2018.02.23 示談・和解 裁判 慰謝料 示談交渉 交通事故

交通事故の遅延損害金とは?計算方法や裁判についても解説!

信号

3ヶ月前、交差点で信号待ちをしているときに、追突事故にあった。その後、身体に痛みがあらわれたため、治療をすることにした。

治療のおかげで身体の痛みもなくなったため、示談交渉を始めることになった。その後の示談交渉は思うように進まず、裁判になった。弁護士に相談したところ「裁判は長引くので、遅延損害金も請求しましょう。」と提案してきた。「遅延損害金って何だ?」

このような疑問を持っていませんか?今回の記事では、交通事故の遅延損害についてだけでなく、交通事故の裁判についても解説していきます。

交通事故で裁判になった

裁判所とお金

交通事故は、示談で解決することが多いです。しかし、交通事故の示談交渉がうまく進まず、裁判になることもあるかと思います。ここでは、交通事故の裁判について説明していきます。

交通事故の裁判には2種類ある

交通事故の裁判には2種類あります。それは、刑事裁判民事裁判です。2つの裁判は、どのように違うのでしょうか。

交通事故における刑事裁判

交通事故における刑事裁判では

  • 加害者に対して罰金や懲役などの刑罰を与えるべきか
  • 刑罰を与えるのであれば量刑はどうするのか

という議論を行います。

刑事裁判は、被害者が加害者を起訴(※1)しようと思っていても、起訴する権利はありません。刑事裁判を起訴する権利があるのは検察官だけです。そのため、被害者にも大きな落ち度がある交通事故では、起訴するまで至らないケースもあります。

※1 裁判所に訴えること。

交通事故における民事裁判

交通事故における民事裁判では

  • 加害者が被害者に対して損害賠償の義務があるかないか
  • 損害賠償の義務があるのであればその金額はどうするか

という議論を行います。

民事裁判は、日常生活で起こる問題を法律によって解決する場所です。そのため刑事裁判とは異なり、民事裁判は誰でも起訴する権利があります。また、民事裁判では、請求する損害賠償の金額によって裁判所が異なります。損害賠償の金額が140万円以下の場合は、簡易裁判所、それ以上の金額の場合は地方裁判所となるので注意してくださいね。

交通事故で裁判になった場合の流れ

交通事故で裁判になった場合、どのような流れで進んでいくのでしょうか。

A.交通事故の裁判の流れ

  • ①裁判所に訴状を提出する。
  • ②1~2ヶ月後、第1回口頭弁論(※2)の日程を指定する。
  • ③月1回程度で裁判を行う。
  • ④和解協議を行う。
  • ⑤和解が成立する。
  • ⑥裁判が終了する。

B.和解が成立しなかった場合

  • ①尋問を行う。
  • ②1~2ヶ月後、判決が下される。
  • ③判決に納得する。
  • ④判決を確定する。
  • ⑤裁判が終了する。

C.判決の内容に満足がいかない場合

  • ①2週間以内に、控訴状や上告状を提出する。
  • ②控訴(※3)や上告(※4)を行う。
  • ③判決が確定する。
  • ④裁判が終了する。

基本的にA→B→Cのような順で進んでいきます。もちろん裁判の流れは人によって異なり、「Aで裁判が終了する場合」や「Cまで裁判が長引く場合」もあります。

控訴や上告は、必ずしもできるわけではありません。控訴や上告を申し立てた裁判所が、裁判で下された判決が正当なものであると考えられる場合は、控訴や上告が認められないこともあります。その場合は、現時点の判決のまま裁判が終了することになります。

※2 口頭弁論とは、当事者または訴訟した人の代理人が裁判所で主張を述べ、議論を行うこと。
※3 控訴とは、第一審の判決に納得がいかない場合に、上級の裁判所に対して新たな判決を求めること。
※4 上告とは、控訴を行った第二審の判決がいかない場合に、さらに上級の裁判所に対して新たな判決を求めることです。

交通事故の遅延損害金とは?

時間

民法では、損害賠償を請求する際に、年5%(※5)の利率が遅延損害金として請求することができます。しかし、交通事故の遅延損害金は裁判になった場合にのみ請求できるもので、交通事故が発生した当日から加算されます。また、物損事故と人身事故の両方で遅延損害金は請求することができます。

お金は手元にあり、運用することで利益を得られるものです。しかし、損害賠償を受け取るには時間がかかるため、利益を得る機会を逃してしまうことになってしまいます。そのために、遅延損害金があるのです。

※5 民法改正後は、年3%の利率が遅延損害金となります。

交通事故の遅延損害金を計算方法とは?

遅延損害金の計算式は以下の通り

損害賠償金×5%(民法改正後は3%)×交通事故発生日から損害賠償を支払うまでの期間/365日

遅延損害金を計算する場合は、参考にしてください。

交通事故の遅延損害金まとめ

ポイント

この記事で、遅延損害金について理解できたでしょうか。
この記事で重要なポイントは

  • 遅延損害金は裁判になった場合に請求できる。
  • 遅延損害金の利率は年5%(民法改正後は3%)
  • 損害賠償金×5%(民法改正後は3%)×交通事故発生日から損害賠償を支払うまでの期間/365日で計算できる。

遅延損害金について疑問があれば、この記事を参考にしてください。

交通事故でお悩みの方へ

交通事故病院は、交通事故で悩むすべての方に向けた無料の相談窓口です。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

お問い合わせ

予期せぬアクシデントが交通事故です。初めての交通事故でどうして良いか分からない。
そんな方々を知識面、治療面から完全サポート致します。

お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円のお見舞金を支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

交通費支給制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
サイト運営方針
加盟・掲載ご希望の方へ

交通事故病院は、交通事故で悩む全ての方に向けた相談窓口です。 登録を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話ください 0120-963-887

交通事故病院は交通事故で悩む全ての方の相談窓口です。
登録ご希望の方はお気軽にお電話ください。