×

2017.12.26 板金・塗装 査定 事故・修理車 自動車・車両 交通事故

事故車を修理するなら!ディーラーに依頼するメリット・デメリット

交通事故にあった際、愛車の修理はディーラーに任せようか検討している方が多いのではないでしょうか。ディーラーに任せる場合のメリット、デメリットをしっかりと理解した上で、修理を依頼することが必要です。

愛車が破損……人身事故と物損事故の違い

交通事故は、歩行者・運転手関わらず、誰にでも起こる可能性のあるものです。
交通事故が起きた場合は、どんなに些細な事故であっても警察を呼び、怪我人はいないか、破損の具合はどれくらいか、どちらが加害者で被害者なのかなど、現場検証をしてもらうことが法律で定められています。

警察

死傷者が出た場合の事故を人身事故、死傷者はおらずものが壊れてしまった場合を物損事故としています。物損事故の場合は強制保険である自賠責保険の対象にならず、任意保険が適用されます。

▶︎参考:交通事故にあい、やらなくてはならないこととは?示談成立までの流れを簡単レクチャー

怪我人がいない人身事故に比べて物損事故の方が手続きが簡単だと言われていますが、自分の車が壊れてしまったり、電柱やガードレールを破損してしまったりすることは、精神的にラクとは言えませんよね。
万が一物損事故が起きてしまった場合に、一体どこで愛車を修理すればいいのか・どのような手続きを踏めばいいのかなどを以下でお伝えしていきます。

交通事故にあった時、修理はどこに頼めば良いの?

交通事故にあってしまうと、車の修理は必要になってきますよね。
車の修理が必要になった時、修理の依頼先は主に二つ。

考える女性

  • ディーラー(トヨタや日産、ホンダなどの車のメーカー)
  • 中古車屋や、板金・塗装などを含む修理工場

ディーラーと修理工場の比較を含め、ディーラーに車の修理を委託する際のメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。

▶︎あわせて読みたい:事故車を修理に出すまでの流れとは?

ディーラーと修理工場の違いとは

車の修理をする際によく耳にするのが「ディーラー」という言葉。なんとなくディーラーに関するイメージを持っていても、実際にどのようなものであるのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。

車3台

前述したとおり、ディーラーは日本ではトヨタやホンダ、日産などの自動車メーカーのことをいいます。海外で有名なのはベンツやBMW、プジョーやシボレーなどが挙げられます。

ディーラーに修理を依頼すると、故障している箇所だけでなくその他の部分もチェックして故障箇所以外の修理や部品の交換を行うことがあります。それに対し、修理工場では、依頼した故障箇所のみ修理を行います。また、ディーラーは新品・純正の部品を使うことが多いのに対し、工場はその車にあった中古の部品を使って修理することもあるようです。

専門性の高い板金修理作業

ディーラーは、板金修理を自社では行わないことがあります。なぜかというと、板金作業は実に専門性が高いからです。依頼者が満足する仕上がりにできるのは、板金塗装の作業を日頃からやっている工場であるといえます。そのためディーラーも、板金修理を自社で行わず、板金工場に依頼します。

板金とは……
車のドア、バンパーの傷や凹みを内側から叩いて元どおりに戻す専門性の高い作業のこと。

料金が違うディーラーと修理工場

ディーラーに修理を委託すると、ディーラーが修理工場に修理を依頼することになります。そのため、修理工場に直接修理を依頼する場合に比べて、ディーラーに中間手数料を支払わなければならなくなってしまいます。すると必然的に、修理工場に直接依頼することに比べて、料金が高くなってしまうようです。

ディーラーに頼む場合のメリット・デメリット

修理のコストはできるだけ安くしたいとみなさん思いますよね。安いところを探そうと、色々な修理工場に見積もりを依頼すると見積もり手数料が多くかかってしまいます・そのため、とりあえずディーラーに依頼する方も多いそうです。ディーラーに修理を依頼する場合のメリット・デメリットについてまとめました。

車を指さすビジネスマン

ディーラーに依頼するメリット3つ

  • 1.担当者が最初から最後まで遂行してくれるため、精神的負担が少ない
  • 2.こちらの要望に対して丁寧に対応してくれる
  • 3.しっかりと整備されていて、きれいな代車を使用できる

ディーラーは、できるだけスケジュール通りに作業を遂行してくれます。担当者に入庫から作業終了まで依頼することができるので、精神的負担は少ないといえます。お仕事や家事・育児などで忙しい方は、安心して作業を任せられるのではないでしょうか。車の購入時や納車時に関わったディーラーの担当者が対応してくれるといった点でも安心して修理を依頼することができますよね。

ディーラーに依頼するデメリット

ディーラーに修理を依頼すると、板金・修理工場に比べて料金は高くなります。なぜかというと、ディーラーが修理工場に依頼するための中間手数料がかかってしまうからです。中間手数料は、一般的に5〜15%ほど、高い場合では30%ほどを課している場合もあるそうです。

事故車両の修理をディーラーまとめ

ディーラーに修理を依頼すると、やはり金額は修理工場に直接依頼する時に比べて高くなってしまいます。それでも、面識のある方と安心のやり取りができ、時間の融通も効くなどの様々なメリットからディーラーに依頼する方もいらっしゃるようです。

ディーラー

交通事故は、怪我人が出ていなくとも精神的負担が大きいものです。交通事故の処理は、保険会社が介入してくれても煩雑なものが多く、面倒だからです。
そんなときは少しでも自分にかかる負担を減らすために、修理の進行をディーラーにお願いしてみてくださいね。

交通事故でお悩みの方へ

交通事故病院は、交通事故で悩むすべての方に向けた無料の相談窓口です。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

フリーボイス 無料
0120-963-887
まずはお電話でお気軽に無料相談!【9:00〜22:00】
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。