2017.12.05 整骨院 捻挫 打撲 慰謝料 自賠責

体の痛みはどこの病院?交通事故の怪我で通院先を探す方法

交通事故が原因で体に痛みが……

普段生活をして行くうえで、怪我をしたり体調不良になったりして、体に痛みが伴うのはよくあること。誰でも経験がありますよね。体に痛みがあると、仕事が思うように捗らない、笑顔で人と接することができないなど、とても煩わしいもの。

頭痛に悩まされる女性

交通事故にあってしまった場合も同様です。
交通事故で考えられる怪我は、打撲や骨折、むちうち症といった体の痛みがほとんど。
特にむちうち症は、首の痛みや肩のはり、手足のしびれ、頭痛や腰痛などの様々な症状を引き起こします。

▶︎参考:交通事故の怪我の種類を詳しくまとめてみました!

▶︎参考:むちうちの種類と症状について詳しく解説!

交通事故に巻き込まれ体に痛みを感じたら、必ず病院へ行って診断を受けましょう。
病院を受診し診断書をとっておくと、のちに人身事故に切り替える際や加害者側の保険会社から損害賠償を受けるときに、スムーズに示談交渉ができます。

交通事故で体に痛み、病院はどこがある?

骨折や外傷がひどい場合は救急車で病院に搬送されて、すぐに治療を受けることになります。しかし外傷が少なく、事故当時はあまり痛みを感じていない場合、どこへ行くべきか迷ってしまいますよね。事故による体の痛みは、以下3つの通院先があります。

ポイントは3つ(女性)

  • 1.整形外科
  • 2.整骨院(接骨院)
  • 3.鍼灸院

整形外科と整骨院(接骨院)、鍼灸院は、所有している資格や治療・施術の内容が違います。整形外科や神経外科などは、医師による診断のもと治療を進めて行く西洋医学です。整骨院や鍼灸院は医師免許ではなく、柔道整復師という国家資格で、「治療」では埋められない部分をカバーする“補完治療(ほかんちりょう)”です。東洋医学といわれています。

▶︎参考:整形外科と整骨院の違いを詳しく知りたい方はこちら

交通事故のケガ、まずは整形外科へ行こう!

交通事故でケガを負った場合は、まず整形外科に行きます。

問診する医師

これは外傷がひどい場合でも同様です。まずは整形外科で医師の診察と治療を受けないと、のちに人身事故扱いに切り替えるとき、「事故との因果関係」を結べません。
少しでも体に違和感をおぼえたら、医師にみてもらい記録をとっておくことが大切です。

▶︎参考:軽い事故、痛くなくても病院へ行くべき理由とは?

事故が起きたばかりのときは、「痛みもないし、手続きが面倒だ」と物損事故で処理し、自己判断で病院を受診しない…というのはよくあることです。しかし医師の診断を受けずに痛みや症状が出てきた場合、物損事故から人身事故への切り替えがうまく行かないことも考えられます。

整骨院と鍼灸院は保険で適用される?

交通事故後、整形外科(あるいは総合病院)を受診したら、痛み止めや湿布の処方がされます。痛みがあるということは、炎症しているということ。この炎症期が落ち着いてもまだ違和感がある、痛みが引かないなどの症状がある場合は整骨院(接骨院)や鍼灸院に相談してみるといいでしょう。
もちろん、整骨院(接骨院)と鍼灸院はいずれも国家資格を所有していますので、交通事故による保険の保証適用範囲内です。

▶︎参考:整骨院ってどんな場所?整骨院の施術内容まとめ

どんな施術をしてくれる?

整骨院での治療は西洋医学を補完する補完治療に当たるので、当然、整形外科で行われる治療とは異なったアプローチで行われます。
整骨院は柔道整復師という国家資格所有者が施術をします。
整骨院は、解剖学や生理学をはじめとする補完医療の専門家として、打撲や捻挫、むちうち症の施術を得意とします。
整形外科での治療が西洋医学なのに対し、東洋学は、あんまやマッサージ、針灸、指圧などの補完治療です。

病院(整形外科)での治療に満足できない……

病院は予約制ではありませんから、時間帯によっては混み合っている場合があります。
そのため、一人あたりの診察時間が短かく、「しっかりと診てくれていない」と感じてしまうことがあります。

病院受付

また、むちうち症などの体の痛みでは、初診で撮ったレントゲンに頚椎の損傷が映らないことがあります。レントゲンに映らないと、医師も治療の施しようがなく、湿布や痛み止めの処方で経過観察することもあるようです。
そのように不満を感じてしまうとき、一体どうすれば良いのでしょうか。

1.転院を検討する

一度通った病院に通い続けなければ行けないと思っている人も多いようですが、そうではありません。まずはご自身の怪我を直すことが大切ですので、「よくなった」と効果を実感できる施術や治療を行うべきです。加害者側の保険会社にもその旨を正直に伝えれば、快く承諾してくれますよ。

注意

ただし、なんどもなんども「合わないから転院する」とコロコロ通院先を変えてしまっては、保険会社からの信頼もなくなってしまいますので、転院を考えている方は慎重に通院先を選ぶようにしてくださいね。

2.整骨院と併用して病院に通院する

整形外科の治療は西洋医学に基づくアプローチなので、いわゆる東洋医学的な補完治療は行われません(中には整骨院や針灸を有するクリニックもあります)。そのため、西洋医学の治療だけでは治りきらないという悩みを持つ方もいるでしょう。

病室の様子

定期的に通院しているけれど、病院(整形外科)ではどうも整形外科と整骨院を併院する場合の手順は以下になります。

  • ①交通事故に遭った場合、事故直後(当日)に必ず整形外科で診察を受ける
  • ②MRIなどの精密検査もできれば受けておく
  • ③治療費や検査費用などの領収書は必ず保管する(のちに加害者に請求)
  • ④整形外科と相談し、整骨院での治療の相談をする(カルテに診断を残すために)
  • ⑤ご自分が選んだ整骨院で治療を受ける
  • ⑥後遺症が残るようなら整形外科に通い、診断を受けながら整骨院での治療を受ける

西洋医学としての知見や診断書(制度的な側面)は必要ですが、治療が長期に渡る場合や、交通事故専門の施術を得意とする整骨院のほうが「痛みが緩和された、よくなった」と感じる場合があります。整形外科だけではなく、整骨院を併用し治療や施術に専念することをおすすめします。

▶︎あわせて読みたい!:治療費や慰謝料の申請はどうすればいい?交通事故発生から示談までの流れ

体に痛みがあるのなら「交通事故病院」へ相談

整形外科の治療に満足しない場合やそもそも当初の整形外科の治療が思うように効果がない、または交通事故の治療に詳しくないと感じた場合は専門の病院や整骨院に転院することも可能です。もちろん整形外科に通いながら併用することも可能です。

スマホをいじる白ニットの女性2

整骨院にはむち打ちに特化していたり、交通事故のケガを専門的に治療する医院もあります。
もしも体の痛みがよくならないと不安を感じているのなら、一人で悩まずに交通事故病院へ連絡してみてください。
「病院には通っているけれど、治癒がままならないので転院したい」といった相談内容も受け付けています。

交通事故の怪我は、放っておくとあとで後遺症になる恐れもあります。
どんなに軽度な事故であっても、必ず病院へ行って診断をするようにしましょうね。

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円のQUOカードを支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄