×

2018.07.04 整体・マッサージ 整骨院 インタビュー セルフケア 交通事故

幅広い年代から人気!ライフ接骨院が行う交通事故のむちうち治療とは

交通事故が原因の怪我で最も多い「むちうち」。どんなに小さな事故であったとしても、体に対する衝撃は大きく、むちうちになってしまう可能性があります。

むちうちの症状は首の痛みの他に、頭痛や吐き気、腕のしびれが併発することもあります。外見には症状があらわれないため、周りから理解してもらえず、被害者の心にも大きな負担がかかってしまうでしょう。
交通事故の被害にあい、むちうちになってしまったら、「一刻も早く症状を緩和させたい」と誰もが思うのではないでしょうか。

ライフ接骨院4

今回は、ライフ接骨院の院長を務める加藤先生に、むちうちの症状と詳しい治療方法を伺いました。また、ライフ接骨院が持つ施術のコンセプトについてもインタビュー。介護施設と併設し、幅広い年齢層から人気のライフ接骨院では、どのような施術を行なっているのでしょうか。

幅広い年齢層から支持を集めるライフ接骨院の強み

ライフ接骨院14

ーー 他の治療院とは違う「ライフ接骨院」の特徴や強みを教えてください。

加藤先生:
「当院は、隣に介護施設とスポーツジムを併設しており、以前は介護のリハビリも対応していました。ご高齢の方からスポーツをしている学生まで数多く来院されるため、幅広い年齢層の方々に対して施術を行うことができます。また、スタッフ研修の際は運動ジムでパーソナルトレーニングも行います。ですので、体のケアの1つであるトレーニングの知識も豊富です。患者さまの体の状態や、症状の程度に適した施術プランを提案できるのが当院の強みです。」

ーー 加藤先生が得意としている施術を教えてください。

加藤先生:
「体の姿勢を整えることに関しては経験豊富なので、バランス調整や姿勢矯正という施術を得意としています。介護では痛いことが苦手な方をたくさん経験してきたので、優しい方法で施術することができます。逆にスポーツ選手の方ですと、優しい施術では「本当に効いてるの?」と思われる方もいらっしゃるので、痛い施術をすることもできます(笑)
色々な方法でその方のご希望に沿った施術を行うのも得意としていますね。」

ーー 初めて来院される方に対して心がけていることはありますか。

加藤先生:
「患者さまが入りやすい雰囲気作りを心がけています。来院される方に通いやすいと思っていただけるのが大切だと思うので。2回目も行きやすいような明るくて開放感あるスタイルを作るようにしています。」

駐車場完備!自宅までの送迎サービスもあり

1日約40名の患者が来院するライフ接骨院では、来院者への思いやりを忘れず、通院を続けやすい環境作りを心がけているといいます。

加藤先生:
「最寄駅の三ツ境駅から当院まで、徒歩ですと若干遠いんですよね。ですので、駐車場は2台完備しています。また、ご高齢の方ですと移動が大変なこともあるかと思いますし、症状が重くて動けない方もいらっしゃいますので、自宅までの送迎サービスも行なっております。当院への通院が難しいという方は、ぜひ一度ご相談ください。」

交通事故治療を行う際の施術コンセプトとは

ライフ接骨院10

ーー 交通事故の怪我を治療するにあたって、ライフ接骨院が持つ施術のコンセプトを教えてください。

加藤先生:
「患者さまから『交通事故にあった時よりも身体が軽くなった』と言ってもらえるまで、しっかりと施術を行うようにしています。身体の痛みや腫れが引いたから良いという訳ではなく、患者さまから「暮らしやすくなったな〜」とか「もう仕事に復帰しても大丈夫」と思っていただけるまで治療をするようにしています。」

ーー 交通事故の患者さまに言われて嬉しかったことは何ですか。

加藤先生:
「つい最近来ていた60代後半くらいの患者さまが、バスケットボールをやっていたんですよ。でも交通事故にあって腕を痛めてしまって。それから当院に来ていただいて、2〜3ヶ月治療を続けていくうちに、またバスケットができるようになったんですね。その時に『こうやって生涯バスケをできるようになったのは、ここに来たおかげかな』と言ってくださって、すごく嬉しかったです。交通事故にあわれても元通りの生活をできるほどのケアができたんだな、という達成感もありましたね。」

ライフ接骨院が行うメンタルケア

ーー 交通事故の被害者の方に対するメンタルケアはどのように行なっていますか。

加藤先生:
「交通事故の被害にあわれてしまった方は、『今後自分はどうなってしまうんだろう』とか『どのように治療していけばいいんだ』『治療費はどれくらいかかるんだろう』など、色々な不安を抱えているかと思います。

ですので、まずは交通事故にあわれた方がご納得いただけるまで、事故の流れを説明します。そして、不安な気持ちを軽くするためにとにかく話を聞き、当院で行えるサポート内容をお伝えさせていただきます。」

ライフ接骨院8

ーー 交通事故にあわれた方は大きな不安を抱えていると思うので、それは安心できますね。

加藤先生:
「車の破損についても不安だと思いますし、怪我に関しては『これが何十年も先までずっと続くのかな』と思われる方も多いかと思います。

当院では、最初に無料相談という形で来院された時に、事故の状況や今ある痛みについてお伺いします。次に『これから先どうなりたいのか』というお話を伺って、その内容に対して当院ができるサポート内容をお伝えします。患者さま一人一人にしっかりと寄り添うということが何よりも大切だと思います。」

交通事故で最も多い怪我「むちうち」について

首周辺が痛い女性

むちうちは、後ろからの衝撃による追突事故で起こる可能性が高いといわれています。一言で「むちうち」といっても、症状は「頚椎捻挫型」「神経根症状型」「バレー・ルー症状型」「脊髄症状型」に分かれており、衝撃の程度によって異なります。

「そもそもむちうちの原因は?」「症状に違いが生じるのはどうして?」「どんな治療方法があるの?」これらの疑問を、加藤先生に分かりやすく解説してもらいました。

交通事故でむちうちが起こる原因

ーー 交通事故でむちうちになる原因を、一般の方でも分かりやすいように教えてください。

加藤先生:
「体の中で、頭の重さは約10分の1を占めています。体重が60キロの方であれば5〜7キロくらいの重さがあって。そんなに重たい頭を細い首だけで支えています。交通事故の衝撃で首が揺らされてしまうと、背中についている筋肉が引き延ばされたりとか、骨と骨の間の神経とかが傷ついて『むちうち』が起こります。どんなに小さな事故であったとしても、細い首に対して5キロの揺れというのはかなりの負担がかかることになります。

頭はボーリングの球くらいの重さがありますから、不意打ちで揺らされると細い筋肉を痛めてしまう。そうした原因で起こるのがむちうちです。」

むちうちで最も多い「頚椎捻挫型」

ーー 頚椎捻挫型(けいついねんざがた)の原因と症状を教えてください。

加藤先生:
「基本的にむちうちで最も多いのが『頚椎捻挫型』です。交通事故で首が揺らされ、筋肉や筋を痛めてしまうことで症状が起こります。首を捻挫したようなイメージです。症状としては首の痛みや体を動かす時に痛みが出たりとか、肩の凝りや張りが強くなります。」

神経の損傷による「神経根症状型」

ーー 神経根症状型(しんけいこんしょうじょうがた)の原因と症状を教えてください。

加藤先生:
「神経根症状型は、交通事故の衝撃で首の骨が動かされることによって、神経が引きのばされたり圧迫されて起こります。神経根症状型は首の痛みと併発して、腕を取ってしまいたくなるような重だるさとかしびれ、顔にもピリピリとした痛みがあらわれる症状があります。また、以前持っていた症状が交通事故のむちうちと合わさって神経根症状型になったりすることもあります。」

自律神経の乱れ「バレー・ルー症候群」

ーー バレー・ルー症候群の原因と症状を教えてください。

加藤先生:
「バレー・ルー症候群は、交通事故の衝撃によって神経の中の自律神経を痛めてしまうことによって発症します。動悸がしたり耳鳴りやめまい、ふらつき、発汗など、メンタル面での症状が起こります。首の痛みは楽になっても、めまいや目の霞みとかが出てくるということもありますね。」

神経の流れを止めてしまう「脊髄症状型」

ーー 脊髄症状型(せきずいしょうじょうがた)の原因と症状を教えてください。

加藤先生:
「脊髄症状型は、交通事故の衝撃によって、脳から出ている神経の根元を切ってしまったり痛めたりして、神経の流れを止めてしまうことで症状があらわれます。激しい衝撃で首を完全に曲げてしまった場合や、バイクで転倒して首を曲げてしまった場合などに起こりやすいです。

症状としては、下肢が麻痺してしまって足が動かなくなったりします。損傷を受けた首の場所や脊髄の場所によっては、排泄行為ができなくなってしまい、排泄の補助具をつけなければいけない状態になることもあります。自発呼吸ができなくなってしまうこともありますし、首の上の方を損傷してしまうと自分で食事が取れなくなる可能性もあります。」

ーー 損傷した箇所で症状が異なるんですね。

加藤先生:
「はい。交通事故にあってしまった時にシートベルトがあるのとないのとでは、衝撃や損傷の程度が大きく変わってきます。ですので、シートベルトはしっかりとつけることが大事ですね。」

4つの症状に対する施術方法

ライフ接骨院11

「頚椎捻挫型」「神経根症状型」「バレー・ルー症状型」「脊髄症状型」それぞれの症状についてお分かりいただけたでしょうか。次に、4つの症状に対する施術方法を詳しくお伺いしました。

頚椎捻挫型と神経根症状型に対する施術

加藤先生:
「頚椎捻挫型や神経根症状型には、手技によるマッサージやストレッチを主に行います。損傷を受けた直後はアイシングで炎症を抑えるところから始めていって、痛みや炎症が治ってきたら体の動かし方を教えます。「こうやって動かしていきましょう」とか「こうやって伸ばしていきますよ」という風に体に動きをつけてマッサージをしていくという施術内容です。」

バレー・ルー症候群に対する施術

加藤先生:
「バレー・ルー症候群に対しては、体の筋肉だけではなく、機械を使って神経の動きを良くする施術も行います。手首に電気を当てることで自律神経の興奮を抑える効果を得ることができます。

めまいや耳鳴りといった症状が出てしまった場合は、整形外科の先生に「バレー・ルー症状が出ているので、もう一度レントゲンを撮って確認してもらってもいいですか」という相談をします。整形外科ではブロック注射をしたり、当院では神経を落ち着かせる電気を流してみて、整形外科と接骨院で協力しながら治療していきます。」

脊髄症状型に対する施術

加藤先生:
「脊髄症状型に関しては、整形外科さんで治療を受けて、何ヶ月か後に入院やリハビリから帰ってきた時に、当院での施術を行います。具体的な施術内容としては、筋力トレーニングや腕、胸回りの筋トレなどをして動きを出していくというリハビリを行います。」

ーー 脊髄症状型はかなり重症な印象を受けますが、完全に回復することはできますか。

加藤先生:
「どれだけ痛めたかによりますが、そこから回復するというのは難しいかと思います。脊髄症状型を負うパターンとしては、バイクでの転倒が一般的ですが、自動車事故でも脊髄症状型になる可能性はあります。ですので、シートベルトの大事さというのはよく感じますね。旅行バスは高速道路に乗ったりしてスピード出ますからね。シートベルトをするかしないかというところでだいぶ違うと思います。」

むちうちの急性期には機械を使った施術を

ライフ接骨院

むちうちを受傷した直後は、損傷部分が熱を持ち、炎症を起こした状態になります。ライフ接骨院では、むちうちの急性期に対してどのような施術を行うのでしょうか。

ーー むち打ちの急性期にはどのような対処法を取りますか。

加藤先生:
「急性期に対しては、アイシングをしていくのと、超音波治療器という機械を使うこともあります。超音波治療器には、体に微弱な振動を与えることで回復を早めるという効果があります。痛めてしまった筋肉に柔らかい刺激を与えることによって、炎症の引きを早くすることができます。」

ーー 急性期は損傷部分が炎症を起こしているということですが、自分でできる対処法はありますか。

加藤先生:
「急性期のうちにストレッチや運動をしてしまうと、急にめまいがきたり首が重たくなってしまうといった症状があらわれる可能性があります。ですので、急性期は安静にすることが第一です。最低でも1、2週間くらいは安静にされるのがいいのかなと思います。」

ライフ接骨院が教えるむちうちのセルフケア

ーー 仕事の都合や予定で通院が難しい時、自宅での過ごし方やセルフケアの方法はありますか?

加藤先生:
「なかなか来れない方には「体を冷やさないようにしてください」とよく伝えています。基本的に体を冷やさないということはとても大事です。体が冷えると筋肉の緊張も硬くなって縮こまってしまいます。アイシングで冷やすのと自然に冷えるっていうのだと全然違うので、体を冷やさないことは気をつけていただきたいです。夏であればエアコンでの冷えとか、冬であれば首とか足元とかの冷えに対して注意してください。

ライフ接骨院7

セルフケアとしては、体を温めるための入浴方法を教えています。39〜41度のぬるめのお風呂に15〜20分入っていただくと体の芯から温めることができます。体が温まると回復能力や副交感神経が働くようになっていって、痛めている首や体の悩みが解消されます。あとは辛い食べ物を食べてしまうと体が興奮してしまうので、刺激物は控えていただいた方がよいです。」

ーー 基本的には安静にして、冷やさないことが第一なんですね。

加藤先生:
「そうですね。基本的に神経が興奮したり圧迫されたりして症状があらわれるので、体の回復とか血流をよくするには体を温めた方が良いです。

基本的に1〜2週間は安静にして、体をある程度動かせるようになってきた時に少しずつ優しめの運動をしたり、ウォーキングをしても良いです。もしもウォーキングをしてて、以前よりもすぐ疲れるようになってしまったと感じたら、当院で施術を受けていただくのがよいかと思います。」

交通事故に関する手続きのサポート体制も万全

ライフ接骨院15

交通事故にあってしまったら、怪我に対する不安のほかに、手続き面で悩まれる方も多いかと思います。ライフ接骨院では、交通事故で発生する様々な手続きに関しても、手厚いサポートを行なっています。

ーー 交通事故に関する手続きについてのアドバイスは、どのように行なっていますか。

加藤先生:
「患者様が転院を考えている際は、当院が連携している整形外科に紹介状を書いて転院手続きのサポートをすることができます。また、整形外科に通っていて治療が長期化しそうな患者様が当院へ来てくれたりとか、こちらでも治療が長引きそうな患者様の判断を整形外科に仰いだりしています。」

ーー 後遺障害等級認定の手続きに関しては、どのようなサポートを行なっていますか。

加藤先生:
「当院では、整形外科に対してどのような後遺症であるかを適切に説明するサポートを行なっています。正座をする際に足首の屈曲が難しいですとか、『こういうことをしようとするとこれができません』ということを具体的に伝えます。整骨院では後遺障害の認定ができないので、あとは整形外科の先生に判断していただくという形です。患者様自身がお伝えするよりも、具体的な内容を説明できるかと思います。」

来院者に寄り添いしっかりとした施術を

ライフ接骨院では、来院された方一人ひとりに対して親身に寄り添い、その人の生活を豊かにするための施術を行なっています。交通事故の被害にあってしまったら、一度ライフ接骨院へ足を運び、施術を受けてみてはいかがでしょうか。

ーー 最後に、交通事故の被害者の方や読者の方に向けてメッセージをお願いします。

加藤先生:
「交通事故にあわれてしまったら、まずはしっかりと体を休めていただきたいです。そして、ご自身が通いやすい通院先でしっかりと治療を受ける。少しでも痛みが残っているようであれば通院を続けて、ご自身が納得できるまで治療を受けることが大切です。

被害者の方が怪我の治療に専念できるよう、保険会社や整形外科との手続きも全力でサポートさせていただきます。決して1人で悩まずに、どんなに些細なことでもご相談ください!」

ライフ接骨院6

    プロフィール

  • 院長:加藤 達也
  • 1986年4月6日生まれ。 神奈川県横浜市出身。
  • 所有資格:柔道整復師
  • 開業までのステップ
  • 18才の時に野球で負った怪我を接骨院で治療し、19才から3年間、通院をしていた接骨院でアルバイトとして働く。
    卒業を機に新しい接骨院で施術を学び、2年後、介護施設でデイサービスのリハビリの仕事に就く。
    リハビリや運動、マッサージなど様々な経験を積み、瀬谷にある接骨院で副院長とデイサービスの責任者を務める。
    2017年、ライフ接骨院開業。

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

フリーボイス 無料
0120-963-887
まずはお電話でお気軽に無料相談!【9:00〜22:00】
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄