2018.03.19 人身事故 被害者 加害者 裁判 交通事故

交通事故で不起訴になる基準とは?被害者は不服申し立てできる?

横断歩道を渡る人々

先日横断歩道を歩いていると、急に横断歩道を横切ってきた車とぶつかった。交通事故後、むちうちの症状がでたため、3ヶ月程の治療を行った。

「人身事故になったが、加害者は起訴と不起訴どちらになるのかな。」
「交通事故の加害者が不起訴になる場合は、どういうときなんだろう。」

このような疑問はありませんか。今回の記事では、

  • 交通事故の起訴・不起訴処分の判断は誰が行うのか
  • 交通事故の加害者が不起訴になる基準について
  • 交通事故で不起訴処分が決定したその後について

などを説明していきます。

交通事故の起訴・不起訴は刑事処分

指差し

交通事故の加害者が受ける「起訴・不起訴」の処分は、刑事処分にあたります。起訴とは、検察官が裁判所に対して訴訟を起こし、加害者に対して有罪判決を求めることをいいます。不起訴では、裁判所に対する訴訟は行われません。

また、交通事故の加害者は刑事処分だけでなく、様々な処分を受けることになります。

交通事故の加害者は3つの処分を受ける

交通事故の加害者が受ける処分は、大きく分けて以下の3つ。

  • ①刑事処分
  • ②行政処分
  • ③民事処分

①刑事処分

刑事処分は、人身事故を起こした交通事故の加害者が受けるものです。物損事故の場合、刑事処分を受けることはありません。交通事故の刑事処分には、「罰金刑」と「自由刑」の2つの刑罰があります。

罰金刑
罰金刑とは、交通事故の加害者に対して強制的に金銭を取り立てる刑罰のことです。罰金
の金額は、罪の重さに応じて異なります。

自由刑
自由刑とは、加害者の自由を大きく制限する刑罰のことです。「禁固」と「懲役」の2つに分かれています。

  • 禁固:刑事施設に30日以上収容され、身柄を拘束される
  • 懲役:刑事施設に30日以上収容され、刑務作業が科せられる

▶︎参考:刑事処分について詳しく知りたい方はこちら

②行政処分

行政処分は、交通違反をした場合に科せられる免許に関する処分や反則金などの処分です。
具体的には、過去3年分の違反点数が加算されて一定数を超えたとき、免許停止や免許取り消しになります。交通事故の行政処分を担当する機関は、警察と公安委員会です。

▶︎参考:行政処分について詳しく知りたい方はこちら

③民事処分

民事処分は、交通事故の被害者が受けた損害を金銭で賠償するという処分です。いわゆる損害賠償というもので、治療費や慰謝料、通院交通費、逸失利益、休業損害などを支払うことになります。損害賠償の金額は、示談交渉で決まります。しかし、示談交渉がスムーズに進まなかった場合は、裁判になることもあります。

▶︎合わせて読みたい:交通事故の民事裁判について

交通事故で加害者が起訴・不起訴判断は誰が行う?

悩む男性

交通事故の加害者が「起訴・不起訴」のどちらになるのか、という判断は検察官が行います。したがって、被害者が加害者を直接起訴することはできません。

起訴された加害者は、裁判所で何かしらの有罪判決を受けることになります。一方、不起訴になる加害者もいます。ここでは、不起訴になる基準について説明していきます。

交通事故で不起訴になる基準とは?

交通事故で不起訴になる判断基準があります。不起訴となる基準は、以下の3つに分けることができます。

  • ①嫌疑なし不起訴
  • ②嫌疑不十分による不起訴
  • ③起訴猶予

①嫌疑なし不起訴

「交通事故の犯人でないことが明確である。」
「犯罪が成立することを認めれるような証拠がないことが明確である。」
といった場合に、嫌疑なし不起訴処分になります。

②嫌疑不十分による不起訴

交通事故について犯罪を認める証拠が十分でない場合、嫌疑不十分による不起訴処分となります。

③起訴猶予

交通事故で犯罪の疑いが十分にあったとしても、特別な事情が配慮され、起訴猶予という不起訴処分になります。

交通事故の加害者が不起訴となるまでの流れ

ポイントの説明

交通事故の加害者が不起訴になるまでに流れは、以下の通りです。

  • 警察による取り調べ
  • 検察官へ送検
  • 不起訴の判断

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

警察による取り調べ

人身事故が起き被疑者が逮捕されると、まずは警察による取り調べが行われます。

警察署での取り調べでは、主に交通事故当時の状況について詳しく聞かれるようです。そして、逮捕後48時間以内に警察官から検察官へ、事件が送検されます。

検察官へ送検

事件の送致を受けた検察官は、被疑者の身柄を拘束するかどうかの決定をします。身柄を拘束された場合は、最大20日間刑事施設へ拘留され、捜査が行われます。身柄を拘束されない、いわゆる「書類送検」となった場合、被疑者は釈放され、定期的に呼び出しをしながら取り調べが行われます。

不起訴の判断

検察官が、被疑者に対して不起訴の判断をし、身柄が拘束されている場合は、被疑者に対して不起訴処分の告知を行います。ただし、書類送検された場合は被疑者が問合せを行わない限り、不起訴処分になったことを知ることができません。

交通事故で不起訴になったその後について

恐怖

交通事故になった加害者が不起訴になってしまったら、その後はどうなってしまうのでしょうか。

加害者に前科はつくのか

加害者が不起訴になった場合、前科はつくことはありません。前科とは、刑事裁判で有罪判決を受けたときの経歴になります。したがって、加害者に前科はつかないのです。

しかし、前歴は残ってしまいます。犯罪を犯したと疑われて逮捕されたが、不起訴処分になった場合、逮捕されたという事実は残ることになります。そのため、前歴は残ってしまうのです。前歴は、警察、検察、本籍のある市区町村に記録されています。

不起訴処分に対して不服申し立てはできるのか

加害者が起訴されず、不起訴となってしまったとき、処分に納得のいかない場合もあるかと思います。その場合、検察審査会という制度を利用する手段があります。

検察審査会

検察審査会では、検察官が起訴を行わなかったことが適切であるかを審査するもので、被害者から申し立てがあった場合に審査会が開かれます。審査員は、20歳以上の選挙権を持つ国民の中から11人を選んで行います。また、審査をするための費用はかかりません。

審査の結果、起訴すべきという判断に至った場合は、起訴の手続きを行うことになります。

交通事故の不起訴まとめ

まとめ

いかがでしたか。今回の記事をまとめると

  • 交通事故の起訴・不起訴に関する処分は、刑事処分にあたる。
  • 交通事故で起訴・不起訴の判断ができるのは、検察官のみ。
  • 加害者が不起訴になる基準は、「嫌疑なし不起訴・嫌疑不十分による不起訴・起訴猶予」の3つ。
  • 不起訴になった加害者は、前科はつかないが前歴が残る。
  • 不起訴に納得がいかない被害者は、検察審査会で起訴の再検討を行ってもらえる。

交通事故の不起訴処分についてわからないことがあれば、この記事を参考にしてくださいね。

交通事故でお悩みの方へ

交通事故病院は、交通事故で悩むすべての方に向けた無料の相談窓口です。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

お問い合わせ

予期せぬアクシデントが交通事故です。初めての交通事故でどうして良いか分からない。
そんな方々を知識面、治療面から完全サポート致します。

お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円のお見舞金を支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

交通費支給制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
サイト運営方針
加盟・掲載ご希望の方へ

交通事故病院は、交通事故で悩む全ての方に向けた相談窓口です。 登録を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話ください 0120-963-887

交通事故病院は交通事故で悩む全ての方の相談窓口です。
登録ご希望の方はお気軽にお電話ください。