×

2018.10.31 交通事故 被害者 施術・治療 人身事故 むちうち

むちうちの症状には頭痛もある?適切な診断結果を得る方法

交通事故によるむちうちであらわれる症状は、首や肩の痛み、可動域制限、腰痛だけではありません。風邪を引いたときに起こる頭痛の症状もあらわれます。

そこで今回は、交通事故が原因のむちうちの症状の1つである、頭痛について解説していきます。

むちうちで頭痛の症状はあらわれる?

交通事故による怪我で多い「むちうち」は、衝突や追突による大きな衝撃が原因で引き起こります。この事故時の衝撃によって、首が鞭のようにしなり、首周辺の靱帯や筋肉などの軟部組織が損傷してしまうのです。

首に痛みがある女性

むちうちで引き起こる症状は、首の痛み、腰痛、関節の可動域制限などのイメージがあるかもしれません。しかし、以下のような症状もあらわれます。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 倦怠感
  • 知覚障害
  • 歩行障害
  • しびれ
  • 麻痺      など

上記のように、むちうちになってしまうと、様々な症状があらわれます。「風邪かな?」と思ってしまうような「頭痛」の症状もあらわれるので、注意が必要です。

むちうちで頭痛の症状があらわれる原因

交通事故でむちうちになってしまったときに、頭痛の症状があらわれるのは、何故なのでしょうか。その理由は、以下の通り。

近藤先生:
「むちうちによって脊椎が傷つくと、首の骨にズレや歪みが生じてしまいます。すると血流の循環が悪くなり、疲労物質が蓄積され、頭痛の症状があらわれます。」

交通事故のむちうちで頭痛が出る原因〜後遺症を残さないための治療〜

また、むちうちによって引き起こる頭痛は、事故直後にあらわれないこともあります。何故ならば、交通事故直後は突然の出来事で身体が興奮状態となってしまうことが多く、身体の痛みに気づかないのです。

むちうちの診断は難しい

考える医師

むちうちの原因である筋肉や靱帯の損傷は、レントゲンやMRIなどの検査で写らないこともあり、異常なしといわれてしまうこともあります。また、頭痛やめまい、吐き気などは、自覚症状であるため、他人に理解してもらうのは大変です。このような理由で、むちうちの診断は難しいといわれているのです。

むちうちになったら受けるべき診断

むちうちの疑いがある場合は、神経学的検査を受け、「むちうちなのか」の判断をしてもらうことをおすすめします。

神経学的検査とは、神経の異常を調べたり、自覚症状の原因その部位を他覚的に明らかにすることができる検査のことです。むちうちで受けるべき神経学的検査は、以下の通り。

  • スパーリングテスト
  • 握力検査
  • 従手筋力検査
  • 筋萎縮検査
  • 深部腱反射テスト

むちうちによる頭痛を治す方法

むちうちは筋肉や靱帯などの軟部組織の損傷が原因で引き起こるものですが、どのような治療・施術を行えばよいのでしょうか。

むちうちになった場合、以下の3つの通院先で治療・施術を受けられます。

  • 整形外科
  • 整骨院
  • 鍼灸院

通院先は「自分にあった治療・施術が受けられるところ」「通いやすさ」などを基準に選ぶのがよいでしょう。それぞれの通院先の特徴について、以下でご紹介していきます。

病院と街並み

整形外科

整形外科は、医師が治療を行います。受けられる治療は、レントゲンやMRIなどの検査、痛み止めや湿布の処方などです。

レントゲンやMRIなどの検査では、骨に異常がないかを調べていきます。一方、痛み止めや湿布の処方は、生じている痛みを一時的に緩和させることができます。

また、整形外科では診断書を取得することが可能です。診断書は、交通事故の被害者が加害者に損害賠償を請求する際に必要になる書類の1つとなっています。

整骨院

整骨院では、柔道整復師が施術を行います。受けられる施術は、マッサージや電気療法、牽引などです。

マッサージや電気療法で、身体の筋肉を柔らかくして血行を促し、痛みを緩和させていきます。また、牽引は一時的に神経の圧迫を緩和して血行を促し、痛みを緩和させていきます。

一例ですが、整骨院では以下のような施術を行っています。

近藤先生:
「当院では、わずかな骨のズレを見逃さず、そしてお身体に負担がかからないよう、主に手技を用いてアプローチを行なっています。
後遺症を残さないためには、週に3〜4回の頻度で通院していただくと良いかと思います。」

交通事故のむちうちで頭痛が出る原因〜後遺症を残さないための治療〜

▶︎参考:手技療法について詳しく知りたい方はこちら

鍼灸院

鍼灸院では、はり師や灸師が「はり」と「灸」を使った施術を行っています。はりや灸で身体に刺激を与えることで、血行を促し、痛みを抑制させることができます。

むちうちの頭痛は後遺症になることも…

うずくまる女性

むちうちの頭痛は、後遺症になることがあります。後遺症になった場合は、後遺障害等級認定を申請しましょう。

後遺障害等級認定を申請すると、交通事故による後遺症が、1~14等級まである等級に該当するかを判断します。そして、後遺障害等級認定で等級が認定された場合、被害者は後遺障害慰謝料逸失利益を受け取ることができます。

むちうちによる頭痛の症状は、後遺障害等級認定において14級に認定されることが多いようです。後遺障害等級認定における14級の症状は、「局部に神経症状を残すもの」となっています。

後遺障害等級認定の申請は、事前認定または被害者請求で行います。詳しい手続き方法については、以下のリンクを参考にしてください。

むちうちであらわれる頭痛についてのまとめ

壁に寄り掛かる女性

いかがでしたか。交通事故にあい、むちうちとなってしまうと、様々な症状があらわれます。そして、頭痛もむちうちの症状の1つです。

むちうちの頭痛は、しっかりと治療を受けなければ、後遺症が残ってしまうこともあります。その場合は、後遺障害等級認定を申請するようにしましょう。

この記事の執筆者

彩の街法律事務所 弁護士 / 神尾尊礼
2006年東京大学法科大学院卒業後、2007年司法修習修了・弁護士登録。2007年12月森・濱田松本法律事務所、2009年法テラス埼玉法律事務所経て、2012年2月彩の街法律事務所を設立。

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887