×

2018.09.10 被害者 板金・塗装 事故・修理車 自動車・車両 交通事故

追突事故にあい、車を修理することに…手続きや費用を解説!

追突事故で車が破損してしまった場合、修理を選択することもあるでしょう。しかし、「加害者は修理費用をいくら負担してくれるの?」「請求手続きはどうするの?」などわからないことが多いですよね。

そこで今回は、事故後の修理について解説していきます。

追突事故で車を修理する場合どこに頼む?

選択

追突事故にあった車を修理に出す場所の選択としては、以下の通りです。

  • ディーラー
  • 修理工場

それぞれの特徴について解説していきます。

ディーラー

ディーラーとは、自動車メーカーのことをいいます。例としては、ホンダ、トヨタ、スズキなどです。

ディーラーに修理を依頼した場合、修理箇所以外の細かいチェックをしてくれたり、新品・純正の部品を使って修理を行います。しかし、ディーラーは板金修理を自社で行ないません。そのため、仲介手数料がかかって、費用が高額になる可能性があります。

修理工場

一方、修理工場の場合、中古の部品を使って修理を行ったり、ディーラーを介さずに修理を行うことができます。そのため、ディーラーよりも修理にかかる費用を抑えることができます。

しかし、修理工場によって修理の技術に差があったり、修理後の保証期間がないこともあります。したがって、修理工場に依頼する場合は、どこの修理工場に依頼するかを慎重に選ぶ必要があるでしょう。

事故車の修理の費用相場と期間

カレンダー

「事故車の修理にかかる費用が高額にならないか不安…。」「事故車の修理期間が長いと困る」などのお悩みがあるかもしれません。ここでは、事故車の修理にかかる費用の相場と期間を合わせてご紹介します。

修理箇所 修理費用  修理期間
フロント
   バンパー
約15000円 約2日間
リアバンパー 約2500円 約4日間
クオーター
   パネル
約70000円 約5日間
ドア 約38000円 約5日間
ガラスの補修 約10000円 約2時間
タイヤの
   パンク修理
約2000円 約30分
(1本当たり)
エンジンの修理 50万円 約1週間

しかし、破損の程度によって修理費用や修理期間は異なります。したがって、上記の表の修理費用の相場と期間は、目安として参考にしてくださいね。

事故車の修理費は加害者に請求できる?

車とお金

「思ったより事故車の修理費が高くて、金銭面の負担が大きいな…。」とお悩みの方。交通事故の被害者であれば、修理にかかった費用を加害者に請求することができます。

しかし、加害者が負担してくれる修理費は、時価額分までとなっています。時価額とは、事故にあった車の現在の価値額のことです。時価額を調べる場合は、レッドブックと呼ばれる「自動車価格月報」という本で調べることができます。

もしも時価額よりも修理費が高かった場合、時価額分を差し引いた残りの修理費用は、被害者自身で負担することになります。

修理よりも買い替えた方がいい場合もある

先程、時価額よりも修理費が高かった場合、時価額分を差し引いた残りの修理費用は、被害者自身で負担するといいました。このような状況の場合、事故車を修理に出すより、新しい車に買い替えた方がいいでしょう。

事故が原因で新しく車を買い替える場合、買い替え費用を加害者に請求することもできます。そのため、一度修理費用の見積もりをしてから、事故車を修理すべきか、買い替えるべきかを考えることをおすすめします。

▶︎参考:買い替え費用として加害者に請求できるのは何がある?

事故車を修理するときの保険手続き

手続き

事故車を修理する場合の保険手続きは、以下のような流れで進みます。

  • ①交通事故の報告
    加害者側の保険会社に交通事故の報告を行う。
  • ②初期対応
    代車の手配や修理工場へ連絡をする。
  • ③事故状況の確認
    保険会社が今回の事故の状況を詳しく確認する。
    (※損害の範囲や過失割合を決めるための根拠になる。)
  • ④車の損害を確認
    担当者が修理工場に訪問する。
    (※車の損害状況を確認し、修理代の負担額を決めるために行う。)
  • ⑤示談交渉
    車の損害額の確認や治療が終了したら、被害者は加害者側の保険会社と示談交渉を行い、賠償額を決める。
  • ⑥示談成立
    事故の当事者双方が示談書に納得したら、示談が成立となります。その後、賠償金として修理費を受け取る。

このように、示談成立後に賠償金として、修理費をまとめて受け取ることになります。したがって、加害者に車の修理費を請求すれば、すぐに受け取れるというわけではないのです。

追突事故後の車の修理についてのまとめ

修理

いかがでしたか。追突事故後の車の修理についてのまとめは、以下の通りです。

  • 事故車を修理する場合は、ディーラーか修理工場から選ぶことができる。
  • 事故車の修理にかかった費用は、加害者に請求できるが、時価額分のみしか請求できない。
  • 修理費が時価額よりも高い場合は、買い替えを検討した方がよい。
  • 買い替え費用も加害者に請求できる。
  • 修理費を受け取れるのは、示談が成立した後。

追突事故で車を修理することになった場合は、この記事を参考にしてくださいね。

交通事故でお悩みの方へ

交通事故病院は、交通事故で悩むすべての方に向けた無料の相談窓口です。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄