×

2018.11.08 被害者 施術・治療 むち打ち 医者・ドクター 後遺症

むちうちによる頭痛の感じ方は天気に左右される?治療の仕方も解説!

交通事故で怪我を負うと、「むちうち」と診断される方が多いようです。むちうちの症状は、首の痛みや肩こりだけではありません。

事故後に頭痛が酷いなと感じた場合は、むちうちの可能性もあります。むちうちによる頭痛の症状は、天気によってあらわれ方が変化することもあるようです。

そこで今回は、むちうちによる頭痛の症状について解説していきます。

事故後に発症する怪我で多いのはむちうち?

頭痛がする後ろ姿の女性

交通事故にあうと、骨折や打撲、むちうちなどの怪我を負うことがあります。その中でも、事故で最も多いのは、むちうちだといわれています。

軽症者に占める主たる損傷部位が頚部である者の割合は相対的に微増傾向で、平成25年には60%を上回り、他の受傷部位とは全く異なる様相を呈していることから、むち打ち損傷は現在に至るまで交通事故で最も多く発症する傷病である

交通事故による いわゆる“むち打ち損傷”の治療期間は長いのか ―損害賠償を含む心理社会的側面からの文献考証―

上記のように、事故で損傷した部分が頚部(首)のある人は、軽症者のうち60%を占めており、少し増加傾向にあるようです。したがって、半数以上が首のむちうちの怪我を負っていることがわかります。

むちうちになる原因と症状

むちうちは、事故の衝突時に受ける衝撃が原因で引き起こるものです。事故に受けた衝撃で首が鞭のようにしなり、首周辺の筋肉や靱帯などが損傷してしまうため、痛みや違和感などがあらわれます。

むちうちであらわれる症状は、首の痛みや肩こり、腰痛だけではありません。以下のような症状があらわれることもあります。

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 耳鳴り
  • 手足のしびれ
  • 身体の麻痺
  • 知覚障害
  • 歩行障害      など

このように、むちうちになると様々な症状があらわれ、風邪と勘違いしてしまいそうな頭痛の症状まであらわれます。では、何故むちうちで頭痛の症状があらわれるのでしょうか。以下で、詳しく解説していきたいと思います。

むちうちによる頭痛の症状について

悩む女性

むちうちによる頭痛の症状は、バレー・ルー症状型の可能性があります。むちうちには、バレー・ルー症状型の他にも、頚椎捻挫型や神経根症状型脊髄症状型があります。

バレー・ルー症状型は、事故の衝撃によって自律神経まで傷ついている状態です。バレー・ルー症状型かどうかの診断は、以下の4つで判断することができます。

  • ①自覚症状はあるが、他覚的所見がみられない
  • ②星状神経節ブロックで、症状が緩和された
  • ③レントゲンの検査で骨折や脱臼を負っている様子がない
  • ④首付近にある椎骨動脈が血流不全を起こし、頚椎の衰えが認められる

そして、むちうちによる頭痛は、後頭部を中心に頭全体が絞めつけられるような痛みを感じることが多いです。

むちうちによる頭痛は天気の影響を受ける?

疑問1

むちうちの頭痛は、天気によって症状が軽くなったり、悪化したりする特徴があります。特に、雨や曇りの日などで頭痛が悪化してしまうようです。

その理由は、気圧の変化で筋肉が収縮し、血管が圧迫されてしまうことが原因です。それによって、血行の流れが悪くなり、頭痛が悪化してしまうのです。

むちうちによる頭痛の治療について

むちうちによる頭痛の治療は、痛み止めの服用、湿布を貼る、電気療法、牽引、マッサージなどのむちうちに対して行われる治療とほぼ変わりません。しかし、むちうちによる頭痛には、「星状神経節のブロック(せいじょうしんけいせつぶろっく)」という治療がおすすめです。

星状神経節のブロックによる治療は、星状神経節という首の前にある交感神経に麻酔薬を注射し、神経の緊張を和らげ、上半身の血行を促す注射です。むちうちによる頭痛は、自立神経の損傷により、血行が悪くなることであらわれる症状のため、星状神経節のブロックの治療がよいとされています。

星状神経節のブロックの治療は、注射を打つ部分に消毒をし、30秒程度で終了します。痛みも「チクッ」とする程度なので、強い痛みはないといわれています。注射を打った後は、20分程度ベッドにて安静にしなければなりません。

医師のストップ

また、星状神経節のブロックの治療後は、以下の2点に注意が必要です。

  • 注射を打って6時間以内の入浴を避けること
  • 注射を打った当日は、激しい運動を避けること

また、むちうちの通院先としては、整形外科や整骨院、鍼灸院が一般的です。それぞれの通院先の違いについては、以下のリンクを参考にしてください。

▶︎参考:むちうちにおける3つの通院先について知りたい方はこちら

むちうちによる頭痛は後遺症に注意!

むちうちの頭痛は、治療を受けなければ治りません。場合によっては、頭痛の後遺症が残ってしまう可能性もあります。

むちうちによる頭痛は、神経の症状であるため、後遺症なのかという判断が難しいといわれています。レントゲンやMRIなどの検査では、身体の異常を発見することができないこともあるため、その場合は神経学的検査を受けることおすすめします。

むちうちによる頭痛の症状についてのまとめ

嬉しい女性

いかがでしたか。交通事故が原因でむちうちになることもあり、一見風邪のような頭痛の症状もあらわれます。

また、頭痛の症状はむちうちの中でもバレー・ルー症状型にあたり、自律神経が損傷している状態です。そのため、むちうちによる頭痛で受けるべき治療は、星状神経節ブロックがよいでしょう。

ただし、しっかりと治療を受けなければ、頭痛の症状が後遺症になることもあるので、十分注意してくださいね。

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887