×

2018.09.20 整骨院 整形外科 施術・治療 むち打ち 医者・ドクター

むちうちの頭痛を治したい!効果的な治療や通院の仕方について

交通事故が原因でむちうちになった場合、頭痛の症状があらわれることもあります。では、むちうちによる頭痛の症状は、どのように治していけばよいのでしょうか。

そこで今回は、むちうちの頭痛を治すための治療や通院の仕方などについて解説していきます。

むちうちからくる頭痛の症状について

カルテを持ちながら説明する医師

交通事故による怪我で最も多いのは、むちうちだといわれています。そもそも「むちうち」とは、事故の衝撃によって首が鞭のようにしなり、首周辺の筋肉や軟部組織が損傷することで発症するものです。

むちうちになった場合、以下のような症状型に分類することができ、様々な症状があらわれます。

頚椎捻挫型 主な症状
首の痛みや可動域制限
肩から手先にかけてのしびれ
肩のこり など
バレー・ルー症候群 主な症状
頭痛
めまい
耳鳴り
吐き気 など
神経根症状型 主な症状
首の痛み
腕のしびれ
倦怠感
後頭部や顔面の痛み など
脊髄症状型 主な症状
身体の麻痺
知覚障害
歩行障害 など
脳髄液減少症 主な症状
頭痛
疲れが取れない
イライラする
眠れない など

▶︎参考:5つの症状型について詳しく知りたい方はこちら

このように、むちうちになると頭痛の症状だけでなく様々な症状があわられます。

むちうちによる頭痛の特徴

むちうちによる頭痛の症状は、緊張型頭痛頚性頭痛といわれ、以下のような原因で引き起こされます。

日髙先生:
「首の奥には、頚椎に沿うように、『頚長筋』という筋肉があります。交通事故の衝撃で頚長筋が損傷してしまうと、すぐ近くにある自律神経が刺激され、頭痛の症状が現れます。」

むちうちの頭痛はいつまで続く?適切な治療方法と通院頻度を教えて!

むちうちによる頭痛の場合、頭が絞めつけられるような痛みや目の奥の痛み、頭が重いといった症状を感じるようです。また、むちうちによる頭痛は、痛み止めの薬が効きづらいといわれています。では、どのような治療を受けるべきなのでしょうか。

むちうちの頭痛の治療方法

処方箋を持つ医師

むちうちの頭痛を治療する場合、以下3つの通院先から選んで、通うことをおすすめします。

  • 整形外科
  • 整骨院
  • 鍼灸院

整形外科

整形外科では、医師が治療を行い、痛み止めや湿布の処方、レントゲンやMRIなどの検査、手術を受けることができます。また、損害賠償の請求に必要な診断書を取得することができます。

整骨院

整骨院では、柔道整復師が施術を行い、マッサージや電気療法、牽引などを受けることができます。

しかし、整骨院での施術を受ける場合は、以下の点に注意しましょう。

むちうちの場合は、炎症症状が起きていることも考えられます。炎症がおきている時にいきなり整骨を行うと症状が悪化してしまうことも考えられるので、骨のズレを治す場合であっても、軟部組織の症状が落ち着いてからねじれを整える手順で施術することがセオリーですね。

交通事故のむちうちで頭痛に!施術・治療の方法と後遺症にならないためのポイント

上記のように、炎症が起きているときの整骨院での施術は、症状が悪化することもあります。そのため、まずは整骨院の先生に「整骨院で施術を受けていい状態であるか」ということを相談してみましょう。

鍼灸院

鍼灸院では、はり師や灸師がはりと灸の施術を行います。はりと灸の刺激によって、血流の流れが促されて痛みが緩和されたり、自己治癒力を高めるといった効果が得られます。

保険の手続きについてお悩みの方。交通事故病院に相談してみませんか?
0120-963-887相談無料です

むちうちの頭痛の症状が緩和されない場合は?

悩む女性

「通院先で治療を受けているのに、症状が緩和されない…。」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。その場合、「①2つの通院先を併用する」または「②通院先を変える」ことを検討してみましょう。

①2つの通院先を併用する

交通事故治療では、整形外科と整骨院の2つの通院先に通うことも可能です。整形外科と整骨院を併用することにより、整形外科と整骨院で異なる治療・施術を受けられます。

2つの通院先を併用する場合は、保険会社に「整形外科と整骨院の2つに通院する」ということを連絡するようにしましょう。保険会社への連絡を怠ってしまうと、損害賠償として治療費を請求できなくなってしまう場合があります。

また、同じ日に整形外科と整骨院で治療・施術を受けてはいけません。したがって、整形外科と整骨院へ行く日は、それぞれ別日にするようにしてください。

②通院先を変える

交通事故治療では、正当な理由があれば通院先を変えることもできます。転院先を選ぶ場合は、交通事故治療が得意な「整形外科」または「整骨院」を選ぶことをおすすめします。

また、通院先を変える場合は、必ず保険会社へ連絡するようにしましょう。保険会社への連絡を怠ってしまうと、先程同様、損害賠償として治療費を請求できなくなってしまう場合があります。

むちうちの頭痛は後遺症になる可能性も…

うずくまる女性

むちうちの頭痛は、後遺症として残ってしまうこともあります。その場合は、後遺障害等級認定を申請しましょう。後遺障害等級認定を申請し、等級が認定された場合、等級に応じた後遺障害慰謝料逸失利益を受け取ることができます。

後遺障害等級認定は、「事前認定」または「被害者請求」で行います。事前認定の場合、加害者側の保険会社が、後遺障害等級認定の手続きを進めてくれます。一方、被害者請求は、被害者自身で、後遺障害等級認定の手続きをすすめることになります。

むちうちによる頭痛の治し方についてのまとめ

手を取り合う医師と女性

いかがでしたか。むちうちによる頭痛は、「整形外科・整骨院・鍼灸院」で治療・施術を行うようにしましょう。また、治療を受けているのに、頭痛の症状が治らない場合は、「2つの通院先を併用する・通院先を変える」ことを検討してみてくださいね。

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887