2017.11.24 特約 後遺障害等級認定 慰謝料 示談交渉 交通事故

交通事故の慰謝料が被害者に支払われるのはいつ?

車3台

交通事故の被害にあうと、被害者は加害者に対して、慰謝料を請求することができます。
慰謝料を請求すると、被害者は怪我の治療費や通院交通費を負担することなく、通院することができます。

慰謝料を請求できると知ることで、費用に対しての不安は少し軽減されるかと思います。
しかし、被害者が一番気になる点は「いつ支払われるのか」という部分ではないでしょうか。

この記事では、被害者に慰謝料が支払われるタイミングについて、詳しく述べています。
交通事故においての慰謝料について疑問をお持ちの方は、ぜひこの記事をお読みください。

慰謝料とは

悩む女性のシルエット

交通事故の被害者は、「交通事故にあってしまった」という悲しみや、怪我の苦痛に耐えなければいけません。
慰謝料とは、交通事故によって被害者が感じた、悲しみや苦痛などの精神的苦痛を、加害者がお金で補ったものです。

慰謝料は、損害賠償の中に含まれています。損害賠償とは、交通事故によって被害者が負った様々な損害に対して、加害者が埋め合わせをすることをいいます。損害賠償には、慰謝料の他に、積極損害と消極損害というものがあります。

▶︎参考:交通事故の損害賠償!積極損害と消極損害について詳しくはこちら。

被害者が受け取れる慰謝料は2種類

交通事故の被害者が受け取ることのできる慰謝料は、2種類。

  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料

それぞれの慰謝料について、詳しく解説していきます。

入通院慰謝料

うずくまる女性

交通事故で怪我を負うと、怪我の治療のために医療機関へ通院しなければいけません。場合によっては、入院を強いられることもあります。

入通院慰謝料とは、交通事故の怪我によって入通院を強いられた際に、被害者が受けた精神的苦痛を補うものです。「入通院のために時間を割かなければいけなくなった」という迷惑料と思ってよいでしょう。

後遺障害慰謝料

頭を抱えて悩む男性

交通事故による怪我の治療を続けても、症状が緩和されない場合、その怪我は後遺症になってしまうことがあります。

後遺障害慰謝料は、後遺症になってしまったことで被害者が受けた精神的苦痛を補うものです。

後遺障害慰謝料を受け取るには、まずは後遺症が後遺障害であると認められる必要があります。後遺症から後遺障害になるには、いくつかの条件を満たさなければいけません。

▶︎参考:後遺症が後遺障害となる条件とは?

慰謝料には3つの計算基準がある

電卓でお金の計算をする

慰謝料を計算する際には、3つの基準が使われます。

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

それぞれの基準で、計算方法が異なります。一つひとつ、詳しく見ていきましょう。

自賠責基準

自賠責保険とは、車を所有しているすべての運転者に、加入を義務付けられている保険です。自賠責保険が適用されると、通院1日につき4,200円の慰謝料が発生します。

自賠責基準は、被害者が負った損害の補償を、最低限行うことを目的としています。限度額は120万円となっており、被害者に支払われる慰謝料の金額は、3つの基準の中で最も低いといわれています。

▶︎参考:自賠責保険が適用されるには?

任意保険基準

任意保険とは、運転者の任意で加入を決めることができる保険です。慰謝料の金額が自賠責保険の限度額を超えた場合、足りない分は任意保険が補います。

任意保険基準は、各任意保険会社で基準が異なり、ほとんどが非公開とされています。
被害者に支払われる慰謝料の金額は、自賠責基準と弁護士基準の中間当たりといわれています。

弁護士基準

弁護士基準は、交通事故においての過去の判例も参考に、弁護士会が公表しているものです。

「赤い本」や「青い本」と呼ばれる法律書を基に計算が行われています。被害者に支払われる慰謝料の金額は、3つの基準の中で最も高額になるといわれています。

自賠責基準を使った入通院慰謝料の計算方法

車を持った人形と金の上に立つ人形

今回は、自賠責基準での入通院慰謝料の計算方法をご紹介します。

入通院慰謝料は、

①治療期間 入院期間+通院期間
②実通院日数 (入院期間+実通院日数)×2

この2つを計算し、少ない方に4,200円をかけて計算します。

    例)交通事故でむちうちになり、入院はせず130日通院(実通院日数110日)した場合

    ①治療期間=130日
    ②実通院日数 110×2=220日

    ①の方が少ないので、

    130×4,200=546,000

    よって、この場合の入通院慰謝料は54万6,000円となります。

自賠責基準では後遺障害慰謝料はいくらもらえる?

後遺障害には、1級から14級までの等級があります。後遺障害慰謝料は、この等級によって金額が異なります。1級が最も高い金額となり、14級が最も低い金額となります。

詳しい慰謝料の金額は、以下の表をご覧ください。

後遺障害慰謝料等級表

慰謝料はいつ支払われるの?

被害者に慰謝料が支払われるのは、加害者側保険会社との示談が終了してからです。
示談とは、被害者と加害者の保険会社が話し合いを行い、互いに納得した上で、被害者に支払われる賠償金額を決定することをいいます。

日めくりカレンダー

示談が終了すると、加害者側の保険会社から被害者宛てに、示談書の案が送られてきます。示談書の案には、賠償金の決定額や、支払い方法などが記載されています。被害者は、示談書の案をよく読み、納得した上で署名・押印をし、加害者側の保険会社へ送り返します。

加害者側の保険会社は、被害者から送られた示談書の事務処理を行い、被害者の指定口座へ賠償金が振り込まれます。加害者側の保険会社から示談書の案が届いてから、被害者へ示談金が振り込まれるまで、約2~3週間かかると言われています。

加害者が任意保険に加入していない場合は?

バツする男性

被害者は通常、加害者側の任意保険会社と示談を行います。しかし、加害者が必ずしも任意保険に加入しているとは限りません。

加害者が任意保険に加入していない場合は、加害者と直接示談交渉を行わなければいけません。加害者と示談が終了したとしても、被害者に支払われる賠償金額を加害者が持ち合わせていない場合、被害者は加害者から分割で支払われるのを待たなければいけなくなります。

示談交渉を弁護士に依頼している場合

説明するビジネスマン

弁護士に示談交渉を依頼すると、弁護士費用が発生します。この場合、示談金はまず弁護士の預かり金口座へ入金されます。

被害者に支払われる最終的な示談金額は、預かり金口座から弁護士用を差し引かれた分です。また、示談金が振り込まれるまでに1~2日程度の期間が必要となります。

まとめ

交通事故の被害者は、加害者に対して慰謝料を請求することができます。しかし、治療終了後すぐに慰謝料が支払われるわけではありません。慰謝料が被害者へ支払われるのは、加害者との示談が終了してからです。

お問い合わせ

予期せぬアクシデントが交通事故です。初めての交通事故でどうして良いか分からない。
そんな方々を知識面、治療面から完全サポート致します。

お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が付与されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
加盟・掲載ご希望の方へ

交通事故病院は、交通事故で悩む全ての方に向けた相談窓口です。 登録を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話ください 0120-963-887

交通事故病院は交通事故で悩む全ての方の相談窓口です。
登録ご希望の方はお気軽にお電話ください。