×

2018.09.27 むち打ち 症状固定 後遺障害等級認定 慰謝料 被害者請求

むちうちの後遺症認定が難しいのは何故?後遺障害等級認定のポイント

交通事故で負う怪我のうち、多くの方が「むちうち」と診断されます。「むちうち」は後遺症が残ることもあり、後遺障害等級認定を受けることになるかもしれません。

しかし、むちうちで後遺障害等級が認定されるのは難しいといわれています。そこで今回は、「むちうちの後遺症の認定が難しいといわれる理由」について解説していきます。

むちうちとは?

医師の診察を受ける

交通事故で最も多い怪我は「むちうち」といわれています。むちうちは、交通事故の衝撃で首が鞭のようにしなり、首周辺の筋肉や靱帯が損傷することで、様々な症状があらわれます。

むちうちであらわれる症状は、以下の通り。

  • 首の痛み
  • 肩のこり
  • 腰痛
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 耳鳴り
  • 手足のしびれ   など

上記のように、一見むちうちとは関係のないような、耳鳴りやめまいなどの症状もあらわれるので注意が必要です。そして、むちうちの症状は、後遺症が残ってしまう可能性もあります。

▶︎参考:むちうちは5つの症状型に分類することができる
▶︎参考:むちうちの怪我は3つの通院先から選択可能!

後遺症が残ったら後遺障害等級認定を申請する

手続き

むちうちの症状が後遺症になってしまった場合、後遺障害等級認定を申請しましょう。後遺障害等級認定を申請し、後遺障害の等級が認定された場合、認定された等級に応じた金額後遺障害慰謝料逸失利益を受け取ることができます。

▶︎参考:等級別の後遺障害慰謝料の金額についてはこちら
▶︎参考:逸失利益の計算方法について詳しく知りたい方はこちら

後遺障害等級認定の申請手続き

後遺障害等級認定を申請する場合、事前認定または被害者請求のどちらかで行います。

事前認定

事前認定で後遺障害等級認定を申請した場合、加害者側の保険会社が手続きを進めてくれます。被害者が行うのは、後遺障害診断書を加害者側の保険会社に提出するだけなので、申請手続きの手間を省くことができます。

しかし、どのような書類内容で後遺障害等級認定を申請したかを把握することができません。そのため、思っていた等級よりも低い等級が認定されたり、非該当になることもあります。

被害者請求

被害者請求の場合、被害者が直接、自賠責保険会社に後遺障害等級認定の申請手続きを行うことになります。そのため、後遺障害等級認定に必要な書類を作成・取得しなければなりません。

事前認定と比較すると、被害者請求は手間がかかります。しかし、後遺障害等級認定の申請を被害者自身で進めることで、納得のいく等級が認定される可能性が高くなります。

▶︎参考:被害者請求に必要な書類についてはこちら

むちうちが後遺症として認定されるのは難しい?

悩む女性

むちうちの後遺症は神経症状が多く、レントゲンやMRIなどにも写らないため、後遺障害等級認定で等級が認定されるのが難しいといわれています。では、むちうちが後遺症として認定されるには、どうすればよいのでしょうか。

▶︎参考:後遺障害等級認定の申請前に確認!5つの条件とは?

むちうちの後遺症が等級認定されるコツ

先程も述べたように、むちうちの後遺症は神経症状であることが多いため、神経学的テストを受けるのがよいでしょう。神経学的テストを受けることで、医学的に証明でき、第三者に対して後遺症があることを明確に伝えることができます。

神経学的テストは、ジャクソンテスト・スパーリングテスト・深部腱反射テスト・筋委縮検査といったものがあります。

ジャクソンテスト

ジャクソンテストは、頚部から背部、上肢にかけての放散痛やしびれがあるかを診断するためのテストです。

検査方法は、座った状態で後方から前頭葉に両手を置き、頚椎を下方に圧迫し、症状があらわれれば陽性と判断されます。

スパーリングテスト

スパーリングテストは、神経根障害を調べるためのテストです。

検査方法は、座った状態で頭を傾け、後方から頚椎を下方に圧迫し、症状があらわれれば陽性と判断されます。

深部腱反射テスト

深部腱反射テストは、運動系の障害や末梢神経の障害があるかを診断するためのテストです。

検査方法は、打腱器で腱を叩き、反射があるかをみます。反射がなければ陽性になり、どの程度の障害なのかまで判断します。

筋萎縮検査

筋萎縮検査は、頚椎捻挫による上肢の麻痺で、筋肉が細くなっていないかを診断するためのテストです。

検査方法は、両上肢の肘から10㎝の上腕部、前腕部の周径を測ります。そして、左右の周径を比較して、差があるかないかを検査し、差があれば筋萎縮が起こっていると判断されます。

▶︎参考:後遺障害等級認定の結果に納得がいかない場合は、異議申し立てをする!

むちうちの後遺症の認定についてのまとめ

何かを指さす医師

いかがでしたか。むちうちが後遺症になった場合は、後遺障害等級認定を申請しましょう。

しかし、むちうちの後遺症は神経症状が多いため、後遺障害等級認定で等級は認められない可能性もあります。そのため、神経学的テストを受け、「むちうちの後遺症がある」ことを医学的に証明することが大切です。

交通事故でお悩みの方へ

交通事故病院は、交通事故で悩むすべての方に向けた無料の相談窓口です。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

フリーボイス 無料
0120-963-887
まずはお電話でお気軽に無料相談!【9:00〜22:00】
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。