×

2019.07.09 自賠責 施術・治療 人身事故 インタビュー 事故直後

【ピース鍼灸接骨院】交通事故施術を通して患者さまに笑顔とピースを

大阪府三島郡島本町に店舗を構える「ピース鍼灸接骨院」。大阪や京都、高槻など、関西各地から患者さまが来院されるほど、人気の整骨院です。

今回は、ピース鍼灸接骨院の院長を務める野村 成道先生に、交通事故後の対応や知識、施術などについてお話を伺いました。

交通事故後に注意すべき3つのこと

交通事故にあったらまずは警察や救急車を呼び、事故現場の状況を伝えます。そして、現場検証を行い、病院で怪我を負っていないか検査を受けることが大切です。

このように交通事故にあうと、やるべきことが多く存在します。しかし、交通事故後にやってはいけないこともあると、野村先生はいいます。

ピース鍼灸接骨院 説明

野村先生:
「交通事故にあったとき、注意してほしいことが3つあります。1つ目は、事故現場で損害賠償の話をしないこと。2つ目は、必要以上に謝罪をしないこと。3つ目は、念書を書かないようにすることです。」

交通事故後に注意すべき3つのことについて、野村先生に詳しく伺いました。

事故現場で損害賠償の話をしないこと

ーー 事故現場で損害賠償の話をしてはいけない理由を教えてください。

野村先生:
「事故直後に、お互いの過失割合や損害賠償などがはっきり確定するわけではありません。事故現場で話した損害賠償額と実際の損害賠償が異なる場合、当事者同士が『言った・言わない』と揉めることもあります。ですので、事故現場で損害賠償の話をしないように注意しましょう。」

必要以上に謝罪をしないこと

ーー 必要以上に謝罪をしてはいけない理由を教えてください。

野村先生:
「交通事故後に必要以上に謝罪してしまうと、自分の過失を100%認めたと相手方に誤解されてしまうかもしれません。また、後に行う過失割合を決める際に、自分が不利になることもあります。謝罪をすることはもちろん大切ですが、必要以上に謝罪するのは避けましょう。」

念書を書かないようにすること

ーー 念書を書かない方がよい理由を教えてください。

野村先生:
「念書とは、後で証拠として残るように念のため書いて相手に渡す書類のことです。ですので、事故状況や過失割合などが確定していない事故直後に『100万円の損害賠償を支払います』『事故の過失は自分にあります』などの内容の念書は書いてはいけません。

もしもこのような念書を書いてしまうと、後に行う示談交渉で自分が不利な立場になることもあります。ですので、事故直後に念書を書かないように注意してください。」

知っておくべき交通事故施術に関する知識

交通事故にあうことは、そうそうあるものではありません。そのため、交通事故施術に関してわからないことばかりという方も多いのではないでしょうか。

しかし、「自賠責保険が適用されること」「病院と併用して整骨院へ通えること」の2点については、知っておいてほしいと野村先生はいいます。

ピース鍼灸整骨院 カウンセリング

自賠責保険が適用される

野村先生:
「交通事故の被害者は、自賠責保険が適用されるため、施術費用を被害者自身が負担する必要はありません。被害者の施術費用を支払うのは、加害者側の保険会社です。

また、施術費用だけではなく、通院交通費や書類代なども自賠責保険が適用されます。」

病院と併用して整骨院へ通える

野村先生:
「交通事故施術では、病院と併用して整骨院へ通うことも可能です。ですが、病院と整骨院を併用する際は、手続きが必要になります。

当院では、病院と整骨院の併用や転院のサポートも行っております。病院と整骨院の併用や転院をしたい方は、当院へご相談ください。」

ピース鍼灸接骨院の交通事故施術

ピース鍼灸接骨院 施術1

ピース鍼灸接骨院では、以下のような流れで交通事故施術を行うと、野村先生はいいます。

  • カウンセリング
  • 徒手検査
  • 施術

カウンセリング

野村先生:
「カウンセリングでは、交通事故にあったときの状況について詳しく伺っております。具体的な事故状況が把握できると、より効果的な施術方針を提案でき、早期回復にもつながります。当院で実施しているカウンセリングは、十分な時間をかけておりますので、どんな些細なことでもお話ください。」

徒手検査

野村先生:
「徒手検査は、カウンセリングをもとに行っております。患者さまがカウンセリングで違和感を感じるとお答えした部分ごとに、手を使って異常がないかを確認していきます。

また、違和感を感じる部分だけではなく、そのほかの箇所も調べていき、患者さまが気づいていない異常がないかも徹底的にお調べします。」

施術

野村先生:
「カウンセリングと徒手検査で、交通事故による怪我の原因を特定し、手技療法による施術を行います。手技療法を行うと、症状の緩和だけでなく、人間本来が持っている自然治癒力を高める効果も期待できます。

また、当院の交通事故施術は、経験豊富な専門スタッフが施術いたします。患者さまの不安を取り除けるようサポートいたします。」

「人の運命を変えたい!」という想いを胸に

ピース鍼灸整骨院 院長

ーー 最後に、交通事故の被害者や読者の方に向けて、何かメッセージをお願いします。

野村先生:
「昔、自分の実力では症状を改善できないほど重い症状の患者さまと出会い、施術に対する考え方を大きく変えられました。

その患者さまの症状はなかなか改善せず、悩みながら多くの勉強会に参加した結果、ようやくその患者さまの症状を緩和させることができたのです。この経験から、自分のために施術をするのではなく、人の運命を変えるために施術を行うことを心がけております。

ですので、当院では交通事故による怪我を治し、患者さまの運命を変えることができるよう、全力でサポートいたします!」

この記事を監修した先生

野村 成道
ピース鍼灸接骨院
野村 成道。 院長。

この記事の執筆者

交通事故病院編集部 ライター / A.M
専門学校卒業後は、フリーライターとして様々なジャンルの記事を執筆してきました。現在は交通事故や整骨院に関する知識を身につけるためにまだまだ勉強中ですが、ライターの経験を活かしてみなさんが読みやすい記事を提供していきます!

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887