×

2018.08.22 交通事故 整骨院 整形外科 施術・治療 むち打ち

交通事故後の肩の痛み。それはむちうちかもしれません。

むちうちは、交通事故による怪我で最も多い怪我といわれています。むちうちの場合、首や肩の痛みなどの他、めまいや頭痛など、「風邪かな?」と勘違いしてしまう症状があらわれることも。そのため、「これって、むちうちなのかわからない…。」と悩んでしまうかもしれません。

そこで今回は、むちうちの症状や特徴、通院先、治療費などについて解説していきます。

むちうちとは

むちうちとは、交通事故やスポーツによる衝撃で首に不自然な力が加わり、筋肉や神経が損傷することで起こる怪我の総称です。首に力が加わる際に、首が鞭(むち)のようにしなることから「むちうち」と呼ばれています。一般的には「むちうち」と呼ばれていますが、正式名称は「頚椎捻挫(けいついねんざ)」や「頚部挫傷(けいぶざしょう)」といいます。

悩む女性

東中野オルガン整骨院/山田先生の答え
「交通事故によって、手のしびれや頭痛、首の動きがが以前よりも狭まっていると感じたら、それは、むちうちの可能性を疑っていいと思います。
むちうちは、交通事故の強い衝撃で後ろから追突された時に、急に首が後ろに沿ってしまうことで、筋肉や神経、関節が傷ついて起こる損傷のことをいいます。辛さはその損傷度合いで変わっていきますし、後遺症になることもあります。とにかく上記のような症状が少しでも現れたのであれば、一度は医療機関に診断してもらい、記録を取っておくことが大切です。」

むちうち対処法はある?交通事故による頚椎捻挫の主な症状と施術方法

交通事故後、上記のような違和感を感じた場合、むちうちの可能性が高いでしょう。

また、むちうちの症状は、大きく5つに分類することができます。

  • 頚椎捻挫型
  • バレー・ルー症状型
  • 神経根症状型
  • 脊髄症状型

それぞれの症状について詳しく知りたい方は、以下のリンクをご覧ください!

▶︎参考:むちうちの種類別症状について、詳しく知りたい方はこちら!

むちうちの主な症状

むちうちは、交通事故直後に症状があらわれるとは限りません。交通事故から10日ほど経った時に痛みがあらわれる場合もあるため、「この痛みは交通事故が関係しているの?」と疑問に思う方もいるかと思います。

交通事故後、以下のような痛みがあらわれたら、それはむちうちかもしれません。

  • 肩こり、首や肩の痛み
  • 手足のしびれ
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • 顔が痛い、表情が動かしにくい
  • 食欲不振、消化不良

それぞれの症状を、詳しく解説していきます。

首に痛みがある女性

肩こり、首や肩の痛み

交通事故で衝撃を受けると、シートベルトがロックされます。それにより、肩の筋肉や靭帯が傷つき、痛みが生じることがあります。

以下のような場面で、首や肩の痛み、肩こりのような症状があらわれると、むちうちの可能性が高いといえます。

  • 首を曲げたり回したりした時
  • 黙っていてもずっと重いような痛みがある
  • 普段は痛まないが、集中して作業をすると痛みだす
  • 肩や首が動かせない

むちうちになると、7~8割の人に上記のような症状があらわれるといわれています。

手足のしびれ

交通事故の衝撃で頚椎(首の骨)の並びがゆがんだ場合、手足にしびれが生じます。

両手足のしびれだけに限らず、片方だけにしびれがあらわれたり、動かしにくくなる場合もあります。

めまい

むちうちによってめまいが生じると、座っていても周りがグルグル回っているような感覚に陥ります。また、歩いている時や立っている時もフワフワと地面が安定せず、動いた瞬間に意識が遠のく場合もあります。

耳鳴り

耳の奥で「ザー」「ジー」といった音が鳴っているように感じます。脈を打つようなリズムで継続的に音が鳴り、「キーン」という音が聞こえるような気もします。耳鳴りが起こる原因の1つとして、交通事故の衝撃を受けたショックにより、耳の奥の筋肉が緊張状態になっていることが考えられます。

頭痛

交通事故後、頭が重い日が続いたり、疲れた時に頭痛が起こる場合は、むちうちの可能性が高いといえます。また、気候や気圧の変化によって頭痛がひどくなったり、頭の片側だけが脈打つように痛むこともあります。

顔が痛い、表情が動かしにくい

交通事故の衝撃によって頚椎の神経が圧迫されたり、脳の血行が悪くなった時に発症します。顔が痛み、表情が動かしにくくなることの他に、顔にベールが被さっているような気がしたり、喋るときに顔に違和感があらわれることもあります。

食欲不振、消化不良

交通事故後、以下のような症状があらわれた場合も、むちうちの可能性があります。

  • 空腹なのに食欲がわかない
  • 胃のあたりがムカムカする
  • 食後に胃がもたれる
  • 吐き気がする

一見、ただの風邪のように思えますが、むちうちによって胃腸に障害があらわれる場合もあるのです。

むちうちの通院先

むちうちの主な通院先は、以下の3つ。

  • 整形外科
  • 整骨院
  • 鍼灸院

整形外科

処方箋を持つ医師

整形外科では、医師が施術を行います。

治療内容としては、まずレントゲンやMRIの検査機器で精密検査を行い、骨に異常があるかを診ます。治療を受けても症状が緩和されない場合は、湿布や痛み止めの処方をしてもらえます。

湿布や痛み止めを使っても痛みが引かない場合は、ブロック注射を打ってもらうこともできます。
▶︎参考:ブロック注射について、詳しく知りたい方はこちら!

また、整形外科では診断書の取得をすることもできます。診断書は、「この怪我は交通事故による怪我」と証明するための大切な書類です。診断書の作成ができるのは、医師のみです。交通事故にあったら、まずは整形外科へ行き、診断書の取得をしましょう。

整骨院

マッサージをしている様子

整骨院では、柔道整復師が施術を行います。

柔道整復師は国家資格の1つで、整復法、固定法、後療法の手技を用いて施術を行う専門家です。
▶︎参考:整復法、固定法、後療法について、詳しく知りたい方はこちら!

むちうちは、レントゲンやMRIには症状が写らない場合もあり、整形外科では異常なしと判断されてしまう場合があります。整骨院では、体に直接触れて施術を行うため、検査機器には写らなかった症状を見つけ、施術してくれる場合もあります。

整形外科へ通院を続けても痛みが緩和されない場合は、保険会社から了承を得てから整骨院へ転院するとよいでしょう。

鍼灸院

鍼治療

鍼灸院では、はり師ときゅう師が施術を行います。

施術内容としては、鍼や灸を使って、人間の体にあるといわれている約365以上のツボに刺激を与えます。刺激を与えることにより、血液やリンパの流れが良くなり、身体機能の回復が期待できるといわれています。

交通事故後の通院先でお悩みの方。交通事故病院に相談してみませんか?
0120-963-887相談無料です

むちうちの治療費はどうなる?

お金

むちうちの治療にかかる費用は、損害賠償として加害者に請求することができます。
損害賠償とは、交通事故で様々な損害を受けた被害者に対して、加害者がその損害の埋め合わせをすることです。

被害者が加害者に対して請求できる損害賠償は、以下の3つ。

  • 積極損害
  • 消極損害
  • 慰謝料

むちうちの治療費や通院交通費などは、積極損害によって補われます。積極損害は、交通事による怪我が原因で入通院を強いられ、出費を余儀なくされた場合に発生する損害です。

むちうちは後遺症になることがある

ある程度の期間、治療を受けても症状が緩和されない場合、医師に症状固定と判断されてしまうことがあります。症状固定とは「治療を受け続けても、症状が良くなる見込みがない」状態のことです。むちうちの場合、約6ヶ月程度で症状固定と判断されるようです。

症状固定となった時点で、その怪我は後遺症となります。
後遺症になると、今まで支払われていた治療費や慰謝料は打ち切られてしまいます。

神経に痛みが走る

後遺症になった後にすべき手続きとは?

後遺症になった後も慰謝料を受け取りたい場合は、後遺症が後遺障害と認められ、さらに後遺障害等級が認定されなければなりません。
後遺障害等級とは、後遺障害に等級がついたもので、1級から14級まであります。後遺障害等級が認定されると、等級に応じて後遺障害慰謝料の支払いを受けることができます。

まず、後遺症が後遺障害と認められるには、5つの条件を満たす必要があります。

  • 交通事故による怪我が、今後生きていく上で完治する見込みがないこと
  • 怪我の症状が自賠責保険の等級認定に値すること
  • 交通事故の怪我により、労働力が低下してしまうこと
  • 交通事故と怪我との因果関係があること
  • 後遺症が医学的に証明または、説明されていること

後遺障害と認められたら、後遺障害等級認定の申請準備をしましょう。

人差し指を立てる女性

後遺障害等級認定の申請準備としてすべき事は、2つ。

  • 症状固定まで通院を続ける
  • 医師に後遺障害診断書の作成を依頼する

症状固定と判断されないと、後遺障害等級が認定される可能性はほぼないに等しくなります。自己判断で通院を中止することなく、医師に症状固定と判断されるまで、しっかりと通院を続けるようにしましょう。

また、症状固定と判断されたタイミングで、医師に後遺障害診断書の作成を依頼します。
後遺障害診断書を作成してもらう際は、自覚症状を正確に伝え、記載された内容を自身でも確認することが大切です。

むちうちの後遺障害等級認定の申請方法

むちうちで後遺障害等級認定を受けるには、申請手続きを行う必要があります。
後遺障害等級認定の申請方法は、以下の2つ。

  • 加害者請求
  • 被害者請求

ハートを持った医師

加害者請求は、加害者側の保険会社に、後遺障害等級認定の申請手続きをすべて任せる方法です。被害者は、手続きの手間を省くことができますが、どのような手続きが行われているのかを知ることはできません。

被害者請求は、加害者側の保険会社に、被害者自身が後遺障害等級認定の申請を行う方法です。すべての手続きを行わなければいけないため手間はかかりますが、自分にとって有利に手続きを進めることができます。

むちうちによる肩の痛みについてのまとめ

交通事故の瞬間

交通事故による怪我で、むちうちは最も多い怪我といわれています。むちうちの症状は、首や肩の痛み、肩のコリだけに限らず、頭痛や吐き気、体のだるさなど、風邪と勘違いしてしまうような症状もあります。

通院先に迷った際は、交通事故病院相談窓口へお問い合わせください。交通事故に詳しい専門スタッフが、怪我の症状に適した通院先をご紹介いたします。

交通事故後の通院先でお悩みの方。交通事故病院に相談してみませんか?
0120-963-887相談無料です

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887