×

2018.02.26 人身事故 被害者 加害者 裁判 交通事故

交通事故で禁固刑…。刑罰の内容を詳しく知りたい

バイク

今日はバイトだったのに、寝坊したため焦っていた。バイクに乗り、急いでバイト先に向かうことにした。バイクのピードを出し過ぎたため、カーブを曲がり切れず、歩行者とぶつかった。歩行者の身体は、地面に強く叩きつけられ、骨折や打撲など酷い傷を負った。

加害者となってしまい、裁判のために弁護士がつくことになった。その弁護士は、「あなたの刑罰は禁固刑になるだろう。」といった。「禁固刑って何?どんな刑罰かわからない。」

こんな疑問ありませんか。今回の記事では、禁固刑の刑罰内容や交通事故の3つの処分などについて説明していきます。

交通事故の禁固刑とは?

頭を抱えて悩む男性

交通事故の禁固刑は、刑事処分と呼ばれ、刑務所か交通刑務所に拘置される刑罰です。拘置されている期間中に刑務作業をするかは、自由に選択することができます。

交通事故には3つの処分がある

そもそも交通事故の加害者には、以下のような3つの処分を受けることになります。

交通事故の刑事処分

交通事故の刑事処分では、自動車運転死傷行為処罰法・道路交通法などの法律をもとに、懲役刑や禁固刑、罰金刑といった処分を受けます。

交通事故の行政処分

交通事故の行政処分とは、違反点数の加算によって運転免許の取り消し、または免許停止といった処分です。違反点数は、過去3年以内のものが加算されていきます。また、違反点数はリセットされることもありますが、処分前歴(※1)が消えたということにはなりません。

※1 処分前歴は、以前にも交通違反や交通事故による処分を受けたことがあるか、ということを示しているものです。

▶︎参考:交通事故の行政処分!違反点数について詳しく知りたい方はこちら

交通事故の民事処分

交通事故の民事処分とは、交通事故によって被害者が負った損害を金銭で賠償する処分のことです。交通事故の損害賠償は、積極損害・消極損害・慰謝料の3つの種類があります。

▶︎参考:損害賠償について詳しく知りたい方はこちら

交通事故で禁固刑になる場合とは?

悲しい

交通事故の加害者が禁固刑になる場合は、自動車運転過失致死傷罪の罪に問われたときです。

自動車運転過失死傷罪とは、自動車の運転するうえで必要な注意を怠り、人を死傷させた場合に問われる罪です。この場合、7年以下の懲役もしくは禁固又は100万円以下の罰金になります。

交通事故の禁固刑に執行猶予はつくの?

執行猶予とは、罪を犯して判決を下された人が、執行猶予の期間中に刑事事件をおこさなかった場合、刑罰を受けなくていいという制度です。しかし、前科は消えません。
この執行猶予は、禁固刑の場合も適用されるのでしょうか。

執行猶予がつく人には条件がある

光

執行猶予がつく条件は、刑法25条によって定められています。その条件を以下にまとめました。

    ①以下のA・Bに該当する人が3年以下の懲役刑か禁固刑、または50万円以下の罰金の判決を下されたときは、諸事情を考慮して刑罰を軽くすることが可能です。

    A:以前、禁固以上の刑に処せられたことがない人
    B:以前、禁固以上の刑に処せられたが、その刑罰が終わった日、またはその刑罰を免除された日から5年以内に禁固以上の刑に処せられたことがない人

    刑罰を軽くするという意味で、裁判が確定した日から1年以上5年以下の間、執行猶予がつくのです。

    ②以前、禁固以上の刑に処せられ、その刑罰を免除された人が今回の判決で1年以下の懲役刑または禁固刑の言い渡しを受けたとき。「特に(※2)」考慮すべき諸事情があれば刑罰を軽くすることが可能です。この場合、裁判が確定した日から1年以上5年以下の間、執行猶予がつきます。
    ただし、執行猶予の期間中に保護観察がつき、その期間内で再び罪を犯した場合は執行猶予の対象とはなりません。

これらの条件に当てはまる場合は、執行猶予がつきます。

※2 この「特に」という語句が加えられているのは、執行猶予が認められる条件が厳しいことを示しています。

交通事故は禁固刑の他にも刑罰がある

びっくりマークと指

禁固刑や執行猶予といった交通事故の刑罰について説明してきましたが、他にも様々な刑罰があります。

懲役

懲役とは、刑務所に拘置される刑罰です。拘置されている間は、必ず刑務作業を行わなければなりません。

▶︎参考:懲役について詳しく知りたい方はこちら

罰金

罰金は、裁判所の判決によって決められた金額を納める刑罰です。納める金額は1万円以上になります。しかし、裁判所の判決によって決められた金額が納められない場合は、1日以上2年以下の間、留置(※3)されます。

※3 留置とは、一定の間留置所で身柄を拘束すること。

科料

裁判所とは、裁判所の判決によって決められた金額を納める刑罰です。納める金額は1万円未満になります。しかし、裁判所の判決によって決められた金額を納められない場合は、1日以上30日以下の間、留置されます。

交通事故の禁固刑まとめ

今回の記事のまとめは、以下の通り。

  • 交通事故の加害者には、刑事・民事・行政の処分が科せられる。
  • 交通事故の場合、禁固刑・懲役刑・執行猶予・科料・罰金といった刑罰がある。
  • 禁固刑になる場合は、自動車運転過失致死傷罪のとき。
  • 禁固刑の場合は、刑務所か交通刑務所に拘置され、その期間中に刑務作業をするか自由に選択することができる。
  • 禁固刑には、執行猶予がつく場合もある。

交通事故は過失によっておこることもあるので、自分が加害者ならないように注意して運転しましょう。

交通事故でお悩みの方へ

交通事故病院は、交通事故で悩むすべての方に向けた無料の相談窓口です。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
フリーボイス 無料 0120-963-887
お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円のQUOカードを支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄