×

Q.全治3週間の交通事故による怪我。本当に痛みが治まるのか心配

2017.04.13 捻挫 打撲 診断書 被害者 交通事故

ユーザー

この間、交通事故の被害にあいました。

救急で総合病院に運ばれ、外来を受診しました。病院の先生からは、頚椎捻挫、左下肢打撲、腰椎捻挫で全治3週間という診断書をもらいました。
今後2週間は、安静にしていてくださいといわれています。

また、1ヶ月分の痛み止めを処方され、次の予約は1ヶ月後です。その間は、ケガの治療をしなくてよいのでしょうか。
現在、腰の痛みと左足にしびれがあります。

不安なので、保険会社の人に病院を変えたいと伝えているのですが、あまり相談に応じてもらえません。

(男性 / 40代)F.Uさんからの相談
サポート
相談員

A.相談員の回答

病院では、湿布や痛み止めの処方が一般的です。
そのため定期的に治療を受けるわけではなく、相談者F.Uさんのように安静にしている、様子を見るなどの経過観察がメインになります。

けれど、実際に怪我を負った相談者F.Uさん自身は、不安になってしまいますよね。

交通事故による怪我は、その症状によって治療・通院期間が異なります。一般的には、病院で2週間と診断される怪我もあれば、半年やそれ以上の場合も。

交通事故病院では、痛みのある箇所を直接確認しながら施術をしてくれる整骨院をご案内しております。
痛みが治まらないとのことなので、一度整骨院の先生に相談してみるのがよいでしょう。施術を受ける前に、相談のみのも可能です。治療・施術内容はもちろん、通院期間についての目安なども聞いてみるのがよいでしょう。

保険会社の担当の方は、あくまでも加害者側の窓口です。交通事故に詳しい先生に相談することで、その知識や一般的な意見も聞くことができるので、まずはお話することからはじめてみましょう。ご自宅や職場から近い整骨院をお探しいたします。

サポート
相談員

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

今回案内した整骨院はこちら!

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧