2018.04.24 示談・和解 被害者 加害者 示談交渉 交通事故

物損の交通事故で裁判に。流れや費用について解説!

住宅街

昼間のパートを終え、息子を車で迎えに行く途中に起こった出来事。交差点の信号が黄色だったので、交差点を渡れないと判断し、車を停止させた。

しかし、後ろを走行してた車は、交差点をギリギリ渡れると思ったようで、ものすごいスピードで追い上げてきた。そのため、交差点の前で停止している私の車に追突した。幸い両者に怪我はなかったものの、お互いの車にへこみが生じていた。

示談交渉を行ったが、過失割合でもめており、車に対する損害賠償が決まらない。これは「裁判で決めた方がいいかもしれない。」と思ったため、裁判をすることになった。

「物損事故の裁判は、どのような流れで行うのか」
「費用はどうなるのか」

このように、裁判についての不明点ありませんか。今回の記事では、

  • 民事裁判とは
  • 損事故の裁判の流れ
  • 物損の裁判にかかる費用

について説明していきます。

物損事故の裁判は民事裁判

討論

交通事故の裁判は、以下の2種類があります。

  • 民事裁判:損害賠償に関する問題を取り扱う裁判で、誰でも起訴することができます。
  • 刑事裁判:加害者にどんな刑事罰を与えるべきかという問題を取り扱う裁判で、検察官しか起訴できません。

上記のことから物損事故の裁判は、壊れたモノの損害賠償を決める裁判になるので、「民事裁判」になることがわかります。

▶︎参考:刑事裁判について詳しく知りたい方はこちら

物損事故の裁判の流れ

チェック

物損事故の裁判の流れは、以下の通り。

  • ①裁判所に訴状を提出する
  • ②口頭弁論を行う
  • ③争点整理や証拠の提出をする
  • ④判決を言い渡す

①裁判所に訴状を提出する

まずは、裁判所に訴状を提出します。民事裁判の場合、訴状を提出しなければ、裁判が開かれることはありません。訴状の提出先は、損害賠償で請求する金額によって異なります。以下の表にまとめました。

請求する損害賠償の金額 提出先
140万円以下 簡易裁判所
140万円以上 地方裁判所

簡易裁判所と地方裁判所は、どちらも全国各地にあり、提出先を迷うかもしれません。以下のいずれかを管轄している裁判所に、訴状を提出するとよいでしょう。

  • 訴える人の住所
  • 訴えられた人の住所
  • 交通事故の発生場所

訴状は裁判所の書記官によって審査され、不備があれば訴状を修正することになります。

物損事故の裁判の訴状の書き方【物損編】
物損事故の裁判で提出する訴状の書式と記載例は、裁判所のホームページで閲覧することができます。

訴状に書く内容は、以下の通り。

  • 訴状の作成日
  • 裁判を起こした人の名前と住所、電話番号
  • 裁判で訴える人の名前と住所、電話番号
  • 損害賠償の請求内容
  • 事故の状況と損害内容            など

②口頭弁論を行う

訴状を提出して1~2ヶ月が経過すると、「第1回口頭弁論期日」の日程を決め、口頭弁論を行います。訴えた人は、指定された日に裁判所へ出向くことになります。

一方、訴えられた人は「答弁書」を裁判所に提出していれば、第1回口頭弁論期日に出席する必要はありません。答弁書とは、訴状に書かれた請求に対する回答や訴状に書かれた事実に対する認否を書いた書面のことです。

また、訴えられた人が第1回口頭弁論期日までに争う意思を示さなかった場合、裁判は終了となります。訴えられた人が争いを拒否した場合は、訴えた人が訴状で請求した通りの判決が言い渡されます。

③争点整理や証拠の提出をする

訴えられた人が民事裁判に応じた場合は、月1回の頻度で裁判所で話し合いを行われます。

裁判所では、訴えた人と訴えられた人がお互いの主張を述べ、何が問題で争っているのかを整理していきます。また、お互いの主張を裏付ける証拠の提出も行います。

口頭弁論を進めていく中で、ある程度争点が整理されて証拠が出揃うと、裁判官から和解を提案されることがあります。当事者双方が和解に納得した場合、和解成立となるため、その時点で裁判は終了となります。

▶︎参考:交通事故の裁判の途中で提案される和解についてはこちら

④判決を言い渡す

判決が決まると、裁判官から判決の言い渡しが行われます。判決が言い渡されると、裁判が終了になります。しかし、裁判の判決内容に不服がある場合は、控訴や上告を行って再審を求めることも可能です。

▶︎参考:控訴や上告について詳しく知りたい方はこちら

物損事故の裁判にかかる費用はどのくらい?

車とお金

物損事故の裁判を起こすと訴訟費用や弁護士費用がかかります。しかし、訴訟費用は、裁判で敗訴した人が支払うことになっています。

訴訟費用

訴訟費用には、訴状や申し立て書に使う収入印紙の手数料や各種書類を送付するための郵便料金などがあります。

手数料
手数料は、請求する損害賠償の金額によって異なります。

請求する損害賠償の金額 手数料
①100万円までの場合 請求する金額の10万円ごとに1000円
②100万円以上500万円以下の場合 請求する金額の20万円ごとに1000円
③500万円以上1000万円以下の場合 請求する金額の50万円ごとに2000円
④1000万円以上10億円以下の場合 請求する金額の100万円ごとに3000円
⑤10億円以上50億円以下の場合 請求する金額の500万円ごとに1万円
⑥50億円以上の場合 請求する金額の1000万円ごとに1万円

郵便料金
裁判所が訴状や各種書類を送付するための郵便料金を、あらかじめ切手で納めなければなりません。郵便料金は、各裁判所によって納める金額が異なるので、裁判所に問い合せて確認するのがよいでしょう。

弁護士費用

裁判のために弁護士を雇う場合、弁護士費用が必要になります。弁護士費用には、着手金と報酬金という2つの費用があります。

  • 着手金:弁護士に相談した案件に、着手してもらうための費用のこと
  • 報酬金:弁護士に相談した案件が終了したときに、成功の程度に応じて支払う費用のこと

弁護士費用は、自分の加入している保険に弁護士特約がついていれば、保険会社が負担してくれます。ただし、弁護士特約で負担できる弁護士費用の金額は、保険会社や保険の内容で決められています。一度、自分が加入している保険会社に確認してみることをおすすめします。

▶︎参考:弁護士特約について詳しく知りたい方はこちら

物損事故の裁判についてのまとめ

いかがでしたか。物損事故の裁判は、民事裁判の流れで進めていきます。また、民事裁判の途中で和解となり、その時点で裁判が終了することもあります。
民事裁判では訴訟費用や弁護士費用が必要になりますが、訴訟費用については、裁判で敗訴した人が支払うことになっています。

相談者

交通事故でお悩みの方へ

交通事故病院は、交通事故で悩むすべての方に向けた無料の相談窓口です。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

お問い合わせ

予期せぬアクシデントが交通事故です。初めての交通事故でどうして良いか分からない。
そんな方々を知識面、治療面から完全サポート致します。

お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

交通事故相談員(専門弁護士)の完全サポートを徹底!

0120-963-887
最大25,000円のお見舞金を支給 0120-963-887
交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

交通費支給制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が支給されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
サイト運営方針
加盟・掲載ご希望の方へ

交通事故病院は、交通事故で悩む全ての方に向けた相談窓口です。 登録を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話ください 0120-963-887

交通事故病院は交通事故で悩む全ての方の相談窓口です。
登録ご希望の方はお気軽にお電話ください。