×

2018.03.22 腰の痛み むち打ち ハリ・鍼灸 自動車・車両 バイク

交通事故によって腰痛持ちに…一生このまま向き合っていくしかないの?

交通事故にあい、その日を境に腰痛持ちになってしまった方がいます。整形外科では問題ないと診断されてもなぜか季節の変わり目や寒い日には腰が痛くなることがあります。この腰痛問題は一生向き合わないといけないと悩んでいる方のために、適切な治療院で治癒する方法をご紹介します。

▶︎参考:事故発生から示談までの流れ

交通事故で腰が痛い!

痛がる女性

交通事故により衝撃を受けて背骨や骨盤が歪むことがあります。交通事故の後になぜか腰痛になってしまった、もともとの腰痛がさらに悪化したという方はそれが理由です。中には治っていたはずのヘルニアが再発したという例もあります。

交通事故にあったために腰痛持ちでなかった方が腰痛を発症する、もともと持っていた症状が悪化するというケースがあります。このように交通事故は首を中心とするむちうち症だけでなく、腰痛という症状で現れる場合もあります。症状はその方が受けた事故によっても色々なパターンがあります。

車だけでなくバイクなどに乗っていて転倒した場合、二次災害を防止しようとして車両を動かしたりするでしょう。その時すでに腰などにダメージを受けているのにさらにその弱くなっている部分に余計圧力が加わって、筋肉の断裂が起きることもあります。

事故のショックや疲労、それに加えて筋力が低下して炎症が起きて腰痛を発症することもあります。実は腰痛は交通事故の後に発症しやすいと言われており、事故の影響で急性腰痛症(ぎっくり腰)を発症することもあります。

▶︎参考:交通事故の怪我で腰痛以外の症状とは?

その腰痛は〇〇だった!

腰痛と一般の方が呼ぶ症状は正式には腰痛症・腰椎症と呼ばれています。腰痛症はある種の原因で腰周辺が痛い状態を指します。また、腰椎症は脊椎を構成している椎骨の腰周辺の部位が何かしらの原因で影響を与えて周囲に痛みが伴う状態です。

この2つの腰痛のどちらも同様の痛みや症状、病名が付いています。先ほどのぎっくり腰をはじめ、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎分離症、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などの症例名が付けられています。

どちらの腰痛なのかを素人が判断するのは難しい場合があります。また、このような腰痛は、普段の生活習慣により事故が引き金となって起こることもあります。普段から運動不足だった、加齢によるもの、腰に負担がかかる生活などです。

腰痛の原因は様々ですが、交通事故が原因で起こる腰痛も中にはあります。それを次でご紹介します。

交通事故の腰痛は椎間板ヘルニアが原因?

女医

交通事故後の腰痛は、「椎間板ヘルニア」の可能性があります。椎間板ヘルニアとは、交通事故後に発症しやすい症状の一つです。椎間板ヘルニアが発症する原因は、事故で外側から強い刺激を受けて、椎間板が歪んでしまうからです。骨と骨のクッションの役割をしている椎間板がずれ、その周囲の神経組織が圧迫されることで起こります。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアになると、以下のような症状があらわれます。

  • 坐骨神経痛(※腰から足にかけて伸びている坐骨神経にあらわれる痛みやしびれ)
  • 腰痛
  • 冷感
  • 筋力の低下
  • 感覚障害(例:足を触ったとき、感覚が鈍い。左右の足で感じ方が違う。)

椎間板ヘルニアは2種類ある

椎間板ヘルニアにも2種類のものがあります。それは、「頸椎椎間板ヘルニア」「腰椎椎間板ヘルニア」です

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアは、交通事故の衝撃で首に力が加わったとき、首の椎間板が変形して神経を圧迫することで、痛みがあらわれます。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、交通事故の衝撃で腰に力が加わったとき、腰の椎間板が変形して神経を圧迫することで、痛みがあらわれます。

また、過去に腰痛を持っていた、ヘルニアを持っていたという方は、交通事故をきっかけで再発するケースもあります。もともと腰痛だった方は、さらに悪化する恐れもあります。交通事故により腰に負担がかかるだけでなく、その周囲に余計な圧力がかかり腰痛を引き起ことがあり、急性腰痛症(ぎっくり腰)もその一つです。

交通事故の腰痛はどこで治療する?

心配

腰痛と一口に言っても色々な治療方法があります。どこに治療に行くかによっても治癒までの期間が変わってきます。また、体質やライフスタイルによっても治療法が自分に向いているかどうかが違います。ここでは治療方法を中心に以下の3つの違いをご紹介します。

整形外科

整形外科で行われる治療は主に保存療法と呼ばれる治療が行われます。主に薬物療法・神経ブロック療法・理学療法です。薬物療法は非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋緊張弛緩薬、血管拡張薬、骨粗しょう症治療薬などが処方されます。

神経ブロック療法は局所麻酔薬やステロイド剤によって痛みの緩和と炎症の抑制を行います。理学療法は運動療法や温熱療法、装具療法(コルセットなど)を用いて緩和を目指します。

整骨院

整形外科と異なり保存療法でなく補完医療と呼ばれる西洋医学をサポートする施術が行われます。理学療法も整形外科にあるものだけでなく、遠赤外線や低周波治療器、マッサージ(手技)、けん引、スポーツストレッチ、ローラーなどがあります。

整形外科が対症療法(とりあえず患者の症状に対処するだけで根本的解決ではない)であるのに対して、骨のゆがみや筋肉のコリなどの根本的治療を行ってくれます。

鍼灸院

整骨院でも同じ施術をしてもらえることもありますが、東洋医学である鍼灸を使って和らげます。身体が温まりほぐれる実感があるので即効性がありますが、指圧と鍼灸を組み合わせて施術するところが多いようです。薬物療法などを行わないので、薬による胃腸障害や臓器への負担がありません。

交通事故の治療費や通院費はどうするの?

交通事故の被害者は、治療費や通院費などを損害賠償として加害者に請求することができます。また、損害賠償の一部である慰謝料も請求することが可能です。

被害者は加害者に慰謝料を請求できる

先程も述べましたが、交通事故の被害者は加害者に対して、慰謝料を請求することができます。慰謝料とは、交通事故にあったことで被害者が負った精神的苦痛を、加害者がお金で補償したものです。

慰謝料 (1)

慰謝料は、まず加害者側の自賠責保険会社が被害者に支払います。自賠責保険は、車を所有しているすべての運転者に、加入を義務付けられている保険です。自賠責保険の限度額である120万円を超えた場合は、加害者側の任意保険会社が、足りない分を補います。加害者が任意保険会社に加入していない場合は、加害者本人に請求することになります。

慰謝料を請求するには

交通事故には、人身事故と物損事故の2種類があります。

人身事故

交通事故により、人が怪我をしたり死亡する事故。車や公共物が破損していても、人が怪我をしている場合は人身事故になります。

物損事故

交通事故で怪我人がおらず、車やガードレールなどの公共物のみが破損する事故。

しかし、慰謝料を請求するには、人身事故で処理しておかなければなりません。その理由は、物損事故で処理をした場合に加害者が支払うのは、車や公共物の修理代のみだからです。

加害者は、自分が支払う損害賠償を少なくしたいがために、物損事故で処理をしたがる場合があります。しかし、加害者の言う通りに事を進めて物損事故で処理をした場合、後から怪我の症状があらわれたとしても、被害者に対して慰謝料の支払いはされません。被害者が損をしないためにも、交通事故にあったら人身事故で処理をするようにしましょう。

▶参考:物損事故から人身事故に切り替える方法

腰痛が後遺症になってしまったら

事故から後遺症が残るまでの過程

これ以上怪我の治療を続けても、症状が良くならない、医者が判断する場合があります。これを症状固定といい、症状固定と判断された時点で残っている症状を、後遺症といいます。

後遺症になってしまうと、これまで支払われていた治療費や通院交通費、慰謝料などは、打ち切られてしまいます。しかし、後遺障害等級認定を申請し、後遺症が後遺障害と認められることで、後遺障害慰謝料を受け取ることができます。

後遺障害には、1級から14級まで等級があります。1級が最も重い症状となり、14級が最も軽い症状となります。これを後遺障害等級といいます。後遺障害等級が認定されると、等級に応じた後遺障害慰謝料を受け取ることができます。

交通事故が原因で生じた、腰痛の一つである椎間板ヘルニアは、後遺症として残ることもあります。椎間板ヘルニアの場合、後遺障害の12級14級10号に該当することがあります。

▶︎参考:等級別!後遺障害慰謝料の金額はこちら

▶参考:後遺症が後遺障害と認められるには?

後遺障害等級認定を申請しましょう

後遺障害の等級を認めてもらうためには、後遺障害等級認定を申請しなければなりません。

後遺障害等級認定を受ける上で大事なことは、以下の3つ。

  • ①症状固定まで治療を続けること
  • ②医師に後遺障害診断書を書いてもらうこと
  • ③必要な検査をしっかりと受けること

①症状固定まで治療を続けること

後遺障害等級認定では、これ以上症状がよくならない症状固定と診断された症状が、後遺障害として認定されます。そのため、症状固定まで治療を続けなければなりません。また、症状固定と診断できるのは医師のみなので、そのことを覚えておいてください。

②医師に後遺障害診断書を書いてもらうこと

後遺障害等級認定で必要になる、後遺障害診断書を医師に書いてもらわなくてはなりません。この書類がなければ、後遺障害等級認定を申請することができないので注意が必要です。

③必要な検査をしっかりと受けること

後遺障害等級認定では、後遺症として残っている症状を、医学的に証明しなければなりません。医学的に証明するためにも、画像診断や神経学的検査を受けるようにしましょう。

▶参考:後遺障害等級認定の申請方法!

交通事故の後遺障害慰謝料を請求する方法

手続き

後遺障害慰謝料を請求する方法は、2つ。

  • 加害者請求
  • 被害者請求

加害者請求は、加害者側の保険会社にすべての手続きを任せる方法です。
被害者請求は、被害者が、加害者側の保険会社に、直接慰謝料を請求する方法です。

加害者請求と被害者請求の詳しい内容は、以下のリンクをご覧ください。

▶参考:加害者請求と被害者請求の方法

一人で悩まないでご相談ください

不明

腰痛は当事者本人でないとわからない苦しい症状です。人にはその辛さはわかりにくいものです。まずは交通事故に特化した治療院に相談してみるのも良い方法です。整形外科だけだと対症療法でしかない腰痛も、根本的な原因を退治して施術を行うので、交通事故後に通院する方が多いのです。

まずはお一人で悩まずに、交通事故病院のサイトで見つけた治療院にご相談ください。きっと良いアドバイスが受けられます。

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

フリーボイス 無料
0120-963-887
まずはお電話でお気軽に無料相談!【9:00〜22:00】
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。