×

更新日:2019.03.14 交通事故 人身事故 むちうち 慰謝料 自賠責

後遺症を残さないための、むちうちの治療方法!

交通事故の怪我で多いむちうちは、種類や症状は様々。首や肩がこったような感覚になったり、だるさや吐き気などの「風邪かな?」と思うような症状も。
交通事故の被害にあったら、痛みや違和感がなくとも、医療機関へ行くことが重要です。
「どこで治療を受けられるの?」「どんな治療方法なの?」という疑問をお持ちの方は、ぜひこの記事をお読みください。

むちうちの症状と通院先

むちうちとは、追突事故などの交通事故やスポーツの衝撃によって、首に不自然な力が加わることで起こる症状です。首に力が加わる際に、首が鞭(むち)のようにしなることから、「むちうち」と呼ばれています。
一般的にはむちうちと呼ばれていますが、正式名称は「頚椎捻挫(けいついねんざ)」「外傷性頚部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」といいます。
肩が痛い女性

むちうちの種類別症状

むちうちには、いくつかの種類があり、それぞれで起こる症状が変わります。

  • 頚椎捻挫型
  • バレー・ルー症状型
  • 神経根症状型
  • 脊髄症状型

それぞれの症状を、詳しく見ていきましょう。

頚椎捻挫型

むちうちになる大半の人が、この頚椎捻挫型といわれています。頚椎捻挫型は、首の筋肉や靭帯が捻挫した場合に引き起こります。
頚椎捻挫型になると、首や肩にこったような痛みが生じたり、動かしにくいといった症状が起こります。

バレー・ルー症状型

交通事故によりむちうちになり、その衝撃が首の骨を通り越して、自律神経まで損傷した場合に引き起こる症状です。
バレー・ルー症状型になると、頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気などの症状が起こります。
他覚的所見(外見から症状がわかりにくい)に乏しく、自覚症状が診断の目安になります。

神経根症状型

神経根症状型は、神経の中の根本部分が圧縮されたり、引き伸ばされたりすることによって引き起こります。
神経根症状型になると、首や後部、顔面に痛みが生じたり、腕のしびれや倦怠感などの症状が起こります。

脊髄症状型

脊髄症状型は、神経だけではなく、脊髄まで損傷した場合に引き起こる症状です。

脊髄症状型になると、体が麻痺したり、知覚障害や歩行障害などの症状が起こります。脊髄症状型は、後遺障害になってしまう可能性が高い症状です。

むちうちの治療先は主に3つ

交通事故には、人身事故物損事故があります。怪我をしている場合は、警察に話、人身事故として処理してもらいましょう。
むちうちの治療を受けるための通院先は大きく分けて2つです。

  • 整形外科
  • 整骨院

それぞれの医療機関で受けられる治療内容を、詳しく見ていきましょう。

整形外科

交通事故にあったら、まずは医師がいる整形外科を受診しましょう。
主な治療内容は、レントゲンやMRIの医療検査機器を使って、骨や筋肉に異常がないかの精密検査を受けることができます。また、治療を受けても痛みが引かない場合は、湿布や痛み止めの処方もしてもらえます。レントゲンやMRIを使っての「画像診断」や、湿布や痛み止めの「投薬」を行えるのは、医師のみです。
また、整形外科を受診すると、診断書を作成してもらうことができます。診断書は医師のみが作成でき、保険会社や警察に提出する大切な書類です。
診断書は交通事故後の手続きで必要になるケースがほとんどですので、交通事故にあった際は必ず整形外科を受診して、診断書を取得しましょう。

整骨院

整骨院では、柔道整復師が施術を行います。
むちうちの症状は、レントゲンやMRIで精密検査をしても写らない場合があります。
「整形外科では異常なしと言われたけど、痛みが引かない…」という場合は、保険会社から転院の許可を取り、整骨院へ通院してもよいでしょう。マッサージなどの手技療法を中心に、超音波などの物理療法など、様々な治療法で施術を受けられます。
また、整骨院によっては土日も営業していたり、営業時間が長めなところもあります。そのため、プライベートや仕事の予定に合わせて通院できるというのも、整骨院へ通院することのメリットです。

むちうちの後遺症が残ったら

頭を抱える女性
通院期間が長くなってくると、症状に変化が出にくくなってくることもあるかもしれません。
ご自身でこれは後遺症かもしれないと考える方もいれば、医師や保険会社の担当者から後遺症について説明される方もいると思います。
ここでは後遺症の判断のタイミングや、後遺症を診断された後の流れを解説していきます。

後遺症の判断はいつ?

一般的に後遺症は、治療後に残った機能障害や神経症状を指します。
むちうちの治療を続けていても、症状が緩和せず症状固定になってしまう場合があります。症状固定の判断は、医師のみが行えます。むちうちの場合、6ヶ月程度の期間で、症状固定と判断されるケースが多いようです。

ー後遺症認定したほうがいいもの?
澤田先生の答え
「それはもちろん。後遺症が残るということは、やはり大変なことです。症状が辛ければその分通院しなくてはいけないし、これまでのように過ごすことが困難になります。お金も時間もかかりますから、その代償として後遺症認定の手続きをし、後遺障害慰謝料をしっかりと受け取って、金銭的に楽になるのは被害者の人にとっては、とても大切なことです。それによって、保険では適用できない施術や治療が受けらる可能性もありますから。」

交通事故で腰痛なら!整骨院に聞いた腰椎捻挫の原因と後遺症手続き

このように、交通事故で後遺症になった場合、後遺障害等級認定を受けることで、後遺障害慰謝料を受け取ることができる可能性もあります。
まず、後遺症が後遺障害と認められるには、以下で挙げる5つの条件を満たす必要があります。

  • 交通事故と怪我との間に因果関係があること
  • 交通事故による怪我が、今後生きていく上で治る見込みがないこと
  • 交通事故の怪我により、労働能力が低下してしまうこと
  • 後遺症が医学的に説明、または証明できること
  • 後遺症の症状が自賠責保険の等級認定に値すること

後遺障害等級認定の申請をする

症状固定と判断されたタイミングで、医師に後遺障害診断書の作成を依頼しましょう。
後遺障害診断書の内容によって、後遺障害等級の認定がされるかどうかが決定します。医師に作成を依頼する際は、自覚症状を正確に伝え、記載内容を自分でもしっかりと確認しましょう。
後遺障害等級認定の申請準備を終えたら、申請をしましょう。後遺障害等級認定の申請方法は、2つあります。

  • 事前認定
  • 被害者請求

事前認定とは、加害者側の保険会社に、後遺障害等級認定の申請手続きのすべてを任せる方法です。
一方、被害者請求は、加害者側の保険会社に対して被害者が直接、後遺障害等級認定の申請を行う方法です。被害者は、後遺障害等級認定の申請に必要な書類をすべて集め、加害者側の保険会社に送ります。

被害者請求に必要な書類

被害者請求を行う際に、被害者が収集するべき書類を、発行や作成の依頼先と共に一覧にしています。

必要書類 発行者・作成者
支払請求書 請求する本人
印鑑証明書 市区町村役所
交通事故証明書 自動車安全運転センター
事故発生状況報告書 運転者・被害者など
診断書 医師
診療報酬明細書 通院先
休業損害証明書 勤務先
通院交通費明細書 被害者
後遺障害診断書 医師

証拠として必要になる検査

後遺障害等級を適切に認定してもらうために、後遺障害が残っていることを示す検査結果が必要になります。この検査は、治療期間中や後遺障害等級認定を申請する前に受診しましょう。後遺障害が残っている部位や症状によって検査の内容は異なります。
むちうちの場合は、以下のような検査が行われます。

  • 神経学的検査
  • 腱反射テスト
  • 病的反射テスト
  • 徒手筋力検査
  • 握力検査
  • 筋萎縮検査
  • 知覚検査

むちうちの損害賠償とは

電卓でお金の計算
交通事故の被害で怪我をした場合、治療費や仕事を休んだ場合の収入は、加害者側の保険会社に、損害賠償として請求できます
ここでは、むちうちで後遺障害等級が認定された場合の、損害賠償請求について解説していきます。

損害賠償請求できる項目

加害者側の保険会社に請求できる損害賠償の代表的な項目は以下の通りです。

治療費 交通事故による怪我の治療にかかった費用
通院交通費 通院にかかった公共交通機関の費用やガソリン代
休業損害 怪我が原因で休んだ場合の減収部分
逸失利益 後遺障害によって減る将来の収入の減収部分
入通院慰謝料 交通事故の怪我による精神的苦痛の補償
後遺障害慰謝料 後遺障害が残ったことによる精神的苦痛の補償

休業損害と逸失利益、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料は、それぞれ内容が似ていますが、交通事故被害の損害と、後遺障害の損害は異なりますので、両方を請求できます。

慰謝料の算出基準は3種類

慰謝料の金額の計算には3種類の基準があります。

  • 自賠責基準
  • 全ての自動車(原付も含む)に加入が義務付けられている自賠責保険による基準です。

  • 任意保険基準
  • 加害者が任意保険に加入している場合、適用されます。

  • 弁護士基準
  • 弁護士に依頼をして、裁判を起こす際に用いられる基準です。

逸失利益の計算方法

逸失利益は、普段の生活の中では聞くことのない言葉ですよね。
将来得られるはずだった収入の中で、後遺障害が残ったことよって減ってしまった収入部分を補償するものです。
その逸失利益の金額は、以下の式で計算します。

    基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間によるライプニッツ係数=逸失利益

◎基礎収入:交通事故時点での年収
◎労働能力喪失率:基準となる表があります(下に記載)
◎労働能力喪失期間:症状固定日から67歳までの期間
◎ライプニッツ係数:基準となる表があります(下に記載)

◎労働能力喪失率の表

後遺障害等級 喪失率
第1級 100/100
第2級 100/100
第3級 100/100
第4級 92/100
第5級 79/100
第6級 67/100
第7級 56/100
第8級 45/100
第9級 35/100
第10級 27/100
第11級 20/100
第12級 14/100
第13級 9/100
第14級 5/100

◎ライプニッツ係数の表

喪失期間(年) ライプニッツ係数 喪失期間(年) ライプニッツ係数
1 0.952 26 14.375
2 1.859 27 14.643
3 2.723 28 14.898
4 3.546 29 15.141
5 4.329 30 15.372
6 5.076 31 15.593
7 5.786 32 15.803
8 6.463 33 16.003
9 7.108 34 16.193
10 7.722 35 16.374
11 8.306 36 16.547
12 8.863 37 16.711
13 9.394 38 16.868
14 9.899 39 17.017
15 10.38 40 17.159
16 10.838 41 17.294
17 11.274 42 17.423
18 11.69 43 17.546
19 12.085 44 17.663
20 12.462 45 17.774
21 12.821 46 17.88
22 13.163 47 17.981
23 13.489 48 18.077
24 13.799 49 18.169
25 14.094 50 18.256

23歳、年収250万、後遺障害等級第14級の場合

23歳で後遺障害等級14級が認定された被害者の場合の逸失利益の計算は以下の通りです。

    基礎年収(250万)×労働能力喪失率(5/100)×ライプニッツ係数(17.663)=2,207,875円

むちうちの治療方法についてのまとめ

ポイントを説明する女性

むちうちの種類や症状、治療方法などお分かりいただけたでしょうか。最も大切なことは、交通事故直後に痛みや違和感がなくとも、医療機関へ行くということです。また、人身事故で処理をし、きちんと慰謝料を受け取るということも大切です。むちうちの通院先にお困りの際は、交通事故病院相談窓口へお問い合わせください。交通事故に詳しい専門スタッフが、怪我の症状に適した通院先をご紹介いたします。

この記事の執筆者

交通事故病院編集部 ライター / M.F
大学卒業後は社内で違う業務に就いていましたが、以前から興味のあった記事の執筆を最近始めました。学生時代に通っていたこともあり、整骨院に関する知識は豊富ですが、まだまだ新たな知識を身につけるべく勉強の毎日です。

関連記事

おすすめ記事