×

2018.05.23 交通事故 被害者 施術・治療 事故直後 手続き

交通事故後の通院で注意すべきこと|適切な治療費を請求する方法

交通事故の被害にあい怪我を負ってしまったら、被害者の方は治療を受けるために通院しなければいけません。

怪我の治療費は、加害者側の保険会社に対して請求することができます。しかし、間違った通院をしてしまった場合、適切な支払いを受けられない可能性があります。

そこで今回は、交通事故の怪我で通院をする際に「やってはいけないこと」をご紹介いたします。

交通事故後の通院でやってはいけないこと

交通事故の怪我で通院をする際にやってはいけないことは、3つ。

  • 「軽傷だから」と病院へ行かない
  • 通院頻度が少なすぎてはいけない
  • 自己判断で通院を中止してはいけない

それぞれの理由を見ていきましょう。

「痛みがないから」と病院へ行かない

軽い追突事故などの小さな事故では、事故後に痛みを感じない場合があります。そのような場合、「病院へ行かなくていいのでは?」と考える方もいるでしょう。
しかし、交通事故による怪我は、事故から時間が経過した後に症状があらわれることも多くあるのです。

考える女性

交通事故から時間が経過した後に痛みがあらわれ通院したとしても、「交通事故による怪我」という証明ができず、治療費を請求できなくなる場合があります。

交通事故と怪我の因果関係を明確にし、適切な治療費を受け取るには、「交通事故にあったら、痛みがなくとも病院へ行く」ことが大切なのです。

通院頻度が少なすぎてはいけない

交通事故による怪我の治療をしようと思っても、仕事の都合や予定などで、思うように通院できないことも多いかと思います。

しかし、通院頻度が少ない場合、加害者側の保険会社から「本当に痛いの?」と疑われてしまう場合があります。そして、「治療費を支払う必要性がない」と判断されてしまった場合は、治療費の支払いを打ち切られてしまうのです。

交通事故の怪我で通院する際は、1週間に3回程度の通院頻度を保ち、定期的に通うことが大切です。

自己判断で通院を中止してはいけない

怪我の治療が順調に進むと、徐々に症状が緩和していくでしょう。しかし、「もう痛くないから」といって、自己判断で通院をやめてはいけません。「治った」と思っていても、天候や気圧の変化などで症状が再びあらわれることもあります。

肩に痛みがある女性

加害者側の保険会社に「怪我が完治した」と判断されると、その時点で治療費の支払いは終了します。自己判断で通院をやめてしまったけれど、再び痛みがあらわれた場合、被害者の方は自費で通院しなければいけなくなります。

通院先にお悩みの方はお問い合わせください

電話で連絡

いかがでしたでしょうか。今回は、「交通事故後の通院でやってはいけないこと」を3つ、ご紹介しました。正しい方法で通院を続け、適切な治療費を請求しましょう。

「まずどこに通院したらいいの?」「時間的に病院への通院が難しい…」など、交通事故後の通院先でお悩みの方は、交通事故病院へお問い合わせください。
交通事故の治療に特化した通院先を、それぞれのニーズに合わせてご案内いたします。

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円のQUOカードを支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄