×

2018.07.27 整骨院 整形外科 被害者 むち打ち 慰謝料

交通事故のむちうちは病院の何科?転院や整骨院への通院方法も解説

交通事故でむちうちになってしまったら、「病院の何科に行けばいいの?」と疑問に思う方もいるかと思います。後遺症を残さないためには、適切な通院先で治療を受けることが大切です。

そこで今回は、交通事故によるむちうちの通院先についてご紹介いたします。

交通事故に多い怪我「むちうち」の原因とは

首周辺が痛い女性

交通事故で体に衝撃を受けると、むちうちになる可能性があります。むちうちは、交通事故やスポーツなどの衝撃で首に不自然な力が加わり、靭帯や筋肉が損傷されることで様々な症状が現れます。

一般的に「むちうち」と呼ばれていますが、正式名称ではありません。衝撃によって首がむちのようにしなることから、「むちうち」と呼ばれています。むちうちの正式名称は、「頚椎捻挫(けいついねんざ)」や「頚部挫傷(けいぶざしょう)」といいます。

むちうちの症状は4つに分けられる

むちうちの症状は、以下の4つに分けられています。

  • 頚椎捻挫型
  • 神経根症状型
  • バレー・ルー症候群
  • 脊髄症状型

それぞれの種類でどのような症状が現れるのか、見ていきましょう。

頚椎捻挫型

頚椎捻挫型は、いわゆる「首の捻挫」のことです。むちうちを負う7〜8割の人は、この頚椎捻挫型になるといわれています。頚椎(首の骨)周辺にある筋肉や靭帯などが損傷されることで、首や肩の痛み可動域の制限背中のコリといった症状が現れます。

神経根症状型

神経根症状型は、交通事故の衝撃によって頚椎の並びが歪み、神経根が引き延ばされたり圧縮されるなどの負荷を受けた場合に発症します。

神経根症状型では、首の痛みと併発して腕の痛みやしびれ倦怠感が現れることもあります。

バレー・ルー症候群

バレー・ルー症候群は、交通事故で受けた衝撃が頚椎を通り越し、自律神経が損傷された場合に症状が現れます。

バレー・ルー症候群では、めまい耳鳴り息苦しさといった症状が現れます。一見むちうちとは関係のないような、「風邪かな?」と思う症状が現れるのも、むちうちの特徴です。

脊髄症状型

脊髄症状型は、交通事故による衝撃によって脊髄が損傷された場合に引き起こる症状です。むちうちの中で最も重症であり、後遺症が残る可能性が高いといわれています。

脊髄症状型を負った場合、知覚異常歩行障害下肢にしびれなどの症状が現れます。

むちうちは病院の何科に行くべき?

手の上にある木の病院

交通事故で受けた衝撃の程度によって、現れるむちうちの症状は異なります。いずれにせよ、交通事故の怪我に専門的な医療機関へ通院し、しっかりと治療を受けることが大切です。

交通事故でむちうちのような症状が現れたら、まず病院の整形外科を受診しましょう。

整形外科で受けられる治療内容とは

それでは、整形外科で受けられる治療内容について説明していきます。

整形外科では、レントゲンやMRIで骨や血管の状態を検査し、必要な場合は手術を行います。また、痛み止めや湿布など、薬の処方も行なっています。
レントゲンやMRIを使った画像検査や手術、薬の処方は、病院や整形外科にいる医師のみができる治療行為です。

整形外科では診断書の取得ができる

整形外科で医師の診断を受けたら、診断書を作成してもらいましょう。診断書には、怪我の病名や症状、治療期間の見通しなどが記載されています。

診断書を持つ医師

診断書を取得することで、「この怪我は交通事故によるもの」ということを証明することができます。交通事故と怪我との因果関係を証明できない場合、治療費の請求ができなくなってしまう可能性があります。

したがって、交通事故にあったらまずは病院の整形外科で医師の診断を受け、診断書を作成してもらいましょう。

むちうちの治療費は誰が支払うの?

考える女性

むちうちの治療をするにあたって、治療費の支払いについて心配になる方も多いかと思います。

交通事故の被害者は、加害者に対して損害賠償を請求することができます。この損害賠償の中に治療費も含まれているため、被害者が治療費を負担する必要はありません。

自賠責保険と任意保険

損害賠償の支払いを行うのは、加害者が加入している「自賠責保険」と「任意保険」です。それぞれどのような保険なのでしょうか。

自賠責保険とは
自賠責保険は、交通事故にあった被害者を救済するために、最低限の保証を行う保険です。車を所有している人は加入を義務付けられているため、「強制保険」とも呼ばれています。自賠責保険は人身事故のみに適用され、120万円を限度額として損害賠償の支払いを行います。

任意保険とは
任意保険は、運転者の任意で加入を決めることができる保険です。損害賠償の金額が自賠責保険の限度額を超えた場合、不足分を補う役目を果たしています。また、任意保険は物損事故に適用されるため、破損した車の修理代も補ってくれます。

被害者に支払われる損害賠償

損害賠償は、「積極損害」、「消極損害」、「慰謝料」の3つに分けられています。

積極損害

積極損害は、交通事故にあったことによって被害者の出費が余儀なくされた場合に、発生する損害です。

積極損害では、以下のような費用を請求することができます。

  • 治療費
  • 通院交通費
  • 入院費
  • 手術費
  • 付添看護費
  • 装具・器具等の購入費 など

消極損害

消極損害とは、被害者が本来得られるはずであった収入や利益が、交通事故によって失われてしまった場合に発生する損害です。

消極損害は、「休業損害」と「逸失利益」に分けられています。

慰謝料

慰謝料は、交通事故にあったことによって被害者が受けた精神的苦痛を金銭に換算し、加害者が支払うものです。

慰謝料は、「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」の2つに分けられています。

病院を転院したい場合の手続き方法

交通事故で怪我を負い、治療を続けていくうちに「病院を変えたい」と思うこともあるでしょう。医師との相性が合わなかったり、引っ越しすることになったなど、理由は様々あると思いますが、通院先を変えることは可能なのでしょうか。

考える医師

▶︎参考:整骨院で受けられるむちうちの施術内容とは?詳しく知りたい方はこちら

医師に紹介状を書いてもらう

治療を受けている途中で、病院を変えることは可能です。転院したい際は、現在治療を受けている病院の医師に、紹介状を作成してもらいましょう。書いてもらった紹介状は、転院先の病院に提出する必要があります。

しかし、場合によっては、紹介状を作成してもらえないこともあります。そのような場合は、紹介状がなくとも転院できることもあるようです。

保険会社へ連絡しておきましょう

転院の際は、医師に紹介状を作成してもらう他に、加害者側の保険会社にも連絡しておきましょう。
保険会社に連絡をしないまま転院した場合、転院先で発生した治療費の支払いを受けられなくなる可能性があります。

整骨院へ通院したい場合はどうすればよい?

背中をマッサージする手

むちうちの症状には、整骨院での施術が効果的な場合もあります。整形外科では経過観察のみで、思うように症状が緩和されない場合、整骨院と併用して通院してもよいでしょう。

それでは、整骨院へ通院したい場合はどうしたらよいのでしょうか。

医師の同意を得ましょう

整骨院での施術を受けたい場合は、通院先の医師に整骨院へ通院することの許可を得ましょう。医師の同意が得られていないまま整骨院へ通院した場合、整骨院での治療費や慰謝料を請求できなくなる可能性があります。

通院先を選ぶのは被害者の自由

病院によっては、整骨院への通院を好ましく思わない医師もいるようです。したがって、整骨院への通院を許可してくれないこともあるでしょう。

しかし、交通事故による怪我の通院先は、被害者が自由に選ぶことができます。「整骨院へ通院したいのに、医師が認めてくれない」という場合は、弁護士に相談してみましょう。

交通事故によるむちうちはまず病院の整形外科へ

ハートを持った医師

交通事故でむちうちを負ったら、まずは病院の整形外科で医師の診断を受け、診断書を作成してもらいましょう。治療を続けていく中で、転院や整骨院へ通院することも可能です。後遺症を残さないためにも、適切な通院先で治療・施術を受けましょう。

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

フリーボイス 無料
0120-963-887
まずはお電話でお気軽に無料相談!【9:00〜22:00】
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。