×

2018.09.10 むち打ち 被害者 症状固定 後遺障害等級認定 交通事故

むちうちの症状が緩和しない…後遺障害の定義と被害者がすべきこと

交通事故で負ったむちうちの症状が緩和しないこともあり、後遺障害が残ってしまうことがあります。その場合、治療が終了することになるため、加害者が支払ってくれた治療費や入通院慰謝料なども打ち切られてしまいます。

では、むちうちの症状が緩和しない場合、交通事故の被害者は何をすべきなのでしょうか。そこで今回は、後遺障害の定義や被害者がすべき対応について解説していきます。

むちうちは後遺障害になる?

悩む

交通事故の怪我で多いむちうちは、首の痛みだけでなく、頭痛やしびれ、麻痺、吐き気、耳鳴りなど多種多様な症状があらわれます。むちうちは、交通事故の衝撃で首が鞭のようにしなり、首周辺の筋肉や靱帯などの軟部組織が損傷することで発症します。

むちうちの症状で、特に神経に関するしびれや麻痺、頭痛などの症状後遺症が残ることがあります。また、むちうちの後遺症は後遺障害の等級に該当する症状もあるため、後遺障害(※1)となる可能性があるのです。

むちうちの症状が後遺障害になった場合、後遺障害等級認定を申請しましょう。

※1 後遺障害とは、交通事故が原因で残った後遺症のうち、後遺障害の等級に該当する症状を指します。

後遺障害等級認定とは?

先程述べた後遺障害等級認定は、どうして申請するべきなのでしょうか。

そもそも後遺障害等級認定とは、交通事故が原因で残った後遺症が、後遺障害の等級の何級に当てはまるのを審査するためのものです。後遺障害等級認定には、1~14級までの等級があります。

後遺障害等級認定を申請するメリットは、後遺障害慰謝料逸失利益を受け取れることです。しかし、後遺障害慰謝料や逸失利益を受け取ることができるのは、後遺障害等級認定で等級が認定された人に限られます。また、後遺障害等級認定で認定された等級が何級なのかによって、受け取れる後遺障害慰謝料と逸失利益の金額は異なります。

▶︎参考:等級別の後遺障害慰謝料額について詳しく知りたい方はこちら

むちうちの場合に多い等級は?

後遺障害等級認定には1~14級までの等級がありますが、むちうちの場合は、以下の等級が認定されることが多いです。

  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの

上記の等級では、14級9号の方が軽い障害12級13号が重い障害となっています。

後遺障害等級認定の申請手続き

手続きを行う女性

後遺障害の等級を認定してもらうには、後遺障害等級認定を申請しなければなりません。
後遺障害等級認定の申請手続きは、以下の2つの方法から選択することができます。

  • 事前認定
  • 被害者請求

事前認定

事前認定とは、後遺障害等級認定の申請手続きを加害者側の保険会社に任せる方法です。

事前認定のメリット・デメリットは以下の通り。

ーー 事前認定のメリット、デメリットを教えてください。

濱島先生:
「事前認定のメリットは申請手続きを加害者側の保険会社が行うため、手続きが簡単であるという事です。デメリットは、保険会社が主導のため相手任せになってしまい、正しい認定が行われない可能性があるところです。」

むちうちは首の痛みだけじゃない?後遺症を残さないための治療法とは

被害者請求

被害者請求とは、被害者が直接、自賠責保険会社に後遺障害等級認定の申請を行う方法です。

被害者請求のメリット・デメリットは以下の通り。

ーー 被害者請求のメリット、デメリットを教えてください。

濱島先生:
「被害者請求は、被害者側から直接自賠責保険に請求するので、被害者自らが書類や資料を揃えなければいけません。しかしその分、提出書類を被害者が確認し、納得しながら進めていくことができます。また、被害者側に有利となる主治医の意見書を集めることで、適正な認定を受けられる可能性が高まります。」

むちうちは首の痛みだけじゃない?後遺症を残さないための治療法とは

むちうちの後遺障害等級認定は難しい?

頭を抱える女性

そもそも後遺障害等級認定で等級が認定されるには、以下の5つの条件を満たしていなければなりません。

  • 医療機関へ定期的に通院している
  • 交通事故の状況と被害者が申告する症状の程度が一致している
  • 交通事故当初から、被害者の訴える症状が続いており、一貫性がある
  • 後遺症が医学的に(画像診断や検査結果など)証明できる
  • 症状が重く、日常的に症状が続いている

先程、むちうちで残る後遺障害は、神経症状が多いと述べました。しかし、神経症状は外傷がみられない症状であるため、医学的に証明することが難しく、後遺障害等級認定で等級が認定されにくいのです。そのため、後遺障害等級認定を弁護士に相談することをおすすめします。

後遺障害等級認定を弁護士に相談!

後遺障害等級認定を弁護士に相談した場合、以下のようなことを行ってくれます。

ーー後遺症と判断され弁護士さんに依頼したとき、具体的にやってくれることはなんですか?

五十部先生:
「受付窓口もやりますし、場合によってはお医者さんのところに一緒に立ち合って、コミュニケーションを取りながら、診断書や後遺障害診断書を作成するということもあります。
もしも何かしらの症状が後遺症として残ってしまったら、後遺症と向き合って生きていくことは容易いことではありません。ですから、万が一後遺障害等級認定を申請するときのことも考えて、事前に弁護士に相談をした方が安心できるはずです。」

弁護士が監修!後遺障害の等級認定を成功させるためのコツ【Vol.4】

弁護士に依頼すると、書類の作成を手伝ってくれるため、後遺障害等級認定の手続きに対する不安が少なくなるでしょう。しかし、弁護士に依頼すると、弁護士費用がかかるため注意が必要です。弁護士費用は、弁護士特約を使うことで費用の負担を減らすことができます。

▶︎参考:弁護士特約について詳しく知りたい方はこちら

むちうちの後遺障害についてのまとめ

ポイント

いかがでしたか。むちうちは神経症状の後遺障害が残る可能性があります。もしもむちうちで後遺障害が残ってしまったら、後遺障害等級認定を申請するようにしましょう。

後遺障害等級認定を申請し、等級が認定されれば、後遺障害慰謝料や逸失利益を受け取ることができます。しかし、後遺障害等級認定で後遺障害の等級が認定されるのは難しいため、弁護士に相談してみることをおすすめします。

交通事故でお悩みの方へ

交通事故病院は、交通事故で悩むすべての方に向けた無料の相談窓口です。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄