×

2018.07.23 交通事故 整骨院 症状固定 慰謝料 後遺症

整骨院に往診はある? 保険適用や手続きについて解説

交通事故にあってから痛みで起き上がるのもつらい…。整骨院へ行きたいが通院が難しいとき、病院の往診のようなサービスは整骨院にもあるのでしょうか?今回は整骨院に往診はあるのかどうか、利用の条件や後遺障害などについて解説します!

交通事故にあったら整形外科へ

医師の説明を受ける

交通事故にあったらまずは整形外科へ行きましょう! 詳しい検査薬の処方診断書の発行は医師のいる整形外科でないとできません。また交通事故直後に脳が興奮状態にあると、 すぐに痛みを感じない場合もあります。正確な症状を知り適切な治療を受けるためにも、交通事故にあったらまずは整形外科で医師の診察を受けましょう。

▶︎参考:診断書について詳しく知りたい方はこちら

整骨院で施術を受けることも可能

ポイント!

交通事故による怪我の通院先は、整形外科だけではありません。整骨院や鍼灸院も、通院先の選択肢としてあります。また、整形外科と併用しての通院も可能です。土日祝日や夜の時間帯の営業を行う整骨院もあります。継続しての通院のしやすさもひとつの選ぶポイントです。

整骨院で受けられる施術内容

整骨院では、柔道整復師の国家資格者が、主に手技療法を用いて施術を行います。物理療法や運動療法を用いる場合もあります。交通事故による怪我は、レントゲンに写るような症状ではない場合もあります。整骨院の手技療法は、柔道整復師が直接触れて施術するため症状がわかりやすいというメリットがあります。

  • 柔道整復師
  • 柔道整復師とは、大学や専門の養成施設で学んだ後、国家試験に合格することで取得できる国家資格です。骨や関節、筋肉や靭帯などの様々な症状に対して、手術を行わない施術を行います。
    整体師は整体施術を行う民間資格で、柔道整復師とは異なります

整骨院に往診はある?

疑問

交通事故による痛みで整骨院への通院もつらい場合、自宅で施術を受けたい方もいるのではないでしょうか。病院の往診のようなサービスは整骨院にもあるのでしょうか?

往療を行っている整骨院はある

整骨院によっては「往療」を行っている場合があります。様々な理由で通院が困難な方向けのサービスです。

  • 往療
  • 往療とは、整骨院や鍼灸院による訪問での施療です。病院における往診とおおよそ同じ意味ですが、往診は医師のみが行える行為です。そのため整骨院や鍼灸院では「往療」と呼びます。

往療の利用条件は整骨院によって異なります。基本的には介護されている方や、歩行が困難な方、安静にしなくてはならない方といった、往療が必要と判断された方が対象となるようです。また往療の利用に医師の同意を求められる場合もあります。事前にきちんと確認しておきましょう。

往療の治療費の請求はどうなる?

お金と車

交通事故による痛みで往療を利用した場合、治療費は請求はできるのでしょうか?

一般的に自賠責保険では、整骨院の往療料は請求できません。しかし、医師によって往療が必要であると判断された場合には、一定の範囲で認められます。
しかし、交通事故の相手側に請求できない場合でも、整骨院の往療そのものは健康保険や医療保険が適用されます。そのため往療にかかる費用は1~3割負担となります。

▶︎参考:「損害賠償請求」について詳しく知りたい方はこちら

後遺症が残ってしまったら

病院悩む

交通事故による怪我の治療を一定期間続けても症状が緩和されない場合があります。そうしたとき、担当医から「症状固定」であると判断されることがあります。症状固定とは、今後治療を続けても将来的に回復が見込めない状態のことを言います。症状固定は医師のみが判断でき、症状固定と判断された時点で「後遺症」となります。

後遺症で慰謝料をもらうには?

後遺症が残ってしまった場合、「後遺障害慰謝料」を請求できる場合があります。そのためにまずは、「後遺障害」の認定を受ける必要があります。そして「後遺障害等級認定」を受けることで「後遺障害慰謝料」を受け取ることができるのです。

後遺症が「後遺障害」と認められるには以下の5つの条件があります。

  • 1.交通事故と症状に因果関係があること。
  • 2.将来においても回復が難しいと見込まれる症状があること。
  • 3.2の存在が医学的に証明されていること。
  • 4.労働能力が低下してしまうこと。

以上の条件を満たすことで、「後遺障害」と認められます。そして症状が自賠責保険の等級認定に値すると、「後遺障害等級認定」の申請を行うことができます。

後遺障害慰謝料とは

「後遺障害等級認定」を受けると、「後遺障害慰謝料」を受け取ることができます。後遺障害慰謝料は、後遺障害の等級により金額が異なります。また、後遺障害慰謝料には「自賠責保険基準」、「任意保険基準」、「弁護士基準」の3つの計算基準があります。どの計算基準を使うかにより、後遺障害慰謝料の金額が異なってきます。

▶︎参考:慰謝料の3つの基準について知りたい方はこちら

後遺障害等級認定の申請方法

後遺障害には、1〜14級までの後遺障害等級があります。1級が最も重い症状で、14級が最も軽いものとなります。

後遺障害等級認定の申請方法には「加害者請求」と「被害者請求」の2種類があります。

加害者請求

加害者請求とは、後遺障害等級認定の手続きを、加害者側の任意保険会社に任せる方法です。被害者がすべきことは加害者側の保険会社に「後遺障害診断書」を提出するだけで、様々な手続きをする必要がありません。ただし、加害者側の任意保険会社に手続きを任せるため、どのような手続きが行われているかを知ることはできません。

被害者請求

被害者請求とは、被害者が直接、加害者側の自賠責保険会社に後遺障害等級認定の申請を行う方法です。被害者は、申請に必要なすべての書類を自ら集め、加害者側の自賠責保険会社へ送付する必要があります。被害者請求は、加害者請求と異なり被害者自身が申請の手続きをしなくてはなりません。そのため手間や時間がかかってしまいます。しかし、どのような手続きが行われているか把握しながら進めることができます。

▶︎参考:被害者請求に必要な書類について詳しい解説はこちら

通院が難しい場合は整骨院の往療も!

歩く二人

いかがでしたでしょうか。整骨院によって往療という訪問施療を行うところがあります。対象となる条件は、整骨院によって異なるため事前に確認しておきましょう。また、医師が往療が必要と判断した場合には、自賠責保険で治療費の請求が可能です。通院がどうしても難しい場合には、整骨院の往療も検討してみてはいかがでしょうか。

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

フリーボイス 無料
0120-963-887
まずはお電話でお気軽に無料相談!【9:00〜22:00】
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。