるとよいでしょう。

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄