×

2017.10.10 医者・ドクター 診断書 人身事故 物損事故 過失割合

交通事故の種類、物損事故と人身事故について。実際にあった相談まとめ

目次

交通事故には、人身事故と物損事故があるというのはご存知ですか?加害者や保険会社は、物損事故で処理をしたがりますが、その通りに事を進めるのは大変危険です。それは、何故なのでしょうか。今回は、交通事故病院の相談員が解決した相談例をまとめました。

物損事故と人身事故の違いについて相談

どっち (2)

自転車の交通事故。人身事故に切り替えるべきでしょうか…

交通事故には、物損事故と人身事故があります。まずは人身事故とはどのようなものか、把握しましょう。

人身事故は、被害者が怪我を負ったり生命に関わる怪我を負ったときの交通事故を指します。
車が破損した且つ人が怪我をしていたら、それは人身事故です。

人身事故はどういう事故かについての相談例

交通事故の被害ですが、物損事故のままでもいいですか?

人身事故に切り替えることで、被害者が受けれる補償の幅が広がります。

物損事故のままでは、後に被害者自身の負担が大きくなってしまう場合も。物損事故で処理をした場合、被害者にはどのような負担があるのかをしっかりと把握しておきましょう。

物損事故で処理することのデメリットについての相談例

物損事故として処理されているときの相談

とうしよう (3)

交通事故で怪我をしました。物損事故のままなのですが…

物損事故は、モノに対しての賠償金のみ支払われます。

時間が経ってから痛みが出てきたので、病院や整骨院に通院しようと思っても、通院費の補償はされませんので、自費での通院になってしまいます。

交通事故による怪我の症状は、事故直後に判明するとは限りません。交通事故の被害にあい怪我を負った、迷わず人身事故に切り替えるようにしましょう。

物損事故のままにされて困ってる場合についての相談例

交通事故にあいました。診断書を取得したいのですが。

人身事故への切り替えは、警察に診断書の提出をする必要があります。

診断書は、病院や整形外科で取得することができますので、予め取得しておきましょう。
取得の仕方に迷ったら、整骨院の先生に相談するのもよいですね。

診断書の取得についての相談例

人身事故として処理されているときの相談

なやむ (2)

事故の怪我で今後継続して治療してくれる所を教えてください。

人身事故で処理をしたら、被害者は治療・施術費を負担することなく、通院することができます。

通院先にお困りの際は、交通事故病院にお問い合わせください。通いやすい条件に適した整骨院をお探しし、ご案内いたします。初回は、優先的にご予約をお取りすることもできますよ。

交通事故の怪我を診てくれる通院先についての相談例

警察で人身事故に切り替える方法について相談

パトカー

交通事故にあいました。診断書を取得したいです。

物損事故から人身事故に切り替えるには、病院で取得した診断書を、警察に提出する必要があります。

診断書は、色々な手続きに必要な書類になってきますので、取得するのを忘れないようにしましょう。お悩みの方は、相談例を参考にしてみるとよいですね。

人身事故への切り替えに必要な手続きについての相談例

交通事故の被害にあったばかりで今後の流れがわからない。

人身事故に切り替えのために、警察に診断書を提出するまでの法的な期限はありません。

ですが、事故と怪我との関連性を明らかにするために、10日以内を目安に切り替えるようにしましょう。

交通事故後の流れについての相談例

物損事故の場合に適用される保険について相談

考える (2)

交通事故から1週間。大きな事故ではなかったので物損のままです

物損事故で処理をした場合、車やバイクなど、物に対する賠償金のみ支払われます。

被害者が怪我をして治療・施術を受ける場合、通院費などの慰謝料は支払われません。事前に把握し、注意しておきましょう。

物損事故で支払われる賠償金についての相談例

人身事故の切り替えに必要な診断書について相談

医師と相談 (1)

交通事故で怪我をした。人身事故に切り替えたいです。

人身事故へ切り替えるためには、まずは病院に行き、診断書を取得しましょう。

納得のいく診断書を作成してもらうためには、まず整骨院の先生に相談することをおすすめします。相談例を参考に、診断書について詳しく把握しておくとよいですね。

人身事故に切り替えたい時についての相談例

物損事故の場合の治療・施術について相談

骨折

物損事故でも治療費は支払ってもらえますか?

物損事故の場合、自賠責保険は適用されません。

被害者が怪我を負い、病院や整骨院へ通院する場合、慰謝料の支払いはありませんので、自費での通院になります。

物損事故のままでよいのかということについての相談例

人身事故の場合の治療・施術について相談

追突事故 (1)

初めての交通事故。通院先を探しています。

自賠責保険が適用されると、通院先の選択も自由にできるようになります。

通院先としては整骨院や整形外科があります。
まずは、整骨院ではどのような施術を受けることができるのか、見てみましょう。

交通事故での怪我は、どこで診てもらえるのかということについての相談例

交通事故の被害者です。整形外科で診てもらいたい。

整形外科での治療内容を把握しておきましょう。整形外科では、治療の他にも診断書の作成をしてもらうことができます。

それぞれの治療・施術内容を把握したら、ご自身に適した通院先を選択することが大切です。今後に通院先についてお悩みの方は、相談例を参考にしてみるとよいですね。

交通事故の被害者です。整形外科で診てもらいたい。

物損事故の場合は慰謝料がでるのかという相談

お金 (4)

物損の交通事故について…

物損事故で処理をしたら、怪我に対する慰謝料は支払われるのでしょうか?

答えは出ません。基本的には、請求もできないのです。物損事故で慰謝料を請求できるのは、車などが破損したりした場合のみです。相談例を参考に、しっかりと把握しておきましょう。

物損事故の慰謝料についての相談例

人身事故の場合の慰謝料について相談

やり取り (1)

人身事故で扱う際の慰謝料について教えてください。

自賠責保険が適用されることにより、請求できる慰謝料の金額が高額になります。
被害者は、費用を負担することなく通院することができるようになります。また通院1日につき、4,200円の慰謝料を請求することもできます。

同乗者がいた場合、運転者同様に自賠責保険の適用はされます。安心して通院できますね。

人身事故の慰謝料についての相談例

交通事故の怪我についても、保険会社とのやり取りについても困ってます

人身事故での示談は、すべての治療・施術が終了した時点で行われます。

通院期間が長くなると、保険会社が治療の打ち切りをしてくる場合がありますが、怪我の症状が良くなっていない場合、言う通りにする必要はありません。

困ったときは弁護士に相談し、手助けをしてもらうことも視野に入れてみるとよいでしょう。もちろん、交通事故病院相談窓口でのお問い合わせも可能です。お気軽にお問い合わせください。

人身事故での示談。保険会社との手続きについての相談例

まとめ

追突事故2 (2)

いかがでしたか?今回は、交通事故交通事故病院の相談員が解決した相談例をまとめてご紹介しました。同じようなお悩みを抱えている方は、相談例を参考にしてみるのがよいですね。

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887