×

2018.05.11 交通事故 被害者 むち打ち 手続き 健康保険

交通事故で健康保険を使ったら?第三者行為による傷病届を提出

▶︎損害賠償請求書のひな形ダウンロードはこちら

ランニング

夜、ランニングをしていたときのこと。信号のない十字路で、車が自分の方に突っ込んできて、交通事故の被害にあった。交通事故後、身体の痛みがあったため病院へ行くと、打撲とむちうちと診断された。保険証を使って治療を受けることにした。

治療を始めて数日後、加害者の保険会社から「第三者行為による傷病者届を提出してください。」といわれた。「そいえば第三者○○届って、何なの?」

このような疑問はありませんか。今回の記事では、

  • 交通事故で健康保険を使った場合の保障
  • 交通事故治療で健康保険を使う方法
  • 第三者行為による傷病届について

を説明していきます。

交通事故で健康保険を使った場合

健康保険証

交通事故の被害にあったとき、健康保険の保険証を使って治療をすることも可能です。そもそも健康保険とは、病気や怪我の治療費について、国や会社が一部負担してくれる保険です。

健康保険の保障

健康保険を使った場合、保険診療で受けることになります。保険診療では、治療費の3割を被害者が負担し、残りの7割を健保組合が負担することになります。そのため、交通事故の治療費に対する負担を少なくすることができるのです。

交通事故の治療で健康保険を使用するメリット

交通事故の治療で健康保険を使用するメリットは、「自賠責保険に対して請求する治療費を抑えることができる。」ということです。

自賠責保険は、交通事故の被害者を救済するために、最低限の保障を行う保険です。そのため、被害者1人に対して支払われる上限額が120万円と決められています。そのため、治療費だけで上限金額を超えてしまい、慰謝料やその他の費用の支払いを自賠責保険で補うことができなくなってしまいます。

このように、健康保険を使用して治療費を抑え、慰謝料やその他の費用に充てるというように自賠責保険を有効に利用することができます。

▶︎参考:自賠責保険について詳しく知りたい方はこちら

交通事故の治療で健康保険を使う方法

何かを指さす医師

交通事故の治療で健康保険を使った場合、以下のような手続きが必要になります。

  • 医療機関への申し入れ
  • 自分が加入している健康保険の機関への届出

医療機関への申し入れ

交通事故の治療で健康保険を使う場合は、保険証を提示するだけでなく、健康保険を使って交通事故治療を受けるという意思表示をするようにしましょう。

自分が加入している健保組合への届出

また、交通事故の治療で健康保険を使う場合に、必要な書類を健保組合に提出しなければなりません。それは「第三者行為による傷病届」です。第三者行為による傷病届については、次で詳しく説明していきます。

しかし、第三者行為による傷病届以外にも必要な書類があります。以下にまとめました。

第三者行為による傷病届以外に必要な書類

  • 負傷原因報告書
  • 事故発生状況報告書
  • 念書
  • 損害賠償金納付確約書・念書
  • 同意書
  • 交通事故証明書

第三者行為による傷病届とは

はてな

先程紹介した、第三者行為による傷病届は、交通事故や喧嘩などの第三者の行為によって負った怪我を治療する際に、健保組合へ提出する書類です。

第三者行為による傷病届に記載する内容は、以下の通り。

  • 被害者と加害者の名前や住所、連絡先
  • 加害者の保険加入状況
  • 事故は起こった日付と場所
  • 被害者と加害者の過失割合
  • 治療状況
  • 示談の状況         など

第三者行為による傷病届を提出する意味

健康保険を使って治療を受けた場合、健保組合は加害者が支払うべき治療費を立て替えることになります。この健保組合が立て替えた治療費は、第三者行為による傷病届を提出しなければ、加害者に請求することができません。そのため、「第三者行為による傷病届」が必要になるのです。

交通事故の被害者が健康保険を使った場合の手続きの流れは、以下の通り。

  • ①被害者が、第三者行為による傷病届や必要な書類を健保組合に提出する。
  • ②被害者が健康保険を使い、保険診療で医療機関を受診する。
  • ③医療機関は、被害者に対して、治療費の3割負担分を請求する。
  • ④医療機関は、健保組合に対して、治療費を請求する。
  • ⑤健保組合は、加害者が負担すべき治療費を一時的に立て替える。
  • ⑥健保組合が、一時的に立て替えた被害者の治療費を加害者に請求する。
  • ⑦加害者は、健保組合に対して、一時的に立て替えてもらっていた被害者の治療費を支払う。

第三者行為による傷病届についてのまとめ

理解

いかがでしたか。交通事故の被害者が健康保険を使った場合、「第三者行為による傷病届」を提出しなければなりません。被害者が第三者行為による傷病届を提出しなければ、健保組合は加害者に代わって立て替えた治療費を請求することができません。したがって、第三者行為による傷病届の提出を忘れずに行ってくださいね。

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

フリーボイス 無料
0120-963-887
まずはお電話でお気軽に無料相談!【9:00〜22:00】
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄