×

2019.07.19 むち打ち 施術・治療 整骨院 インタビュー 交通事故

【Vigor接骨院】急性期と慢性期で最適な交通事故施術を…

群馬県前橋市に店舗を構えている「Vigor接骨院」。経験豊富なスタッフが多数在籍しており、親身になって施術を行ってくれると、地域の方々に人気の接骨院です。

今回は、Vigor接骨院の代表を務める、湯浅 夢音人氏にお話を伺いました。

交通事故のむちうちについて

交通事故にあうと、むちうちの怪我を負うことが多いと、湯浅氏はいいます。

Vigor接骨院 説明

湯浅氏:
「一般的なむちうちは、自動車事故において予期せず構えることができない状態で後方から追突され、頭から骨盤に連なる脊椎(頚椎・胸椎・腰椎)が鞭のようにしなって、近接する関節や靭帯、筋肉などが損傷して起こります。特に首に症状が出ているもの『むちうち』といい、病院では『頚椎捻挫』と診断されます。」

では、むちうちになった場合、具体的にはどのような症状があらわれるのでしょうか。

湯浅氏:
「むちうちになると、局所に痛みがあらわれます。しかし、それだけではなく、周辺の張りや痛みの『筋肉の症状』、肩や腕や指先のしびれの『末梢神経症状』、めまいや吐き気脱力感などの『自律神経症状』といった症状があらわれます。」

交通事故のむちうちは「事故から数日経って症状があらわれる」「レントゲンに写らない」といった特徴があるため、注意してほしいと湯浅氏はいいます。

事故から数日経って症状があらわれる

湯浅氏:
「『むちうちの症状は後から出てくる』などと、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。事故直後は緊張と興奮により、鎮痛作用のあるアドレナリンやβエンドルフィンが体に分泌され、痛みを感じないことがあるからです。」

レントゲンに写らない

湯浅氏:
「交通事故後、レントゲンの検査を受けた際にむちうちのような症状があるにもかかわらず、『異常なし』といわれることもあります。なぜならばレントゲンは骨を写すものであり、筋肉や靭帯などの損傷が原因のむちうちは、レントゲンに写らないからです。」

しかし、むちうちの施術は早く開始することが大切だと、湯浅氏はいいます。

むちうちは早期に施術を開始すること

湯浅氏:
「むちうちは症状が後日あらわれたり、レントゲンに異常が写らないこともあるため、しばらく様子を見るということで湿布程度で済ませてしまいがちです。しかし、初期の段階で神経の興奮を抑える施術を開始した方が、自律神経症状を抑えることができます。

Vigor接骨院の交通事故施術

Vigor接骨院では、交通事故患者さまは優先して予約取ることができ、待ち時間なく施術を受けられます。また、交通事故施術は21時まで受付を行っているため、仕事帰りでも来院することが可能です。

このように、Vigor接骨院は、患者さまが通院を継続できる体制が整っていることも魅力の1つです。

そんなVigor接骨院では、交通事故でむちうちの怪我を負った場合、以下の流れで交通事故施術を行っています。

  • ①受付で交通事故専用のカウンセリングシートを記入
  • ②カウンセリングシートもとに事故状況や怪我の状態を確認し、施術方針を決定
  • ③施術を開始
  • ④今後の症状の経過予想や流れや説明
  • ⑤次回の施術を予約

Vigor接骨院でむちうちの施術を行う際は、急性期慢性期で施術内容を変えていると、湯浅氏はいいます。

むちうちの急性期に対する施術

湯浅氏:
「交通事故からあまり時間が経っていないようであれば、神経の興奮を抑えるマイクロカレントや立体動態派という物理療法で、急性期の痛みや不調を抑えていきます。今以上に症状を悪化させないためにも、この時期は体を落ち着かせることが優先です。

むちうちの慢性期に対する施術

湯浅氏:
「慢性期に入ると、痛みは多少落ち着くのですが、筋肉の緊張があらわれます。そのため、筋膜の癒着を剥がす必要があります。

そこで当院では、手技(マッサージやストレッチ)、MORACTという施術機器を使用した施術を行い、硬くなった筋肉を緩めていきます。」

そして、交通事故施術を受ける上で「継続的に通院すること」「完治まで施術を続けること」は大切なことだと、湯浅氏はいいます。

交通事故施術において大切なこと

湯浅氏:
「受傷後1ヶ月くらいは、痛みの場所や症状が日々変わることがあります。そのため、なるべく頻繁に通院し、日々の症状を抑え込むことが大切です。この時期に、様子をみるだけで痛みを我慢してしまうと、後に症状が残ってしまうこともあります。

また、むちうちは施術を行うことで症状が落ち着いてきて、経過が緩慢になります。しかし、少しでもこわばりや張りが残っている限り、継続して完治を目指すことが大切です。途中で施術を諦めてしまうと、数年経って症状が再発したり、冬場に痛んだりすることがあります。」

交通事故後に発生するトラブルやお悩み

交通事故患者さまは怪我を負うだけでなく、以下のようなトラブルやお悩みが発生することもあると、湯浅氏はいいます。

  • 保険会社の対応に追われる
  • 当事者同士が損害賠償の金額でもめる
  • 「病院・整形外科」と「接骨院・整骨院」の併用が認められない    など

Vigor接骨院 説明2

湯浅氏:
「当院で行っているのは、交通事故施術だけではありません。交通事故に関するサポートも行っており、保険会社の対応が可能です。まずは、当院へご相談いただければと思います。また、交通事故の慰謝料や休業損害を含めた示談に関しても、可能な限りご相談にお応えします。」

交通事故の怪我でお悩みの方はVigor接骨院へ

Vigor接骨院 外観

最後に、交通事故の被害者や読者の方に向けて、湯浅氏からメッセージをいただきました。

湯浅氏:
「当院は、交通事故施術のプロッフェショナルとして、今までたくさんの交通事故施術を行ってきました。そして、当院の交通事故施術を受けていただいた新前橋周辺にお住まいの方々から、多くのお喜びの声をいただいております。どんなことでも安心してご相談ください。」

この記事を監修した先生

湯浅 夢音人
Vigor接骨院
湯浅 夢音人。 代表。 群馬県高崎市出身。都内にて資格取得後スポーツトレーナーとしても活躍し、2011年に前橋市小相木町に Vigor接骨院を開業。。

この記事の執筆者

交通事故病院編集部 ライター / M.W
出版社に就職後、書籍や雑誌コラムの執筆・編集を経て、現在はフリーライターとして活動中。家族が交通事故の被害にあった過去の経験をもとに、怪我の治療先や手続きのコツなどをお届けしていきます。みなさんのお悩みが少しでも軽減されますように…。

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887