×

2018.09.20 交通事故 被害者 人身事故 むち打ち 後遺症

交通事故で病院へ通うペースは? 通院頻度と治療費打ち切りの関係とは


交通事故で怪我を負ってしまった場合、どれくらいのペースで病院へ通えばいいのでしょうか? 今回は交通事故の怪我での通院頻度の目安や、気になる通院頻度と治療費打ち切りの関係について解説します。

交通事故に多い「むちうち」とは

首を抑えて嘆く女性

交通事故による怪我には、骨折や打撲などあります。その中の多くの方にみられる症状に「むちうち」があります。
むちうちとは、交通事故やスポーツによって首が衝撃を受け、むちのようにしなることから「むちうち」と呼ばれています。正式には「頸椎捻挫(けいついねんざ)」や「頚部挫傷(けいぶざしょう)」と診断される症状です。

交通事故の怪我の通院先

病院 (1)

交通事故にあってしまった場合、そもそもどのような通院先が考えられるのでしょうか?今回はむちうちの場合の通院先を、3つ紹介します。

交通事故にあったらまずは整形外科へ

交通事故にあった場合、まずは整形外科を受診しましょう。軽い交通事故や、事故直後に痛みがない場合であっても、あとから痛みが現れる場合があります。交通事故直後は、脳が興奮状態にあることで、すぐには痛みが出ないことがあるためです。
また、薬の処方やレントゲンやMRIなどの検査、交通事故後の様々な手続きで必要となる診断書の発行は、医師のいる病院でのみ行えます。まずは整形外科を受診しましょう。

整骨院・鍼灸院への通院も可能

交通事故によるむちうちの場合、まずは整形外科へ行くべきです。しかし、通い続けるといった場合、通院先の選択肢は整形外科だけではなく、整骨院や鍼灸院もあります。

整骨院(接骨院)

整骨院では、国家資格である柔道整復師が、主に手技療法を用いて施術を行います。また、物理療法運動療法を行う場合もあります。むちうちは骨の損傷ではないため、レントゲン検査に写らない場合があります。整骨院の手技療法は、柔道整復師が直接触れて施術するため、症状がわかりやすいというメリットがあります。
接骨院とは、整骨院と名称は異なりますが、施術は同じです。

鍼灸院

鍼灸院では、国家資格であるはり師・きゅう師が施術を行います。はりやお灸といった施術が、自律神経系や免疫系に作用し、症状の回復を手伝います。

▶︎参考:むちうちでの鍼灸施術について詳しく知りたい方はこちら

整骨院や鍼灸院の場合、土日祝日や夜の時間帯でも営業しているところもあります。比較的通院がしやすいことから、整形外科と併せて通院するのもいいでしょう。

病院へ通うペースの目安とは

?の形の雲

むちうちの場合、病院へ通う期間は、多くの場3ヶ月程度だといわれています。しかし、むちうちの症状は軽い症状から重いものまで様々です。症状によって治療期間が1ヶ月から6ヶ月まで異なります。

通院のペース 理想は週3日

先に述べたように、むちうちは症状の程度の個人差が大きいです。そのためあくまでも目安ですが、通院するペースは1週間に3回が望ましいとされています。これは、むちうちは継続的な診察が必要であることと、次に説明する治療費の打ち切りに関係するためです。

通院のペースは損害賠償に影響する

ポイント!

交通事故の被害者は、加害者に対して損害賠償請求を行うことができます。交通事故の加害者が、被害者が被った損害に対して、主に金銭で補うことを「損害賠償」といいます。損害賠償の中には治療費や慰謝料などが含まれます。
交通事故の怪我で病院へ通院するペースは、相手側の保険会社から支払われる治療費に大きく関わってきます。

通院のペースが少ないと治療費が打ち切られる可能性も

交通事故による怪我の治療費は、加害者側の保険会社から支払われます。しかし、保険会社から「そろそろ治療を終了してほしい」といったように、治療費が打ち切られてしまう場合があります。

治療費を打ち切られる3つのポイント

相手側の保険会社からの、治療費の打ち切りにあいやすい、以下の3つのポイントがあります。

1.通院頻度が低い

基本的に交通事故による怪我が完治、あるいは症状固定となるまで、治療費は支払われます。
しかし、あまり通院するペースが低いと、保険会社に被害者は「怪我が治った」「そもそも症状が軽い」と判断され、治療費の打ち切りに繋がる場合があります。

2.漫然治療

交通事故による怪我にあまり関係のない治療をしていたり、湿布やマッサージばかりなどの場合です。通院頻度と同じく「もう怪我が治った」「症状が軽い」と判断され、治療費の打ち切りに繋がる場合があります。

3.保険会社に感情的にあたる

保険会社に感情的に当たってしまうと、感情的で話の通じない被害者だと判断されてしまう可能性があります。交通事故は身体の負担はもちろんですが、精神的な負担も多くあります。ご自身で冷静な判断が難しい場合には、保険会社との交渉を弁護士に任せるという手立てもあります。

治療費を打ち切られてしまったら

頭を抱えて悩む男性

治療費を打ち切られてしまった場合、治療を続けるにはどうすればいいのでしょうか?

1.自費での診療に切り替える

打ち切られてしまった治療費を、再び再開させることは簡単ではありません。治療費を自分で支払うという方法があります。

2.後遺障害の認定を受ける

交通事故による怪我が、後遺症となってしまうことがあります。後遺症が、後遺障害と認められた場合には、後遺障害慰謝料を受け取ることができます。後遺障害には1級から14級まで、等級があります。後遺障害の等級に応じて受け取ることのできる金額も異なります。

病院へ通うペースについてのまとめ

整形外科まとめ アイキャッチ67

いかがでしたでしょうか。交通事故で病院へ通うペースは、理想は週3日です。通院頻度が少ないと、「症状が軽い」「もう治っている」と保険会社に判断され、治療費を打ち切りたいといわれる可能性があります。治療費の打ち切りにあわないためにも、痛みがある場合には、きちんと通院しましょう。

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887