2018.04.23 交通事故 むち打ち 慰謝料 手続き 後遺症

むちうちでしびれが…後遺障害との関係

交通事故でむちうちを負うと、首の痛みの他にしびれの症状があらわれる場合もあります。交通事故後にしびれの症状があらわれたら、どのような治療を行えばよいのでしょうか。今回は、むちうちによるしびれの治療方法や、後遺障害認定についてご紹介していきます。

むちうちには種類がある

首に痛みがある女性

交通事故の怪我でよくみられるむちうち…。
むちうちには、首や腰の痛み、めまい、吐き気など様々な症状があります。

むちうちの種類は以下の5つ。

頸椎捻挫型

頚椎捻挫とは、交通事故で首に衝撃を受けたことによって、首の筋肉や靭帯が損傷してしまった状態です。簡単にいうと、「首が捻挫している状態」を指します。むちうちを負う7〜8割の人が、この頚椎捻挫型になるといわれています。

頚椎捻挫型の主な症状
首・肩・背中のコリや痛み など

バレー・ルー症状型

バレー・ルー症状型は、交通事故による衝撃が首の骨を通り越し、自律神経が損傷されてしまった場合に症状があらわれます。

バレー・ルー症状型の主な症状
めまい・耳鳴り・息苦しさ など

神経根症状型

神経根症状型は、交通事故による衝撃で首の骨に歪みが生じ、神経を支える根本部分が損傷された場合に発症します。

神経根症状型の主な症状
首や腕の痛み・(身体の各部位に)しびれ・脱力・後頭部や顔面の痛み など

脊髄症状型

脊髄症状型は、交通事故の衝撃が神経を通り越し、脊髄を直接傷つけてしまった場合に症状があらわれます。むちうちの中で最も重症であるといわれ、後遺症が残る可能性もあります。

脊髄症状型の主な症状
下肢のしびれ・知覚障害・歩行障害・排便が困難になる など

脳髄液減少症

交通事故で体に衝撃を受けたことによって、脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏れ出し、様々な症状を引き起こします。

脳髄液減少症の主な症状
起立性頭痛・聴力障害・倦怠感・下半身まひ など

しびれは神経根症状に分類される

上記で述べたように、しびれは神経根症状に分類されることがわかります。
神経根症状は、神経を支えている根本が伸びたり圧迫されたりして、負荷がかかってしまったときに出る症状です。

したがって、神経の伝達が阻害され、首や手足の痛みや痺れ、筋力の低下、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などの症状が出ます。これらの症状は、咳やくしゃみ、首を横に曲げたり回したり、首や肩を引っ張ったときに強まることがあります。
また、神経根症状型のむちうちは、骨のずれによって神経が圧迫され起こる症状です。よって、放っておくとさらに症状が悪化することがあります。

▶︎参考:むちうちによる足のしびれ。原因は何?
▶︎参考:むちうちの通院先はどこがある?
▶︎参考:交通事故で仕事を休むことに…減収分はどうなるの?

むちうちの通院先3つ

病院

むちうちの治療は、以下3つの通院先で行うことができます。

  • 整形外科
  • 整骨院
  • 鍼灸院

それぞれの通院先がどのように違うのか、以下で説明していきます。

整形外科

整形外科では、医師が治療を行います。
治療内容としては、レントゲンやMRIなどの検査を行い、骨に異常がないかを診てもらうことができます。また、治療を受けても痛みが引かない場合は、痛み止めや湿布の処方もしてくれます。

整骨院

整骨院では、柔道整復師が施術を行います。
施術内容としては、マッサージなどの手技療法や、電気を使った物理療法、動かすことで回復を高める運動療法などがあり、怪我の状態に合わせて施術をしてくれます。

鍼灸院

鍼灸院では、はり師ときゅう師が施術を行います。鍼の施術は「はり師」、灸の施術は「きゅう師」が行います。
人の身体には、約365以上のツボがあるといわれています。鍼や灸を使ってそのツボを刺激することで、リンパや血液の流れが良くなり、機能回復が見込めるといわれています。

上記の通院先であれば、被害者は加害者側の保険会社に、治療費や通院交通費などの費用を請求することができます。加害者の保険を使うからといって、被害者が通院先を選ぶことができないことはありません。交通事故の被害者は、自由に通院先を選ぶことが可能です。

▶︎参考:交通事故で使える保険について詳しく知りたい方はこちら

しびれの症状は後遺障害になる?

頭痛を訴える外国人男性

後遺障害等級の14級に「局部に神経症状を残すもの」、12級に「頑固な神経症状を残すもの」という項目があります。このことから、しびれの症状は重症度により、14級や12級の後遺障害として認められる可能性があります。では、後遺障害について、以下で詳しく説明していきます。

後遺障害とは

交通事故が原因で後遺症になった症状の中で、後遺障害の等級に該当するもののことを指します。
後遺障害にあたる症状がある場合は、後遺障害等級認定を行いましょう。

後遺障害等級認定に必要な5つの条件

以下の5つの条件を満たしていなければ、後遺障害等級認定で認められることは難しいです。

  • ①通院を継続的に行っている
  • ②後遺症が残るような事故であったか
  • ③同じ症状が現在まで続いている
  • ④自覚症状が証明できること
  • ⑤症状が後遺障害の等級に該当している

後遺障害等級認定を申請する前に、5つの条件を満たしているか確認してくださいね。

後遺障害が認定されたらどうなるの?

疑問

後遺障害が認定されると、後遺障害慰謝料と逸失利益というものを受け取ることができます。その詳しい内容はこちら。

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料とは、交通事故が原因で後遺障害が残った場合に被害者が受けた精神的苦痛を、加害者が金銭で補ったものです。
後遺障害には1級〜14級までの等級がついており、これを後遺障害等級といいます。1級が最も重い症状、14級が最も軽い症状となり、症状が重くなるにつれて後遺障害慰謝料の金額も上がっていきます。

後遺障害慰謝料の相場
慰謝料を計算する場合、3つの基準があります。それは、自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準というものです。どの基準で計算するかによって後遺障害慰謝料の金額も異なります。任意保険基準は、各保険会社によってばらつきがあるため、今回は自賠責保険基準と弁護士基準の後遺障害慰謝料の相場を提示します。

等級 自賠責保険基準 弁護士基準
第14級 32万円 110万円
第12級 93万円 290万円

このように、自賠責保険基準と弁護士基準で受け取ることができる金額に差が出ます。したがって、どの基準を使うかをしっかりと考える必要があります。弁護士基準を使う場合は、弁護士費用がかかる場合もあるので、注意が必要です。

逸失利益

逸失利益は、交通事故による後遺障害で被害者の労働能力が低下してしまい、本来得られたはずの利益が得られなくなったことに対する賠償をあらわします。

逸失利益の計算

逸失利益には、決められた計算式があります。

逸失利益=基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

  • 基礎収入:事故前に受け取っていた収入額
  • 労働能力喪失率:後遺障害等級別に決まっている(14級→5%、12級→14%)
  • 労働能力喪失期間:原則として症状固定後から67歳までの年数(※今回のような神経症状の場合、5年程度のように制限することもあります。)
  • 労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数:年数によって決まっている(例:1年→0.952、5年→4.329)

これらは、治療費や入通院慰謝料などとは別に支払われるものです。したがって、慰謝料をさらに増額することができます。
▶︎参考:逸失利益に計算方法とは?詳しく知りたい方はこちら

後遺障害等級認定の手続きについて

保険手続き1

では、後遺障害の等級はどのように認定し、どのように賠償金を請求すればよいのでしょうか。

後遺障害等級認定の手続きの大まかな流れ

①医師から症状固定の診断を受ける。

②後遺障害診断書などの書類の提出する。

後遺障害認定の手続きに必要な書類はこちら。

  • 自賠責保険支払請求書兼支払指図書
  • 交通事故証明書、事故発生状況報告書
  • 診療報酬明細書及び診断書
  • 後遺障害診断書
  • レントゲン、MRI等の画像

※後遺障害等級認定の審査は、書面主義で行われます。書類の内容で証明することになるので、記載漏れや検査に漏れがあると、後遺障害等級に該当している症状も認められなくなってしまいます。

③後遺障害の等級が認定される。

④慰謝料(後遺障害慰謝料と逸失利益)を受け取る。

後遺障害等級認定の手続き方法2つ

後遺障害等級認定を申請する場合、2通りの方法があります。
それぞれの違いについて述べます。

①被害者請求

被害者請求は、文字通り被害者自身が申請の手続きを行う方法です。そのため、被害者自身で必要な書類などを揃えなければなりません。しかし、被害者自身が書類などを揃えることで、納得のいく後遺障害等級認定を得ることができます。
また、後遺障害等級が認定されれば、損害保険料算出機構が賠償金の一部として指定した口座に賠償金を振り込みます。したがって、被害者はすぐに賠償金を受け取ることができます。

②事前認定

事前認定とは、相手の保険会社に申請の手続きを任せる方法です。この方法だと、被害者自身で書類を揃える手間を省くことができます。しかし、申請する過程の把握ができないので、被害者にとっては不安かもしれません。
また、事前認定では、相手の保険会社と示談交渉が終了するまで、賠償金が振り込まれません。

▶︎参考:損害保険料率算出機構とは?
▶︎あわせて読みたい:後遺障害等級認定について弁護士に相談するなら弁護士特約!

しびれの症状は、要注意。

なるほど

いかがでしたか?
むちうちのしびれの症状は、後遺症になる可能性があります。もしも症状固定と診断されたら、後遺障害等級認定をしましょう。後遺障害等級認定が認められれば、入通院慰謝料や治療費とは別に、後遺障害慰謝料や逸失利益を受け取ることができますよ。

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円のQUOカードを支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄