2018.04.10 示談・和解 被害者 加害者 示談交渉 交通事故

交通事故の裁判で和解…?メリットはある?

夜景1

仕事が終わって、繁華街を歩いていたときのこと。飲酒運転をした車とぶつかり、交通事故の被害にあった。加害者は反省していたが、検察官が起訴と判断し、裁判が開かれることになった。裁判を何回かおこなうと、裁判官が「和解」を提案してきた。

「交通事故の裁判で和解ってどういうこと?」

こんな疑問ありませんか。今回の記事では、

  • 交通事故の裁判について
  • 交通事故の和解とは
  • 交通事故で和解する場合の進め方
  • 交通事故の裁判で和解するメリット

について説明していきます。

交通事故の裁判とは

裁判所と金

交通事故で裁判になることもあり、以下のような2つの種類に分類することができます。それぞれの特徴を説明していきます。

民事裁判

  • 争われる問題:損害賠償に関して
  • 起訴する人:誰でも起訴できる
  • 費用:必要

刑事裁判

  • 争われる問題:加害者の刑罰や過失に関して
  • 起訴する人:検察官しか起訴できない
  • 費用:必要ない(被害者が直接裁判を起こすわけではないから)

交通事故の和解と示談に違いはある?

考える男性

そもそも和解とは、被害者と加害者の両方が譲り合い、意見を一致させて問題を解決することをいいます。そう考えると、示談も和解と同じだと思いますよね。和解と示談に違いはあるのでしょうか。

示談は和解の一種です。示談というのは損害賠償について話し合い、損害賠償金の支払いに関して、被害者と加害者の両者が納得して和解をすることをいいます。したがって、和解と示談に明確な違いがあるというわけではありません。強いて言えば、損害賠償に関する和解を示談といっているのです。

交通事故の裁判で和解をするときの進め方

交通事故で裁判になったとき、裁判の期間中にに和解する場合もあります。裁判の期間中に裁判所が関与した形で、被害者と加害者の話し合いを進めていきます。

話し合い

交通事故の裁判で和解するときの流れは、以下の通りです。

  • ①裁判官から和解の提案がある。
  • ②被害者と加害者の両者が和解に賛成する。
  • ③和解をするための話し合いを何度か行う。
    (※このとき、裁判官が間に入ってくれます。)
  • ④話し合いの結果、被害者と加害者が納得すれば和解が成立。
  • ⑤後日、和解の内容を記した「和解調書」が送付される。

和解の話し合いで和解が成立しなければ、加害者に判決を言い渡す裁判の流れに戻ることになります。

交通事故の裁判で和解するメリットとは?

握手

交通事故の裁判期間中に和解をした場合、
「判決を待つより早く問題が解決できる」
「和解案により裁判所の考えが把握できる」
「本人尋問の負担がなくなる」
という3つのメリットがあります。

和解の方が裁判よりも早く解決できる

裁判の和解を行わない場合、本人尋問(※1)や証人尋問(※2)など多くの手順を踏んで、裁判所が判決を言い渡すのです。また、弁論が終わってからも、判決が出るまでに1~2ヶ月必要になります。さらに、相手が裁判制度にある控訴をすると、解決までに時間を要してしまうのです。

一方、和解には控訴の制度がないので、判決を待つよりも早く問題を解決することができます。

※1 本人尋問とは、交通事故にあった当事者が、その状況や損害についてを法廷で説明することです。
※2 証人尋問とは、交通事故時の証人を法廷に呼び、質問されたことに対して答えることです。

和解案により裁判所の考えが把握できる

交通事故の裁判を進めて行く中で、争点が整理され、証拠も出揃います。この段階で、裁判所は和解案を提示し、和解勧告をします。

裁判所が提示する和解案は、裁判所の考えを反映させており、損害項目ごとに金額と根拠を明確に記載します。このような形の和解案が出せるのは、交通事故における損害賠償の算定基準が決められているからです。

和解案から裁判所の考えを把握できるので、判決で言い渡される内容も見通しをつけることが可能です。

本人尋問の負担がなくなる

交通事故の裁判手続きを弁護士に依頼すると、当事者は裁判所に出向く必要がありません。しかし、判決を言い渡す場合に行われる本人尋問は、必ず当事者が裁判所へ出向かなくてはなりません。

また、本人尋問は準備することも多いため、相手の代理人から精神的につらいことを言われるかもしれません。本人尋問が上手くいかなければ、自分にとって不利益な判決になってしまうというリスがあります。

したがって、負担やリスクがある本人尋問を省けることは、メリットの一つといえるでしょう。

交通事故の裁判で和解するときの注意点

stop

交通事故の裁判で和解するときに注意して欲しいことがあります。以下にまとめました。

遅延損害金が受け取れない

交通事故で裁判になってしまうと、損害賠償を受け取るまでに時間がかかってしまいます。そもそもお金は、手元になければ利益を得ることができません。遅延損害金は、損害賠償を早く受け取ることで、得られたはずの利益をされに上乗せすることができます。

弁護士費用が受け取れない

交通事故の裁判では、基本的に判決で認められた損害賠償額の1割を被害者の弁護士費用として、被告である加害者に負担してもらえます。

しかし、和解になると、基本的に弁護士費用を受け取ることができません。このことを覚えておいてください。

交通事故の和解まとめ

いかがでしたか。今回の記事をまとめると

  • 交通事故の裁判には、民事裁判と刑事裁判がある。
  • 交通事故の裁判で和解するとき、被害者と加害者の間に裁判官が入って進めてくれる。
  • 交通事故の裁判で和解すると、「早く問題が解決できる・和解案で裁判所の考えが把握できる・本人尋問の負担がなくなる」というメリットがある。
  • 交通事故の裁判で和解するときの注意点は、遅延損害金や弁護士費用が受け取れないこと。

交通事故の和解することについて疑問があったら、この記事を参考にしてくださいね。

ハートと車

交通事故でお悩みの方へ

交通事故病院は、交通事故で悩むすべての方に向けた無料の相談窓口です。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

お問い合わせ

予期せぬアクシデントが交通事故です。初めての交通事故でどうして良いか分からない。
そんな方々を知識面、治療面から完全サポート致します。

お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円の交通費を支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

交通費支給制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院より交通費が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
サイト運営方針
加盟・掲載ご希望の方へ

交通事故病院は、交通事故で悩む全ての方に向けた相談窓口です。 登録を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話ください 0120-963-887

交通事故病院は交通事故で悩む全ての方の相談窓口です。
登録ご希望の方はお気軽にお電話ください。