×

2018.08.01 交通事故 人身事故 物損事故 診断書 事故直後

交通事故の怪我が軽症。病院へは行くべき?

交通事故の怪我が軽症なら通院はいらない?

交通事故による怪我が軽症の場合、「時間が経てば治るかな?」と思う方もいるでしょう。また、事故直後に痛みがない場合、「病院へ行く必要はない」と判断する方もいるかと思います。

しかし、交通事故にあってしまったら、必ず病院へ行きましょう。
交通事故後すぐは軽症でも、放置してしまうことで症状が悪化してしまう可能性があります。また、事故直後に痛みが現れないのは、体が興奮状態に陥るためです。したがって、事故から2、3日後に症状が現れることもあります。

交通事故後に病院へ行かないことのデメリット

交通事故後、「痛みがない」「軽い怪我だから」などという理由で病院へ行かなかった場合、被害者に大きなデメリットが生じてしまう可能性があります。

治療費の支払いを受けられない

交通事故後に怪我人がいないと判断された場合は、物損事故として扱われます。物損事故で処理した場合、のちに怪我の症状が現れたとしても、被害者は治療費を請求することができません。被害者が怪我の治療費を請求できるのは、人身事故で処理した場合のみです。

ただし、一度物損事故として処理してしまっても、人身事故に切り替えることは可能です。人身事故へ切り替えることで、被害者は加害者に対して、治療費や慰謝料などを請求できるようになります。

バツをつくる医師

人身事故への切り替え手続きには、怪我の原因が交通事故であるということを証明するため、医師の診断書が必要です。しかし、事故から時間が経過していると、「交通事故が原因の怪我」と証明できる診断書の取得が難しくなってしまいます。交通事故と怪我との因果関係を明確にできなかった場合、人身事故への切り替えができない可能性があります。

後遺症として残ってしまう

交通事故で体に受ける衝撃は、想像よりも遥かに大きいものです。軽い追突事故だとしても、体は大きなダメージを負っていることがあります。
交通事故による怪我は、早めに治療を開始することが大切です。異常がないからといって通院しなかった場合、何らかの障害が残ってしまう可能性もあります。

「痛むほどではないけど、違和感がある…」という場合、病院へ行くのを迷ってしまうかもしれません。しかし、違和感を感じた場合はもちろん、痛みを感じなくとも迷わず病院へ行きましょう。

どこに通院すればいいの?とお悩みの方へ

いかがでしたでしょうか。交通事故にあってしまったら、体に異常がなくとも病院へ行くことが大切です。「どこに行けばいいの?」とお悩みの方は、交通事故病院へお問い合わせください。

保険の手続きについてお悩みの方。交通事故病院に相談してみませんか?
0120-963-887相談無料です

交通事故病院では、通院しやすい条件や希望をお聞きし、交通事故に特化した通院先のご予約をお取りいたします。交通事故後の手続きや保険会社とのやり取りにお困りの方も、お気軽にご相談くださいね。

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887