2018.06.25 交通事故 施術・治療 診断書 むち打ち 慰謝料

交通事故による首の痛み!自分でできるむちうちの治し方はある?

交通事故でむちうちになってしまった後、なかなか痛みがひかない……。通院は時間もお金もかかるし、自分で治したい! という方も多いのではないでしょうか。自分で治せる方法はあるか、治療費は請求できるかなど被害者の方に役立つ情報をお届けします!

むちうちってどんなもの?

首

むちうちとは、正式には「頸椎捻挫(けいついねんざ)」や「頚部挫傷(けいぶざしょう)」などと診断されるものです。交通事故やスポーツなどで首が衝撃を受け、むちのようにしなることからむちうちと呼ばれています。首や肩の痛みから、頭痛やめまいなど幅広い症状が起こります。

むちうちの主な種類

頚椎捻挫型(けいついねんざがた)
むちうちの7割を占めるといわれています。首の捻挫で、頚椎(首部分の骨)を支えているじん帯や筋肉が損傷しています。頭痛、首や肩の痛み、首が前後左右に動かないなどの症状があります。

神経根損傷型(しんけいこんそんしょうがた)
脊髄から出ている神経の根元を損傷しています。首の痛み、肩から腕にかけての痛み、知覚障害、しびれ、脱力などの症状があります。

脊髄症状型(せきずいしょうじょうがた)
頚椎の中にある脊髄や、そこからのびる神経が損傷しています。腕や足に、痛みやしびれなどの症状があります。

バレー・ルー症候群型(ばれー・るーしょうこうぐんがた)
自律神経が損傷しています。むちうち動作が原因となりおこったと考えられる自律神経失調症状のことです。頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、難聴などの症状があります。

脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)
脳髄液腔から脳髄液が漏れ、さまざまな症状がでます。慢性的な頭痛や首の痛み、めまい、耳鳴り、聴覚障害、吐き気や視力低下、全身の倦怠感などの症状があります。

むちうちはどこに通院すればいい?

病院 (1)

そもそもむちうちになった場合、どこに通院すればいいのでしょうか?主に「整形外科」「整骨院」「鍼灸院」、3つの選択肢があります。

1.整形外科(せいけいげか)

むちうちは、軽いものから重いものまで症状が幅広いです。また交通事故直後に脳が興奮状態にあると、 すぐに痛みを感じない場合もあります。正確な症状を知り適切な治療を受けるためにも、交通事故にあったらまずは整形外科で医師の診察を受けましょう。
幅広い検査やお薬の処方、診断書の発行は整形外科に行かなければできません。

2.整骨院(せいこついん)

整骨院では、国家資格である柔道整復師が施術を行います。手術やお薬を使わずに、主に手技療法での施術を行います。物理療法や運動療法を用いて施術を行うこともあります。むちうちは骨の損傷ではないため、レントゲンに写るような症状ではありません。整骨院の手技療法は、柔道整復師が直接触れて施術するため症状がわかりやすいメリットがあります。接骨院とは名前は違いますが、施術内容は整骨院と変わりません。

▶︎参考:整骨院での施術方法について詳しく知りたい方はこちら

3.鍼灸院(はり・きゅう/しんきゅういん)

鍼灸院では、国家資格であるはり師・きゅう師が施術を行います。はりやお灸が自律神経系や免疫系に作用し、症状の回復をお手伝いします。

交通事故にあったらまずは整形外科で医師の診察を受けましょう。整骨院や鍼灸院は土日祝日や夜の時間帯に営業しているところもあり、通いやすいというメリットがあります。整形外科への通院が難しい場合は、整骨院や鍼灸院と併用し、自分に合った通院先を選びましょう。

むちうちの痛み セルフケアで治す方法はあるか

むちうちの痛みを「できるだけ自力で治したい」という方もいますよね。ストレッチやマッサージなどのセルフケアで治す事はできるのでしょうか。

急性期と慢性期

素人の施術では、かえって症状が悪化してしまうことがあります。自身でセルフケアを行うことは避けた方がよいでしょう。

むちうちの症状には、急性期慢性期という期間があります。

急性期とは
むちうちを発症してすぐから1週間程度。損傷した部分が炎症を起こしているため安静を保ちましょう。

慢性期
損傷した部分の炎症が落ち着き、本格的な治療が始まります。急性期から慢性期までの期間は、症状の程度によって個人差があります。

それぞれの期間で症状の程度が異なるため、整形外科や整骨院・鍼灸院に通院し、専門家の指示に従いましょう。

むちうちの治療費は請求できる?

お金と車

交通事故では、被害者は加害者に対して損害賠償を請求することができます。損害賠償とは、加害者が被害者に与えた損害を埋め合わせすることです。

被害者が加害者に対して請求できる損害賠償は主に3つあります。

積極損害

積極損害とは、交通事故にあったことで実際に支払うことになったお金のことです。主に治療費や通院のための交通費、手術費などが積極損害にあたります。

消極損害

消極損害とは、交通事故にあわなければ被害者が得られるはずだったお金が、減少してしまった場合に発生する損害です。消極損害には「休業損害」と「逸失利益」の2つがあります。

  • 休業損害
  • 休業損害とは、交通事故によって仕事を休むことになり、収入が減った場合の損害です。交通事故によって、減少してしまった減収分が補われます。

  • 逸失利益
  • 交通事故による怪我が後遺障害となり、今までどおり働けなくなる場合があります。逸失利益とは、交通事故にあわなければ将来得られたはずの収入の損失分のことです。

慰謝料

慰謝料とは、交通事故によって被害者が受けた精神的苦痛を、加害者が金銭として補ったものです。

損害賠償請求には診断書が必要

被害者が加害者に損害賠償請求を行うには、事故によって怪我を負ったことを示す診断書が必要になります。診断書は医師のみが作成できます。整骨院や鍼灸院では作成してもらえません。まずは医師のいる整形外科を受診しましょう。
被害者が加害者に損害賠償を請求することを「被害者請求」と言います。通常は、加害者側の保険会社が被害者に損害賠償する「加害者請求」が行われます。そもそも損害賠償の請求には「被害者請求」「加害者請求」があります。

▶︎参考:被害者請求の方法について詳しく知りたい方はこちら
▶︎参考:加害者請求の方法について詳しく知りたい方はこちら

やはりむちうちには通院

ポイント!

いかがでしたでしょうか。むちうちの症状は軽いものから重いものまで幅広く、長引くと大変ですよね。通院先には整形外科のほかに、整骨院や鍼灸院という選択肢もあります。
また、治療費や通院交通費、慰謝料などの損害賠償も請求することができます。損害賠償の請求には医師の診断書が必要です。まずは整形外科で医師の診察を受け、診断書の取得を行いましょう。

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円のQUOカードを支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄