2018.05.10 整骨院 追突事故 むち打ち 症状固定 自賠責

追突事故で軽いむちうちに 通院はした方がいいの?

追突事故で軽いむちうちになってしまった場合、痛みが少ないからといって通院しない方もおられます。むちうちはどれくらいの治療期間がかかるのか、自力で治せるのかなど、軽いむちうちになった場合に役立つ情報をご紹介します。

交通事故で頚椎捻挫(むちうち)と診断された

交通事故にあい、肩や首になんだか違和感。病院へ行ってみると、「頚椎捻挫(むちうち)」との診断結果に。
病院に行ったことによる安心感と、保険会社との煩雑なやりとりが面倒で、「通院するほど痛くもないし、きっと大した怪我でもないんだろう」と思っていませんか。

肩の痛み

しかし、それは大きな間違い。
むちうちは放っておくと、気が付かぬうちにその症状がクセになったり、自分の知らぬところで後遺症になったりしてしまう…なんてこともあります。

むちうちとは?

むちうちとは、追突事故などで首が大きく前後に揺れた衝撃で起こってしまう様々な症状をいいます。正式名称は頚椎捻挫(けいついねんざ)といい、頚椎(けいつい)という首の骨が鞭のように波を打った状態になることから「むちうち」と言われています。
一般的に主な症状は、頚椎の捻挫が7~8割と言われています。

追突事故にあい、整形外科を受診した結果、「頚椎捻挫」と診断されたからといって安心しないでください。単なるむちうちだからといって、放っておけば治るという訳ではありません。むちうちの症状はさまざまあり、頭痛や吐き気、肩こりや痺れに長いこと悩まされる後遺症になることもあります。

▶︎参考:交通事故で後遺症が残った場合

むちうちの症状は天候によって変化する?

むちうちによって、「天気が悪くなると首が痛む……」「頭痛がする」と体調不良を訴える方がいます。普段はなんともないのに、低気圧や季節の変わり目などで首や肩が痛くなり、日常生活に支障をきたすこともあります。このように、むちうちの症状は天候によって変化することもあるのです。

▶︎参考:むちうちの症状と対処法を詳しくチェック!

▶︎参考:交通事故で捻挫。考えられる症状について

▶︎参考:物損事故と人身事故の違いについて詳しく知りたい方はこちら

むちうちの痛み、自分で治すことはできる?

むちうちの症状がつらくない、軽度だと感じる方は、「できるだけ自分で治したい」「痛くなった時のセルフケアを知りたい」という方もいますよね。

ドクターストップ

自分でできるむちうちの対処法はない
通院に時間がかかるし、仕事を休まなければいけない場合も出てきますね。
しかし、交通事故にあう前の状態に戻るということはなかなか難しく、医療機関や整骨院の先生などから「治った」と言われない限り自己流で治そうと思わないほうが賢明です。

山田先生の答え
昨今、ウェブサイトで色々と情報が収集できるようになって、むちうちに関しても多くのメディアが存在していますが……正直にいうと、自分でできるむちうちの対処法はありません。というのも、素人が施して悪化する方が怖いので、もしも痛くて通えないくらいだったら、自分でどうにかしようとせずに、まずは安静な状態を探すことが先決です。

出典:交通事故病院
むちうち対処法はある?交通事故による頚椎捻挫の主な症状と施術方法

▶︎参考:むちうちになったら?セルフケアはやってもいい?

むちうちの通院先は?

むちうちの通院先として認められている期間は主に3つです。
また、以下の3つは免許こそ違うものの、いずれも国家免許になります。それぞれの特徴と違いについて述べていきます。

病院1

整形外科の特徴

医師免許所有者が治療や投薬、手術を行う医療機関。
整形外科は骨折の有無(レントゲン)・神経損傷の有無(MRI)といった設備が整っており、西洋医学の知見から、的確に身体に問題がないかを判断します。診断書の発行、手術や薬の処方は医師免許を取得した医師しかできません。

▶︎整形外科を探したい方はこちら

整骨院の特徴

整骨院は柔道整復師という国家資格所有者が施術(療術)を行う施設。
主に手技療法(骨接ぎ、マッサージ、牽引療術、電気療術など)で施術を行います。整骨院によっては、理学療法や運動療法などを行ってくれるところもあるので、自分の症状にあった療術を選ぶことができます。
整骨院と接骨院は、呼び名が違うだけで、施術メニューや療術の内容は変わりありません。

▶︎整骨院を探したい方はこちら

鍼灸院の特徴

鍼灸院は、はり師ときゅう師の国家資格所有者が運営する施設。
はりで自律神経の乱れを整えたり、灸をすえて肩こりなど体の不調を改善させるよう務めます。

▶︎参考:むちうちの通院先をお探しなら

むちうちの治療期間と通院頻度とは?

事故の状況やむちうちの程度にもよりますが、比較的軽いむちうちの場合は、数週間〜1ヶ月程度で症状がよくなることがあるようです。

ヒント1

痛みがある場合は、まずは首を冷やして痛みを取り、その後損傷した頚椎の筋肉をリハビリなどで回復させていきます。温熱療法や、電気療法など、湿布を貼る以外にも痛みを緩和させるための施術はいくつもあります。

整形外科での治療の他に、整骨院や接骨院などでむちうちの治療ができるので、早く治したい、もっと自分にあった治療法を見つけたいというときは整骨院をあたってみるのもいいかもしれません。

併用して通院できる?

整形外科と、整骨院(接骨院)を併用して通院することはできます。
ただし保険会社に治療費を保障してもらうためには、担当医師に整骨院へ通院する必要性を認めてもらう方がのちの示談交渉がスムーズにいきます。保険会社に連絡し、整骨院へ通いたい旨をきちんと伝えておくことも大切です。

のちに後遺症が残る恐れもありますので、自分の症状をよくすることに専念しましょう。

軽いむちうちでも通院するべき理由とは?

前述もしましたが、むちうちと診断されたのであれば、「完治」と言われるその日まで、通院を続けることをおすすめします。

医師と相談

追突事故にあった当日や数日は、あまり症状が現れず、最初の診断だけで済ませてしまいがち。痛みが現時点であまりないからといって、安易に「治った!」と言うのは考えものです。というのも、事故にあった直後は脳内が興奮状態で痛みに気が付かないということもあります。示談後に痛みが出てくるという人もいるくらいです。
示談が成立したあとや、事故からあまりにも日数が経って痛みが出てきたときには、交通事故との因果関係を疑われてしまい、保険金が支払われない可能性があります。

また、物損事故で処理したまま痛みを我慢しているのも同様です。
のちに説明をしますが、慰謝料は物損事故では保障されず、人身事故の場合のみに適用されるからです。

▶︎参考:物損事故と人身事故の違いについて詳しく知りたい方はこちら

▶︎参考:物損事故から人身事故に切り替えるには?

請求できる損害賠償が変わる

交通事故に置いて加害者は、被害者の損害を支払う必要があります。怪我人が出た場合の治療費、通院交通費、会社を休まなければならない場合は休業補償などが含まれます。

損害賠償(そんがいばいしょう)とは?

交通事故において、加害者が被害者に与えた損害の埋め合わせをすること。
被害者がこの「損害賠償」を請求することを、損害賠償の請求といいます。
損害賠償は、主に以下3つで成り立っています。

    積極損害
    病院などにかかった治療費や、通院するための実際にかかったお金のこと。
    消極損害
    事故によって会社を休むことになってしまったなど、事故にあっていなければ得られたはずのお金のこと(休業損害や逸失利益)
    慰謝料
    交通事故にあって起こる痛みや、通院しなければならないなどの精神的苦痛を慰めるためのお金のこと。

▶︎参考:人身事故に切り替えないとどうなる?物損事故処理のままのデメリットとは?

交通事故の慰謝料とは?

慰謝料は、被害者の精神的苦痛をお金に換算したものです。慰謝料の種類と、算出方法について述べていきます。
慰謝料には、主に2種類あります。通院慰謝料後遺障害慰謝料です。
この、精神的苦痛をお金で表してた慰謝料には、計算方法があって、その人の怪我の状態や通院日数などによって支払われる額が違います。

ポイント

慰謝料の算出基準

慰謝料の算出基準は3つあって、①自賠責保険(※1)基準②任意保険基準③弁護士基準になります。
ここでは、①自賠責保険の慰謝料について述べていきます。

(※1)自賠責保険とは、車を運転する誰もが、必ず入らなければならない強制保険のことをいいます。万が一事故が起きて、被害者が通院する場合の通院日は1日4200円と決められています。

▶︎参考:慰謝料の計算方法はこちら

▶︎参考:自賠責保険について詳しく知りたい方はこちら

この、1日の最高限度額が4200円の自賠責保険と、通院数をかけたものが加害者側の保険会社から支払われる慰謝料となります。
計算方法は、実通院日数×2と、通院期間で、どちらか少ない方の日数をもとに4200円掛けて計算します。

(例)むちうちで2ヶ月の間に20日通院した場合
実通院日数の2倍である40日を基準にして計算すると、入通院慰謝料の金額は、
【4200円×40日=16万8000円】が相場となります。

出典:交通事故病院

▶︎参考:通院期間と慰謝料の関係についての詳細はこちら

治療費の打ち切りについて

交通事故の場合、加害者側の保険会社が治療費を支払う期間は決まっています。
交通事故の状況や怪我の具合にもよりますが、以下2つです。

  • ①被害者の怪我が治る(医師が完治と判断する)まで
  • ②被害者の怪我が症状固定(※2)するまで

(※2)症状固定とは…被害者が懸命に通院を続けているのにも関わらず、医師が「これ以上治療を続けても症状はよくならない」と判断すること。

砂時計とお金

交通事故による怪我で通院しているにも関わらず、加害者側の保険会社から「そろそろ治療費の打ち切りをします」と、打診されることがあります。打ち切りとはその名の通り、加害者側の保険会社に支払ってもらうべき治療費の支払いが終わることをいいます。

打ち切りの理由は?

上記の理由ならまだしも、通院中であるにも関わらず保険会社から治療費の打ち切りを通告されることがあります。保険会社から治療費を打ち切られる理由とは、一体なんなのでしょうか。

①通院頻度が低い
②漫然治療(治す意思が感じられない通院)

通院頻度が低い場合や、湿布やビタミン剤の投薬などの漫然治療のみを受けている場合、治療費を支払う保険会社としては「そんなに痛くないのでは?」と治療費の打ち切りを言わざるを得ません。

打ち切りにならないためには?

治療費打ち切りにならないためには、ご自身で「完治させる」としっかりと定期的に通院をすることが大切です。

できれば、週3回は最低でも来ていただきたいです。なんどもお話に出ているこの急性期間は、炎症があることによって、症状にぐらつきが出ます。ぐらつきやすいから、一度施術しただけでは元に戻ってしまう可能性があります。よく次回の施術まで期間が空いてしまうという方がいますが、それでは施術がループしてしまい、長引いてしまいます。

出典:交通事故病院
むちうち対処法はある?交通事故による頚椎捻挫の主な症状と施術方法

0120-963-8870120-963-887

どんなに軽いむちうちでも絶対に通院!

どんなに軽いむちうちであっても、必ず整形外科で診察をしてもらってください。
軽いむちうちだからと自分で思っていても、実は軽くなかったり、後日痛みが出てくることがあります。大した衝撃ではないと思っていても、首は日常的に重い頭を支えている部分なので、ちょっとした衝撃でも負担がかかって痛むこともあります。

また、むちうちが首の痛みだけだと思っていませんか?むちうちは、首の痛みだけではありません。めまいや、声のかすれ、頭痛などの他の症状が出ることもあります。痛みというより、肩が凝っているような変な感じがすれば、それはむちうちかもしれません。

医学的な判断は整形外科医師しかできないので、まずは医師にめまいや肩こりなどの違和感をきちんと説明してください。自分では事故のせいかどうかわからなくても、医師であれば事故との因果関係をきちんと考えてくれますので、まずは症状を説明しましょう。

医師による診断が出て、治療を続けていくなかで整骨院や接骨院という選択肢も出てきます。通院先に迷ったら、まずはお気軽に「交通事故病院」にお電話ください。

スマホで調べる女性

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

お問い合わせ

予期せぬアクシデントが交通事故です。初めての交通事故でどうして良いか分からない。
そんな方々を知識面、治療面から完全サポート致します。

お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円のお見舞金を支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

交通費支給制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
サイト運営方針
加盟・掲載ご希望の方へ

交通事故病院は、交通事故で悩む全ての方に向けた相談窓口です。 登録を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話ください 0120-963-887

交通事故病院は交通事故で悩む全ての方の相談窓口です。
登録ご希望の方はお気軽にお電話ください。