×

2018.10.10 交通事故 任意保険 物損事故 自動車・車両 事故直後

物損の交通事故を起こしたらどうする?加害者がすべきこと

物損の交通事故を起こしてしまった場合、「事故後の対応どうすればいいの?」「保険の手続きが難しくてわからない。」といったお悩みや不安がありませんか。

今回の記事では、物損事故の加害者が知っておくべき「事故後の対応」や「モノに対する賠償」などについて解説していきます。

物損事故と人身事故の違いとは?

指を立てている男性

そもそも物損事故と人身事故の違いをご存じでしょうか。

物損事故とは、怪我人がおらず、モノのみが壊れた事故のことです。物損事故で処理された場合、以下のような特徴があります。

  • 物損事故の加害者は、道路交通法違反をしない限り、行政処分の点数が加算されない。
  • 物損事故の加害者は、刑事処分を受けない。
  • 物損事故の場合、慰謝料は発生しないが、モノに対する賠償責任はある。
  • 物損事故の場合、任意保険は使えるが、自賠責保険が使えない。

一方、人身事故とは、怪我人がいる事故のことです。人身事故で処理された場合、以下のような特徴があります。

  • 人身事故の加害者は、民事処分・刑事処分・行政処分を受ける。
  • 人身事故の場合、被害者に対する慰謝料が発生する。
  • 人身事故の場合、自賠責保険と任意保険の両方が使える。

上記のように、物損事故と人身事故で処分や賠償の範囲が異なるため、事故処理は大切です。交通事故の処理が間違えていた場合は、必ず切り替え手続きを行うようにしてください。

▶︎参考:物損事故から人身事故へ切り替える方法についてはこちら

交通事故後の対応【物損編】

男性 加害者 被害者

物損事故を起こしてしまった場合、以下のような手順で事故処理を行いましょう。

  • 二次被害の防止
  • 警察に連絡する
  • 現場検証に立ち会う
  • 事故で壊れたモノの所有者を確認し、連絡をする
  • 自分が加入している保険会社に連絡する

二次被害の防止

物損事故を起こしてしまった場合、加害者には道路の状態を安全に保つ責任があります。物損事故で壊れたモノ道路に散乱していると、後続車が事故に巻き込まれてしまうかもしれません。

そのため、物損事故を起こした後は、発炎筒や停止表示機材などを使用し、周囲に非常事態を知らせるようにしましょう。

警察に連絡する

道路が安全な状態になったら、警察に連絡をします。軽い物損事故だったとしても、警察に連絡をしなければ、交通事故証明書を発行することができません。交通事故証明書は、加入している保険会社に保険金を請求する際に必要になります。

また、警察に連絡することは、道路交通法で義務づけられています。もしも物損事故を起こしたのに警察へ連絡しなかった場合、処罰の対象になってしまいます。処罰の内容としては、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金になります。

したがって、必ず警察に連絡をするようにしてください。

現場検証に立ち会う

警察に連絡をしたら、警察官と加害者・被害者立ち合いのもと、現場検証が行われます。現場検証は、損害の程度や事故の発生原因などを確認し、損害賠償の金額を決める際の判断材料にするために行われます。

事故で壊れたモノの所有者を確認し、連絡をする

事故でガードレールや家の塀を壊してしまった場合、加害者は壊れたモノに対する損害を賠償しなければなりません。そのため、壊れたモノが誰のものか確認をし、連絡をしましょう。

事故で壊れたモノが個人の場合は、氏名・住所・電話番号などをメモします。一方、壊れたモノがガードレールや電柱などの公共物だった場合は、以下を確認して連絡するようにしてください。

  • ガードレールの場合
    国、都道府県、市町村といった道路の管理者
    (設置場所で管理者が異なる)
  • 電柱の場合
    電力会社や電話会社
    (電柱に所有者プレートが取り付けられている)

自分が加入している保険会社に連絡する

事故処理がある程度落ち着いてきたら、自分が加入している保険会社に、電話やインターネットで連絡をするようにしましょう。ただし、物損事故の場合、自賠責保険が使えないため、任意保険会社に連絡をすることになります。

保険会社に連絡を入れることで、物損事故の加害者は保険金を受け取ることができます。したがって、必ず自分が加入している保険会社に連絡をするようにしましょう。

物損の交通事故でモノが破損したら?

悩む男性

物損事故を起こしてしまった場合、以下のようなモノに対する損害が発生します。

  • 公共物や個人のモノに対する損害
  • 自分の車に対する損害

公共物や個人のモノに対する損害

公共物や個人のモノを壊してしまった場合、自分が加入している保険の対物賠償保険というものを使います。

対物賠償保険とは、公共物や相手の車、個人の所有するモノなどを壊した場合に使うものです。対物賠償保険で補償される金額は、保険会社との契約内容で異なります。もしも補償金額を超える賠償額を請求された場合は、自己負担になります。

自分の車に対する損害

物損事故で自分の車がへこんでしまったり、部品が取れてしまうこともあります。その場合に使える保険が車両保険です。

車両保険とは、自分の車が壊れた場合に使える保険です。車両保険で補償の対象は、保険会社との契約内容で異なります。

▶︎参考:事故車を修理する場合の流れについてはこちら>

【注意】任意保険を使うと、保険料が上がる!

任意保険には、1~20等級までの保険の等級が設けられています。任意保険では、この保険の等級に応じて、保険料を割引・割増を適用するという等級制度があるのです。

任意保険を使った場合は等級が低くなり、保険料は割増されます。反対に、任意保険を使わい場合は等級が高くなり、保険料は割引されます。したがって、任意保険を使うか、使わないかをしっかりと見極める必要があります

物損の交通事故についてのまとめ

まとめ 男性

いかがでしたか。物損の交通事故を起こしてしまった場合、以下の手順で事故処理を行います。

  • 二次被害の防止
  • 警察に連絡する
  • 現場検証に立ち会う
  • 事故で壊れたモノの所有者を確認し、連絡をする
  • 自分が加入している保険会社に連絡する

その後、壊れたモノの賠償を行いましょう。物損事故の場合、任意保険を使うことになります。しかし、任意保険を使うと保険料が上がることもあるので、「任意保険を使うべきなのか」ということを慎重に判断してくださいね。

交通事故に特化したお見舞金10,000円も貰える整骨院・接骨院を探す

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

フリーボイス 無料
0120-963-887
まずはお電話でお気軽に無料相談!【9:00〜22:00】
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。