×

2019.01.17 交通事故 整骨院 整形外科 むち打ち 自賠責 監修記事

むちうちの治療は、何科に行くべき?

「交通事故にあった。気になるほどではないけれど、少し首が痛い。診てもらったほうがいい?」

答えはイエス
その症状、もしかしたら、むちうちかもしれません。

むちうちは、首の痛みや肩のこりといった症状だけではありません。めまいや倦怠感など、むちうちが原因だと思われにくい症状も。

「どこに診てもらえばいいの?」
「そもそも、むちうちってどんな症状?」
「治療費や通院費は自腹なの?」

思いもよらない交通事故に、疑問や不安は絶えませんよね。

そこで今回は、交通事故によるむちうちの症状や施術方法、通院期間について、ながおさくら鍼灸整骨院の院長を務める高場泰弘先生に監修してもらいました。

ながおさくら鍼灸整骨院記事バナー2

むちうちとは?

ひよこを乗せたしまうま

むちうちとは、交通事故やスポーツで衝撃を受けたとき、首が鞭のようにしなり、筋肉や靭帯、血管などが損傷する症状のことをいいます。
一般的にはむちうちといわれていますが、正式名称は「頚椎捻挫」または、「外傷性頚部症候群」といいます。

交通事故でむちうちを負ってしまった場合、主にどのような症状があらわれるのでしょうか。

交通事故による衝撃の程度によって症状は様々ですが、主に首や肩、背中に痛みがあらわれることが多いです。レントゲンを撮った際に骨に異常がなくても、軽微な衝撃で筋肉や神経を傷つけることもあります。中には頭痛や吐き気、めまい、手のしびれ、顔の痛み、耳鳴り、不眠などを訴える方もおられます。

1.むちうちの症状型について

むちうちは、以下5つの症状型に大きく分類されています。

  • 頚椎捻挫(けいついねんざ)
  • バレールー症状型
  • 神経根症状型
  • 脊髄症状型(せきずいしょうじょうがた)
  • 脳髄液減少症

2.頚椎捻挫型(けいついねんざ)

頚椎捻挫とは、いわゆる「首の捻挫」のことで、頚椎の周辺にある筋肉や靭帯、軟部組織が損傷されることによって、症状が引き起こります。むちうちになった7~8割の人が、この頚椎捻挫型になるといわれています。

頚椎捻挫型による主な症状は、以下の通りです。

  • 首・肩・背中のこりや痛み
  • 首や肩の可動域が制限される

3.バレー・ルー症状型

バレー・ルー症状型は、交通事故による衝撃が首の骨を通り越し、自律神経が損傷された場合に、引き起こる症状です。

バレー・ルー症状型による主な症状は、以下の通りです。

  • めまい
  • 耳鳴り
  • 息苦しさ

▶︎参考:交通事故後、吐き気が止まらない…それはむちうちかもしれません。

4.神経根症状型

交通事故による衝撃で頚椎の並びにゆがみが生じ、神経の根本が引き伸ばされたり圧縮による負荷を受けた場合、神経根症状型は発症します。

神経根症状型による主な症状は、以下の通りです。

  • 首の痛み
  • 腕の痛みやしびれ
  • 倦怠感

5.脊髄症状型

脊髄症状型は、交通事故の衝撃が脊髄まで到達し、損傷された場合に引き起こります。
むちうちの中で最も重い症状といわれ、後遺障害が残る可能性も高いといわれています。

脊髄症状型による主な症状は、以下の通りです。

  • 下肢のしびれ
  • 知覚異常
  • 歩行障害

6.脳髄液減少症

脳髄液減少症は、交通事故によって首や頭に衝撃を受け、脳髄液が減ることによって症状が引き起こります。

脳髄液減少症による主な症状は、以下の通りです。

  • 全身の痛み
  • 聴力・視覚障害
  • 倦怠感
  • 耳鳴り

疑問:何故むちうちの痛みは事故直後に現れない?

交通事故後は、身体が興奮状態にあるため、痛みに気づきません。そのため、事故から数時間、数日経って現れることがあるのです。

それぞれであらわれる症状が変わってくるため、自分がどの症状なのかを確認することも、今後治療を続けていく上では大切です。

むちうちは、交通事故後、時間が経過してから痛みや違和感などの症状があらわれることも、多々あります。交通事故にあったら、体に異常がない場合でも、必ず病院へ行くようにしましょう。

7.むちうちの症状を診断する方法

先程、むちうちであらわれる症状をご紹介しましたが、レントゲンやMRIで異変を確認できる症状ではありません。そのため、むちうちの症状があるにもかかわらず、医師に「異常なし」と診断される場合もあります。

そのため、レントゲンやMRIだけでなく、以下のような検査を受けるとよいです。

  • 握力テスト
  • 深部腱反射検査
  • スパーリングテスト
  • ジャクソンテスト    など

上記の中で、むちうちの検査方法として最も重要視されるのが、深部腱反射検査です。

深部腱反射検査とは、太い骨につながる腱を打腱器で叩き、反射の反応があるかどうかをみます。むちうちの怪我を負っている場合、神経に異常があるため、反射の反応がありません。反射の反応は、検査を受ける人の意思と関係なくあらわれる反応であるため、医学的な検査として有効とされています。

むちうちの治療期間の目安は約1~3か月

むちうちと診断された場合、週1なのか、それとも毎日なのか、あるいは隔週なのか。
「どのくらいの頻度」で「いつまで通院」すれば症状がよくなるのかも気になるところですよね。
ここでは、「通院頻度」「治療期間(通院期間)」について述べていきます。

1.むちうちの治療頻度と治療期間

治療院のベッド

むちうちと診断された場合の「通院頻度」と「通院期間(治療期間)」は、以下の通りです。

  • 通院頻度:最低でも「週1回」
  • 通院期間:一般的に「1〜3ヶ月」(長くても6ヶ月)

通院頻度や通院期間は、交通事故の状況や怪我の度合いによって変動するものです。そのため、あくまで目安として覚えておいてください。早めに通院を終えたいのであれば、定期的に通院し、都度、状況を判断してもらうことをおすすめします。

また、通院頻度は、保険会社からの治療費の打ち切りにもつながります。できるだけしっかりと通院するようにしましょう。

▶︎参考:むちうちの治療期間はいつまで?慰謝料打ち切りにならないための通院頻度とは

2.むちうちが治るまでに時間がかかるのは何故?

むちうちは、レントゲンに異常がなかったり、症状にも気づきにくいですよね。それは、骨や神経に異常があるわけではなく、筋肉や腱、靭帯が損傷しているからです。これらはレントゲンにうつらないので、異常なしという診断結果になってしまいます。よって軽い症状だと捉えてしまう人が多いのです。

では、どうして治るまでに時間がかかるのでしょうか?わかりやすくまとめてみました。

むちうちうの治療が長引く理由3つ

  • 身体的な理由で長引く
    例:頸椎の衰え、持病がある(後縦靱帯骨化症、脊柱管狭窄症など)
  • 精神的・心理的な理由で治療が長引く
    例:不安や悩みでうつ病になってしまう
  • 生活習慣による悪化
    例:知らず知らずのうちに痛みのある部分に負担がかかっていた

上記のことから、むちうちが完治するまでには最低1ヶ月は必要と覚えておきましょう。

むちうちの通院先と治療方法

交通事故でむちうちを負ってしまったら、どこへ通院すればよいのでしょうか。
むちうちの症状に詳しい通院先は、主に3つ。

  • 整形外科
  • 整骨院
  • 鍼灸院

それぞれで、持っている資格や、受けることのできる治療・施術内容が変わってきます。
詳しく見ていきましょう。

▶︎あわせて読みたい:むちうちの治療にはどれくらいの期間がかかる?

1.整形外科の治療方法

交通事故にあったら、まずは整形外科に行き、医師の診断を受けましょう。

整形外科に行き、症状を診てもらうことで、診断書(※)を取得できます。
診断書は、物損事故から人身事故に切り替える際や、保険金の受け取りにも必要な、大切な書類となります。

肩が痛い女性

治療内容としては、レントゲンやMRIの精密医療機器を使って、骨に異常があるか診てもらえます。治療を受けても痛みが引かない場合は、湿布や痛み止めを処方してくれます。

※医師のみが作成できる書類。内容としては、病名や症状、怪我の治療期間の見通し、病院名などが記載されている。

2.整骨院の治療方法

整形外科への通院を続けても、症状がよくならない場合は、整骨院への転院も可能です。
転院する場合は、保険会社から転院の許可を得てからにしましょう。

背中をマッサージする手

整骨院では、国家資格の1つである柔道整復師が施術を行います。具体的に、どのような施術を行なっているのでしょうか。

むちうちの症状には、「急性期」と「慢性期」という2つの時期があります。

急性期は炎症を起こしている可能性があるため、まずはアイシングを行なって炎症を抑えます。そして、直接患部に触れるような施術ではなく、周辺の筋肉に対してアプローチする施術を行います。

炎症が治り慢性期になれば、ホットパックや低周波治療機器を使用し、血行の流れを促進させます。また、直接患部に刺激を与えるような施術を行います。

柔道整復師が行う手技の種類は3つ。

整復法

整復法とは、骨折したり、肩などの関節が外れたりした場合、手で揉んだり伸ばしたりして、元の状態に戻すために操作する技術のことをいいます。

固定法

固定法とは、骨折や脱臼などをしてしまった場合、包帯やギブスなどを使って、痛みのある箇所を固定し、回復を図る施術方法のことをいいます。

後療法

後療法とは、損傷した組織を回復させる施術方法です。

    電気や光などの物理エネルギーを利用して、刺激を与える「物理療法」
    運動することにより、機能の回復を高める「運動療法」
    手で痛みのある個所に触れ、自然治癒力を引き出す「手技療法」

の3種類があります。

▶︎参考:整骨院が行う電気治療、一体どんなものがある?

3.鍼灸院(しんきゅういん)の治療方法

人の身体には、約365以上のツボがあるといわれています。鍼灸院では、そのツボに対して、鍼や灸を使って刺激を与え、身体のバランスを整えます。

鍼の施術をしている様子

鍼灸院には、「はり師」と「きゅう師」が在籍しています。鍼での施術ははり師、灸での施術はきゅう師が行います。

鍼(はり)

きわめて細い鍼を身体に刺し、ツボの刺激をすることで、体が反射を起こします。この反射によって、血流の流れを良くしたり、老廃物を体内へ排出したりします。

艾(もぐさ)(※)を用いて、体の表面に温熱的刺激を加えます。刺激によって起こる生体反応を利用することで、免疫力を高めたり、痛みを抑える効果が期待できます。

(※)乾燥させたヨモギの葉の裏にある白い綿毛を精製したもの

▶︎参考:むちうちの治療方法について詳しく知りたい方はこちら

それぞれの医療機関で受けられる治療・施術内容、お分かりいただけたでしょうか。
ご自身の怪我をしっかりと把握し、適切な通院先を選択するようにしましょう。
通院先をお探しの際は、交通事故病院へご相談ください。通いやすい条件にぴったりの通院先をご紹介いたします。

▶︎参考:むちうちの治療を受ける際に気を付けることとは?

▶︎参考:交通事故でむちうちに。自分でできるセルフケアってある?

被害者は通院費や治療費の支払いを受けることができる

¥が3つ浮かぶ空

被害者は、怪我に対しての不安の他にも、「通院先への通院交通費や、治療費はどうなるの?」という心配も出てくるかと思います。

基本的に、交通事故の被害者は、慰謝料や治療費の支払いを受けることができます。

慰謝料の支払いを行うのは、加害者側の保険会社または、加害者本人です。

まず、加害者側の自賠責保険か損害賠償が支払われ、自賠責保険の限度額を超えた場合は、加害者側の任意保険会社が補填します。

    自賠責保険
    車の運転者すべてに、加入が義務付けられている保険です。自賠責保険が支払うことのできる損害賠償の限度額は、120万円です。また、自賠責保険が適用された場合、通院1日につき4,200円の慰謝料が発生します。

    任意保険
    車の運転者が、自分の任意で加入する保険です。車などのモノの破損に対して、損害賠償が支払われます。また、支払う賠償金額が自賠責の限度額を超えた場合、自賠責で補えなかった部分を補填する保険でもあります。加害者が任意保険に加入していない場合は、加害者本人に慰謝料を請求します。

1.請求できる損害賠償の種類は2つ

ぶつかる赤と白の車

これまで書いてきた慰謝料や治療費、通院交通費などは、損害賠償に含まれています。

    損害賠償とは

    交通事故によって、怪我を負ったり精神的苦痛を受けた被害者に対して、その原因をつくった加害者が、損害の埋め合わせをすること

損害賠償には、大きく分けて精神的損害財産的損害があります。

2.精神的損害(慰謝料)

精神的損害とは、交通事故が原因で被害者が受けた、精神的苦痛に対する損害賠償です。一般的には、慰謝料といわれています。

割れたハート

精神的損害で受け取ることのできる賠償金は、入通院慰謝料と、後遺障害慰謝料の2種類です。

    入通院慰謝料
    被害者は交通事故で怪我を負ったことで、精神的苦痛や肉体的苦痛に耐えなければいけません。また、怪我を治療するために、通院や入院を強いられる場合もあります。入通院慰謝料は、これらの損害に対する迷惑料のようなものです。

    後遺障害慰謝料
    交通事故の怪我は、後遺症になってしまう場合があります。
    後遺症は、ある程度の治療を受けても、それ以上怪我の症状が良くならない状態を指します。

    後遺症は、いくつかの条件を満たすことで後遺障害に変わります。
    後遺障害には1級から14級まで等級があり、この等級によって、支払われる賠償金額が変動します。1級が最も高い金額となり、14級が最も低い金額となります。

▶参考:後遺症から後遺障害に変わる条件

3.財産的損害

財産的損害とは、交通事故にあう前の財産状態と、交通事故にあってしまった場合の財産状態の差を表します。

ぶつかる赤と白の車

財産的損害で受け取ることのできる賠償金は、消極損害と、積極損害の2つ。

    消極損害
    交通事故にあったことによって失ってしまった、本来得られるはずの利益を、消極損害といいます。消極損害には、休業損害(※1)や、逸失利益(※2)が含まれています。

    積極損害
    交通事故にあったことにより、出費を余儀なくされたことによる損害を、積極損害といいます。
    治療費や通院交通費、入院費、車いすなどの器具購入費などが含まれています。

(※1)交通事故にあったことにより、仕事を休まなければいけなくなった場合、休業期間に減った収入や利益を補償するもの。
(※2)交通事故にあい後遺症になったことにより、思い通りに働くことができず本来得られるはずだった所得の減少を補償するもの。

慰謝料を受け取れるのは人身事故のみ!

人身事故にあった子ども

交通事故にあったら、まずは人身事故扱いにしましょう。交通事故の怪我に対して、慰謝料が支払われるのは、人身事故の場合のみです。物損事故のままですと、治療費や通院交通費は支払われません。

1.人身事故と物損事故の違い

人身事故と物損事故には、どのような違いがあるのでしょうか。

人身事故

交通事故により人が怪我をしたり、または死亡する事故。車や公共物などのモノが破損していても、人が怪我をしていたら、それは人身事故です。

物損事故

交通事故により、車やガードレールなどの公共物だけが破損し、人に対して被害はない事故。

2.物損事故から人身事故に切り替える方法

交通事故にあったら、加害者は物損事故で処理をしたがる場合があります。なぜなら、物損事故は、モノに対する修理費などを支払うだけでよいので、支払う賠償金額を抑えることができるからです。

しかし、加害者の言う通りにする必要はありません。物損事故のままだと、被害者に対しての慰謝料は支払われなくなります。つまり、通院交通費や治療費は、被害者が自費で支払うことになるのです。

電柱にぶつかる黄緑色の車

物損事故から人身事故へ切り替えるには、警察署に診断書を提出します。
診断書の提出に法的な期限はないですが、事故発生後から10日以内を目安に行うようにしましょう。それ以上の期間が経過すると、事故と怪我との因果関係が明らかではないという理由で、人身事故への切り替えを行ってくれない警察署もあるためです。

3.慰謝料の計算方法

まず、上記で書いた財産的損害や精神的損害、慰謝料の計算を行います。

電卓とメモ

賠償金の計算方法には、3つの計算基準があります。

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

3つの基準を元に計算した金額を、加害者側の保険会社に伝えると、加害者側の保険会社と被害者の間で示談交渉が始まります。

4.慰謝料の請求方法

被害者に慰謝料が支払われるのは、加害者側の保険会社との示談(※1)が終了してからです。

示談が終了したとしても、その直後に慰謝料が支払われるわけではありません。
示談終了後に、加害者側の保険会社から被害者に、示談書(※2)の案が送られてきます。
被害者は、届いた示談書の案をよく読み、納得したら署名・押印をし、加害者側の保険会社へ送り返します。

握手して和解した二人

保険会社のもとに示談書が届いた後は、事務的な手続きが行われ、被害者の指定した口座に賠償金が支払われます。一般的に、示談書の案が届いてから入金されるまで、2週間ほどの期間を要するといわれています。

被害者と手続きをする保険会社は、加害者側の任意保険会社です。
もしも、加害者が任意保険に加入していない場合は、加害者本人と示談を行います。示談交渉によって話がまとまったとしても、賠償金を一括で支払えるほどの資金が加害者にない場合、加害者から分割で支払われるのを待つしかありません。

(※1)加害者側の保険会社と被害者が話し合い、最終的に被害者に支払われる、賠償金額を決定すること。
(※2)事故が起こったという事実や示談内容、支払い金額や支払い方法などが記載されている書面。

この記事の執筆者

交通事故病院編集部 ライター / T.S
大学を卒業し、出版社で取材や編集業務を経験。その後、WEBメディアの執筆に転向し、事故に関する様々な知識を多くの人に届けるべく、日々邁進中。現在は、交通事故専門士の資格を取得するために勉強をしている。座右の銘は、格物究理。

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧