×

2020.12.07 整形外科 施術・治療 整骨院 人身事故 交通事故

交通事故後の対応についてまとめ。交通事故病院に寄せられた相談例

目次

交通事故の被害にあってしまった直後から解決に至るまで、どのような対応をしたらよいのか分からない方が多いのでは?そこで今回は、交通事故病院の相談員が解決した相談例をまとめてご紹介します。

交通事故が発生した直後の対応について相談

事故

初めての交通事故で戸惑っています。どうすればいいですか?

交通事故にあってしまったら、怪我の治療・施術をはじめ、複雑な手続きや示談に向けてなど、やるべきことはたくさんあります。けれど、まずは何をすべきかご存知でしょうか。

それは、警察への連絡です。警察への連絡を怠ってしまうと、後の怪我の治療や手続きなどにも影響がでてきてしまいます。相談例を参考に、きちんと把握しておきましょう。

交通事故直後にとるべき対応についての相談例

交通事故にあいましたが、特に怪我はしていません。

交通事故の直後、身体に大した痛みはないからといって放置するのはやめましょう。

交通事故による怪我の症状は、すぐに出てくるものだけではありません。少しでも痛みや違和感を感じたら、面倒だと思わずに病院などの医療機関で診てもらってくださいね。

交通事故後、痛みがなくとも診てもらうべきかについての相談例

大きな怪我ではないけれど病院に行くべきか相談

ハートの雲と病院

交通事故にあいました。病院へ行くべきですか?

「交通事故にあったけど特に痛みもないし、病院には行かなくていいや」このような考え方は危険です。

交通事故の怪我の症状というのは、事故直後に現れるものだけではありません。特に痛みもなく目立った怪我がないとしても、医療機関に診てもらいましょう。

交通事故で怪我をしていなくても、病院に行くべきかについての相談例

どこの医療機関に行けばよいのか相談

考える男性

初めて交通事故にあい不安。色々話を聞ける通院先を探してます

交通事故にあい怪我をしてしまったら、一刻も早く診てもらいたいですよね。

自賠責保険が適用されますと、治療・施術費を負担することなく通院できます。ただし健康保険を使う場合は、自己負担がありますので注意しましょう。

交通事故の怪我を診てくれる通院先についての相談例

整形外科以外で交通事故の怪我はみてもらえますか?

自賠責保険が適用されることによって、被害者の方は通院先の選択をすることができます。

それぞれの医療機関でどのような治療・施術をしてもらえるか、把握しておくのもよいですね。

交通事故の怪我をどの医療機関に診てもらえばいいかについての相談例

警察で人身事故に切り替えるときの相談

パトカーと警察官の後ろ姿

交通事故の被害者です。人身事故に切り替えた方がいいですか?

交通事故で怪我をしたら、物損事故で処理をせず、人身事故への切り替えを行いましょう。
人身事故に切り替えるには、警察へ診断書の提出をする必要があります。

診断書の取得について不安な場合は、専門の知識を持った人に相談してみるのもよいですね。

人身事故への切り替えについての相談例

交通事故の怪我を負ったときの保険について相談

自賠責保険の用紙

旦那が運転していて交通事故にあいました。保険の手続きが不安。

交通事故の被害にあった際には、相手側の保険会社から保険金を受け取ることができます。

車の保険は主に、任意保険と自賠責保険。自賠責保険については、適用される条件があります。条件を把握することで、やらなければいけない手続きが見えてくるかもしれません。

交通事故にあった際の保険会社との手続きについての相談例

任意保険と自賠責保険の違いについて教えてください。

任意保険や自賠責保険のほかにも、健康保険、労災保険など、保険の種類はさまざまです。

交通事故にあった際、自分が加入している保険の適用はされるのか、理解しておくのもよいでしょう。

任意保険と自賠責保険の違いについての相談例

通院先を保険会社に連絡するときの相談

電話で連絡

交通事故の施術をするとき、保険会社への伝え方に悩んでいます。

交通事故で怪我を負い通院先を決めていても、保険会社から「ここに通ってください」と提案れる場合もしばしば。
けれど、ご自身が通院しやすいところへいくことが大切です。

けれど、自分ひとりではスムーズに話し合いを進められないこともあるでしょう。納得のいく通院先へ通うようにするために、どうすればいいかをしっかりと把握しておきましょう。

保険会社に通院先を伝えるときの相談例

物損から人身に切り替える期間について相談

砂時計とカレンダー

人身事故への切り替えについて教えてください。

交通事故で怪我を負った場合には、物損事故で処理をせず、必ず人身事故に切り替えるようにましょう。

事故にあってから人身事故に切り替える際に、法的な期間はありませんが、時間が経過しすぎると切り替えられない場合があります。

そのようなことがないためにも、切り替える期間の目安は把握しておくとよいでしょう。

人身事故へ切り替える際の期間についての相談例

物損事故扱いで怪我を負っている場合の相談

首の痛みに苦しむ女性

交通事故の被害者です。人身事故に切り替えた方がいいですか?

交通事故で怪我をしたら、物損事故で処理をすることは避けましょう。物損事故で処理をすると、ご自身の負担が大きくなってしまうこともあります。

お悩みの方は、相談例を参考にしてみましょう。

人身事故への切り替えを迷っている時についての相談例

人身事故扱いで怪我を負っている場合の相談

肩に痛みがある女性

交通事故で後頭部が痛いです。どこで診てもらえばいいですか。

人身事故に切り替えることができましたら、次は通院先を決めましょう。

自賠責保険が適用される場合、通院先を決める権利は被害者の方にあります。ご自身の怪我の状態に合った通院先を選択しましょう。

決められない場合は、交通事故病院相談窓口への相談も可能です。お気軽にお問い合わせください。

交通事故の怪我を診てもらう通院先についての相談例

保険会社の対応に困っているときの相談

頭痛を訴える外国人男性

交通事故に詳しい整骨院は?保険会社から連絡きてないです

交通事故後は、加害者や保険会社から連絡するのが一般的です。けれど、連絡がこない場合もしばしば。

保険会社からも連絡が来ず、加害者とも連絡がつかない。ということも。その場合どうしたらよいのか、しっかりと把握しておきましょう。

交通事故後、保険会社から連絡が来ない時についての相談例

まとめ

書類を書く

いかがでしたか?今回は、交通事故の被害者が知っておくべき対応について、交通事故病院の相談員が解決した相談例をまとめてご紹介しました。同じようなお悩みを抱えている方は、相談例を参考にしてみてくださいね。

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887