×

2018.02.16 自賠責 人身事故 被害者 慰謝料 交通事故

交通事故で打撲に…慰謝料の金額を知りたい!計算方法とは?

ダッシュボード

レンタカーを借りて、友人と温泉ドライブをしていたときのこと。車線変更をしていた車が自分たちが乗っている車とぶつかり、交通事故の被害にあった。交通事故の衝撃で、車のダッシュボードに膝をぶつけた。その後、病院で診察を受けると、打撲といわれた。
「打撲の場合、慰謝料はどのくらいになるのだろう…。」

このような疑問抱えていませんか。
今回の記事では、打撲の治療について・打撲の慰謝料について説明していきます。

そもそも打撲とは何?

膝

打撲とは、「転倒したとき」や「何かにぶつかったとき」など、強い衝撃が外部から加わることで症状があらわれます。皮下組織や筋肉などの軟部組織が損傷し、傷口のないものが打撲に当てはまります。

打撲の治療について

医師のせつめい

先程述べましたが、打撲は皮下組織や筋肉などの軟部組織が損傷している状態です。骨に異常があるわけではないのですが、打撲でもしっかりと治療をする必要があります。

打撲の治療期間

打撲の治療は、1ヶ月程かかります。打撲の程度も人によって異なるため、多少違いがあるかもしれませんが、目安は1ヶ月と覚えておきましょう。

打撲の治療方法

ここでは、打撲になった場合の応急処置と治療方法について説明していきます。

応急処置について

打撲の応急処置で一般的なのは以下4つです。

  • 安静:打撲した部分を安静にしておく。
  • 冷却:炎症を抑えるために15~20分間、打撲部分を冷やす。
  • 圧迫:腫れや内出血を防ぐために、弾力包帯やテーピングなどを使い、打撲部分を適度に圧迫する。強く巻いてしまうと、局部的に血流が低下してしまうため注意が必要。
  • 高く挙げる:内出血を防ぎ痛みを抑えるために、椅子やクッションなどを使い、打撲部分を心臓より高い位置に保つ。

応急処置を行うことで、打撲の治りが早くなります。何かあったときのためにも、覚えておくとよいでしょう。これは、あくまで応急処置です。応急処置を行った後は、必ず病院の診察を受けてくださいね。

治療について

打撲の治療で一般的なのは以下2つです。

  • ①アイシング:3日間打撲部分を冷やし、内出血を抑えて血管を収縮させ、痛みを和らげる。
  • ②温熱療法:打撲部分を温めます。温めると血管を膨張し、血液の流れがよくなり、症状が緩和されます。

①→②の手順で行います。

打撲の場合は慰謝料はいくらになる?

計算

打撲になったことで痛みに悩まされたり、通院することになったり、とても大変ですよね。これらの精神的苦痛に対して支払われるのが、慰謝料というものです。

交通事故の慰謝料は2つ

交通事故の慰謝料は、入通院慰謝料後遺障害慰謝料の2つがあります。ここでは、2つの慰謝料の定義や違いについて説明していきます。

入通院慰謝料

入通院慰謝料は、入通院したことで負った精神的苦痛に対して支払われるものです。

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は、後遺症が残ることで負った精神的苦痛に対して支払われるものです。
しかし、後遺障害慰謝料は後遺障害等級認定を申請し、等級が認められなければ支払われません。

▶︎参考:後遺障害等級認定の申請方法について知りたい方はこちら

交通事故の入通院慰謝料を計算する

今回は2つの慰謝料のうち、入通院慰謝料の計算を解説していきます。

3つの基準と計算式

3つの基準のうち、どの基準を使って計算するのかによって、慰謝料の金額に差が出ます。

  • 自賠責保険基準
    自賠責保険を使って計算するときの基準です。自賠責保険は、車を運転する人が必ず加入することを義務づけられています。交通事故の被害者を救済するために、最低限の保障を行うことが目的の保険です。そのため、自賠責保険基準で計算すると、3つの基準の中で最も低い金額になります。
  • 任意保険基準
    任意保険を使って計算するときの基準です。そもそも任意保険は、加入が義務づけられていない保険ですが、多くの人が加入しています。その理由は、自賠責保険でカバーできない部分を補償してくれるためです。
    任意保険基準は、各保険会社で異なる基準になっていますが、公表されていません。慰謝料の金額は、自賠責保険基準の金額より高く、弁護士基準の金額より低くなります。
  • 弁護士基準
    弁護士を使うときの計算基準です。弁護士基準で計算すると、3つの基準の中で最も高い金額になります。しかし、弁護士費用が発生するため注意が必要です。

自賠責保険基準を使った計算方法は、明確に決められています。そこで今回は、自賠責保険基準で計算する方法を説明していきます。

    慰謝料は1日あたり4200円

    実通院日数:(実際に通院した日数)×2
    または
    通院期間:通院を開始した日から、完治または症状固定した日
    ※実通院日数と通院期間を計算して、比較したときに少ない数字を使います。

    このことから計算式は、4200円×(実通院日数×2または通院期間)になります。

入通院慰謝料の計算例(打撲の場合)

具体的に、打撲を例に挙げて計算していきます。

先程も述べたように、打撲の治療期間は1ヶ月程度です。では、通院期間を1ヶ月(=30日)、実通院日数を12日(=週3で通院)と仮定しましょう。

実通院日数:12日×2=24
通院期間:30日

4200円×24日=100,800円となり、この金額が慰謝料となるのです。

交通事故で打撲になったときの慰謝料まとめ

喜ぶ

この記事で重要な点は…

  • 打撲の治療期間は、1ヶ月程度かかる
  • 打撲の治療は、アイシングと温熱療法を行う
  • 慰謝料を計算するとき、自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準のどれかを選んで使う
  • 自賠責保険基準の慰謝料計算式は、4200円×(実通院日数×2または通院期間)

この記事を参考にして、落ち着いて交通事故対応を行ってくださいね。

交通事故でお悩みの方へ

交通事故病院は、交通事故で悩むすべての方に向けた無料の相談窓口です。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円のQUOカードを支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄