×

2018.01.29 人身事故 被害者 慰謝料 示談交渉 交通事故

交通事故で流産に…慰謝料を含めた損害賠償について

妊婦

妊娠中の定期健診を受けるために、夫と産婦人科に車で向かっていたときのこと。交差点で青信号に変わるのを待っているところに、車と車の合間をつき進んでくる車がいた。自分たちが乗っていた車は一番先頭だったため、その車とぶつかった衝撃で交差点にはみ出した。交差点にはみ出した後、左から来た車ともぶつかり、2次被害にあった。
その後、お腹痛みがあったため病院に行った。しかし、お腹の子どもは助からず、流産となってしまい、深い悲しみを負った。

今回は、交通事故で流産になった場合の慰謝料を含めた損害賠償と通院先についてを説明していきます。

交通事故で怪我をした場合の通院先

病院

交通事故で怪我をした場合、以下の3つの通院先から自由に選んで通院することができます。
整形外科
医師による治療が受けられます。
レントゲンやMRIなどの検査、痛み止めや湿布の処方ができます。

整骨院
柔道整復師による施術が受けられます。
手技やマッサージ、電気治療、牽引などの施術ができます。

鍼灸院
はり師や灸師による施術を受けらられます。
はりと灸を使った施術ができます。

上記の通院先であれば、交通事故の被害者は保険を使って通うことができます。

また、妊婦の方は受けられる治療と受けられない治療があるので注意が必要です。
例えば、レントゲンや痛み止めのような薬は、胎児のためにも避けなくてはなりません。

交通事故で流産をした場合の慰謝料は?

お金と車と人形

交通事故で流産してしまったときの悲しみは、計り知れないですよね。万が一、流産となってしまった場合、慰謝料はどうなるのでしょうか。ここでは、流産したときの場合だけでなく、妊婦に関する慰謝料も併せて説明していきます。

妊婦に関する交通事故の慰謝料

今回は、以下の3つの場合の慰謝料について説明していきます。

  • 交通事故が原因で、流産した場合
  • 交通事故が原因で、生まれた子どもに影響が出た場合
  • 交通事故が原因で、切迫早産になった場合

交通事故が原因で、流産した場合

交通事故が原因で流産した場合、胎児に対する慰謝料は請求することはできません。
そもそも慰謝料は、「人」が負った精神的苦痛に対して支払われるものです。民法上、「人」と認識されるのは、出生してからと定められています。したがって、お腹の中にいた胎児に慰謝料の請求権がないので、遺族であっても胎児に対する慰謝料を請求することができないのです。

しかし、胎児に対しての慰謝料を請求することができなくても、母親が請求する慰謝料を増額することは可能です。慰謝料は、交通事故の被害にあい、精神的苦痛に対して発生するものです。ということは、新たな命の誕生を期待していたにも関わらず、胎児を失ったことに伴う精神的苦痛は慰謝料請求の対象となります。

交通事故が原因で、生まれた子どもに影響が出た場合

交通事故の衝撃が原因で生まれてきた子どもが、何らかの障害による影響が出てくることがあるかもしれません。その場合、母親と生まれてきた子どもの両方が、慰謝料を請求できます。

交通事故当時は胎児であったとしても、実際に生まれてきた場合、子どもに対しても損害賠償請求権が認められるのです。何故なら、胎児は既に生まれたものとみなされると民法上で定められているからです。

慰謝料の金額は、障害の内容や程度の金額で変化はあるものの、後遺障害の等級を基準に算定されます。

交通事故が原因で、切迫早産になった場合

交通事故で切迫早産になった場合も、先程と同様の理由で、母親と生まれてきた子どもの両方が、慰謝料を請求できます。

これら3つの場合で慰謝料を請求する場合は、交通事故が原因であることを証明しなければならないことを頭に入れておいてくださいね。

その他の損害賠償について

疑問1

交通事故にあうと、様々な損害賠償を請求することができます。以下の3つに分けて説明します。

積極損害

交通事故にあったことで、必要になった費用を補償するものです。

具体例は…

  • 診察費
  • 治療費
  • 付添看護費
  • 入院雑費
  • 通院交通費
  • 装具や器具の購入費       など

消極損害

交通事故にあったことで、被害者が将来得るはずだった収入が減少した分を補償するものです。

具体例は…

  • 休業損害
  • 逸失利益

交通事故の慰謝料

交通事故が原因で、精神的苦痛を負ったことを補償するものです。

具体例は…

  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料

損害賠償を受け取るには、加害者の保険会社に請求をしなければなりません。交通事故にあったら、まずは加害者の保険会社に連絡しましょう。

まとめ

今回の記事のまとめは…

  • 妊婦の方が治療をする場合、レントゲンや痛み止めのような薬は避けること。
  • 交通事故が原因で流産になった場合、胎児自身に慰謝料請求権はない。しかし、母親が胎児を失った悲しみの補償を慰謝料として請求することができる。
  • 交通事故にあった場合、積極損害・消極損害・慰謝料の3つの損害賠償がある。

交通事故の被害者になった場合、参考にしてください。

約束

交通事故でお悩みの方へ

交通事故病院は、交通事故で悩むすべての方に向けた無料の相談窓口です。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円のQUOカードを支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄