2017.08.09

交通事故による車の修理、期間はどのくらいかかる?

交通事故にあってしまい、車体が破損した場合は修理に出すことが多いですよね。しかし、修理期間に関して全く検討もつかないという方が多いのではないでしょうか?そこで、今回は交通事故による車の修理にかかる期間の相場をまとめました。

交通事故で、車が破損してしまった…


交通事故は日常的に経験するものではないため、交通事故後の処理や怪我を診てもらう場所、示談金に関してなど分からないことが多いのではないでしょうか。

車を修理に出したあとの流れと、破損しているパーツや破損の程度による修理期間の違いを知ることで、交通事故による車体修理の期間を把握しやすくなります。

車を修理に出すときの流れ


車を修理に出した後に、まずは保険会社の担当者が被害状況を確認するために車体の写真を取りに行きます。この写真を基に、保険会社がいくらぐらい損害賠償金を支払うか決めるので、この写真撮影は保険会社とご自身の双方にとって大事な過程となります。

写真を撮る前に修理をしてしまうと、正確な被害状況が分からないので、基本的には写真を撮った後に修理を開始します。担当者の手が空いている場合は、すぐに写真を撮りにいってくれますが、中には1人で20~30件を担当している方もいるので、写真撮影に時間がかかる場合もあります。

写真を撮ったら板金屋が被害状況を確認して修理の見積もりを出します。見積もった結果、取り換えるパーツなど必要な部品が揃っていれば修理を開始しますが、足りない場合は必要な部品を発注して取りそろえます。部品が揃い、板金屋の手が空いたらいよいよ修理をしてもらえます。
保険会社の担当者が忙しく、必要な部品の調達にも時間がかかり、板金屋も忙しかった場合、修理は長期間に及びそうな感じがしますよね。

破損部位や程度による修理期間

  • フロントバンパー:2日間程度
  • リアバンプ:4日間程度
  • クォーターパネル:5日間程度
  • ドア:5日間程度
  • ガラス補修:2週間程度
  • タイヤ、アルミホイール:1日程度
  • エンジン:1週間程度
  • フェンダーの塗装:1週間程度

保険会社の担当者を考慮せず、部品が揃っていて、更にすぐに修理をしてもらえる場合の目安です。
例えば希少な車種に乗っている方などは部品の取り寄せに時間がかかるでしょうし、大量生産されている車種ならすぐに修理してもらえるかもしれません。
保険会社の担当者の状況や部品の取り寄せにかかる期間、板金屋の忙しさ、更には破損の程度で修理期間は大きく変わることもあります。
中には、保険会社との交渉で揉めた結果、修理開始が遅れ、修理自体も途中で何度か中断した結果三ヶ月以上かかったというケースもあるぐらいです。

まとめ

修理期間が思っていたよりも長期間に及ぶ場合は不安になるでしょうし、生活も不便になると思います。保険会社の関係や、部品の取り寄せなど、修理に長時間かかっている理由が分かれば少しでも不安が軽減されるかもしれませんね。
また、修理期間中に使用する代車のレンタル料金も賠償してもらえるので、代車を使うなどして生活の便利さを維持すると良いでしょう。

お問い合わせ

予期せぬアクシデントが交通事故です。初めての交通事故でどうして良いか分からない。
そんな方々を知識面、治療面から完全サポート致します。

お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が付与されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
加盟・掲載ご希望の方へ

交通事故病院は、交通事故で悩む全ての方に向けた相談窓口です。 登録を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話ください 0120-963-887

交通事故病院は交通事故で悩む全ての方の相談窓口です。
登録ご希望の方はお気軽にお電話ください。