×

2018.01.11 交通事故 整骨院 整形外科 施術・治療 むち打ち

軽いむちうちの治療は自分で出来る?通院先や期間について解説

交通事故にあったけど、ぶつけたかどうかもわからないほどの軽い事故の場合
「忙しいから病院へ行けない」
「今は痛くもないし、病院はいかなくてもいいや」
という方もいるかと思います。
交通事故
しかし、交通事故にあってしばらくしてから「最近すこし首が痛い」「すこし吐き気を感じることが増えた」等の症状に悩んでいる方へ向けて

  • むちうちとは
  • むちうちの通院先
  • セルフケアでむちうちが治るか

について解説します。

この記事を読んで、交通事故後のちょっとした首の痛みや吐き気などの悩みを解決しましょう

むちうちとは?

首を痛がる女性

むちうちとは、スポーツや交通事故などによる衝撃で、首が大きく前後に揺れ頚椎(首の骨)に負荷がかかり、首が捻挫することです。衝撃を受けた際に首がムチを打ったようにしなることから、むちうちと呼ばれています。むちうちは通称で、正式名称は「頚椎捻挫(けいついねんざ)」「頚部挫傷(けいぶざしょう)」と呼ばれます。
交通事故の被害にあい怪我をしたとき、7〜8割の人がむちうちになるといわれています。交通事故の前にはなかった肩こりが急に出てきたり、天候が悪いからかな?と思い過ごしてしまいがちな頭痛も、もしかしたらそれはむちうちの症状かもしれません。

むちうちの種類

むちうちには下記5種類があります。

  • ①頸椎捻挫型
  • ②バレー・ルー症候群
  • ③神経根症状型
  • ④脊髄症状型
  • ⑤脳髄液減少症

むちうちの内7~8割が①頚椎捻挫型と言われています。
▶︎参考:むちうちの種類について詳しくはこちら

軽いむちうちでも、通院するべき?

病院

「なんだ、ただの捻挫か。」と、侮ってはいけません。

むちうちの症状にはいくつも種類があり、事故の状況や衝撃の度合いによって、さまざまな症状が現れます。軽めの衝撃だったからなんともないだろう」と通院せずにいると、後から症状が出てくることがあります。
もし事故にあってから一度も病院に行っていないのであれば、一度は「整形外科」を受診してください。また、病院にいったあとで痛みがあまりないからといって、通院を怠るのはやめましょう。その後痛みが出てきたときに交通事故との因果関係を疑われてしまい、損害賠償を請求する時に、治療費や入院慰謝料が請求できなくなることがあります。

むちうちの通院先

むちうちの症状がでて、「通院する先はどこへ行けばよいのか」と悩んでいる方に向けて、通院先3つを紹介します。

  • 1.整形外科
  • 2.整骨院・接骨院
  • 3.鍼灸院

この3つの違いは所持する資格とそれに伴う治療・施術の違いです

1.整形外科

整形外科では、医師免許を持つ医師によって、MRやレントゲンなどの精密検査が受けられます。主に、湿布や薬での治療です。診断書※1の発行を依頼できます。
※1

2.接骨院・整骨院

柔道整復師(国家資格)によって以下3つの施術を受けることが出来ます。

  • ①整復法…手の力で骨を元の位置に戻します
  • ②固定法…テーピングやギプスをなどの器具で物理的に固定します。
  • ③後療法…運動療法※2や手技療法※3、物理療法※4をします。

整骨院と接骨院は呼び方が違うだけで施術内容に違いはありません。
※2 運動療法…リハビリの指導や、骨や筋肉の動きを観察し症状の現状を把握します。
※3 手技療法…手による物理的に適度な刺激を、筋肉や関節に与え症状の緩和を図ります。
※4 物理療法…超音波や電気、温熱等で刺激を、筋肉や関節に与え症状の緩和を図ります。

3.鍼灸院

はり師、灸師(両方とも国家資格)による施術を受けられます。人体のツボを、はりやお灸で刺激することで症状の緩和を図ります。
▶︎参考:通院先について詳しくはこちら

むちうちは自分で治せる?

むちうちの人形

むちうちの症状が軽い場合、「自分で治せるのでは?」と考える方もいると思います。
「どのくらいの通院期間なのかわからない」「治療を受けるには平日に仕事を休まなければいけない」という場合、通院がおっくうになることもあるでしょう。
しかし残念ながら、むちうちのセルフケアはありません。
むちうちには「急性期」といわれる炎症の時期や、痛みが慢性化する「慢性期」があります。
それぞれの時期に取るべき対処法が違うので、セルフケアをすると悪化する可能性が高いです。
むちうちと向き合いながら、しっかりと通院を続けるようにしましょう。

急性期

首が痛い感じがする、肩に違和感があるからといって安易にマッサージをしてはいけません。初期の治療では、無駄な動きをしたりマッサージを行うことは禁物です。できるだけ首を動かさないようにして回復するのを待ちます。また、冷湿布を貼るなどして、炎症を抑える治療をします。コルセットで首を固定する事で、症状の悪化を防ぐこともあります。
▶︎参考:急性期にコルセットをする理由とは

慢性期

マッサージや電気療法などの施術が出来る時期です。

むちうちの通院期間はどのくらい?

通院期間

むちうちの程度にもよりますが、比較的症状が軽い頚椎捻挫の場合は、3ヶ月程度で症状が緩和されるといわれています。ただし、症状によっては1年程度かかることもありますので、いつまでと決まった通院期間はありません。
また症状の緩和を確実にするには、頻繁に通院し、症状の現状を把握する事が重要です。

どんなに軽いむちうちでも、絶対に診てもらうこと!

手の上にある木の病院

どんなに軽いむちうちであっても、必ず整形外科で診察をしてもらってください。軽いむちうちだからと自分で思っていても、実は大きな損傷を負っていたり、後日痛みが出てくることがあります。首は日常的に重い頭を支えている部分なので、ちょっとした衝撃でも負担がかかり痛むことがあります。

また、むちうちは首の痛みだけではありません。めまいや声のかすれ、頭痛など、他の症状があらわれることもあります。痛みというより、肩が凝っているような違和感がある場合も、むちうちの可能性が高いといえます。
医学的な判断は整形外科医しかできないので、まずは医師に首や肩の痛み、めまいなどの違和感をきちんと説明してください。自分では事故による痛みかどうかわからなくても、医師であれば事故との因果関係をきちんと考えてくれます。

整形外科での治療を続けていくなかで、整骨院や接骨院と併用して通院するという選択肢も出てくるかもしれません。通院先を変えたい場合は、医師と話し合いを行い、自分にあった治療を行うようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887