×

2018.08.10 むち打ち 柔道整復師 整骨院 インタビュー 交通事故

むちうちは首の痛みだけじゃない?後遺症を残さないための治療法とは

交通事故によるむちうちの症状は、首や肩の痛みだけではありません。めまいや吐き気、頭痛などの症状が現れることもあります。適切な治療を受けられない場合、後遺症として残ってしまうことも…。後遺症が残ってしまったら、今後の人生に大きな悪影響を及ぼすかもしれません。

今回は、交通事故によるむちうちについて、大袋駅前整骨院の院長「濱島 誠也先生」にお話を伺いました。

大袋駅前整骨院 外観

むちうちの後遺症を残さないためには、どのような治療・施術を受ければ良いのでしょうか。

交通事故でむちうちになる原因とは

交通事故にあってしまったら、むちうちを負うことがあります。そもそも「むちうち」とは、どのようなことが原因で引き起こるのでしょうか。

濱島先生:
「実は『むちうち症』という病名はなく、交通事故による衝撃で首が鞭のようにしなることから、そう呼ばれています。正式名称は外傷性頚部症候群や、頚椎捻挫などと呼ばれています。

原因としては、交通事故による自動車衝突で体に衝撃を受け、頚部にかかるエネルギーが、頚椎の靭帯や椎間板、関節包、頚部の筋肉、筋膜などが損傷されることでむちうちになります。

大袋駅前整骨院13

時速40キロ程度の自動車がぶつかった場合、二階建ての屋上から落ちたのと同じ衝撃が加わります。軽い衝突だとしても、想像よりも遥かに大きい衝撃が体に伝わるのです。
人間の頭は5kgほどの重さがあり、細い首で支えています。交通事故で衝撃を受けると頭が前にしなり、反動で後ろに持っていかれるために、首が損傷されてしまうのです。」

ーー 交通事故以外が原因でむちうちを負うこともありますか。

濱島先生:
「ラグビーやアメフトなどの衝撃力が強いスポーツ、または高いところから転落した時の衝撃などで、むちうちを負う可能性はあります。」

むちうちの症状には種類がある

むちうちは、以下の5種類に分けられています。

  • 頚椎捻挫型
  • バレー・リュー症候群
  • 神経根症状型
  • 脊髄症状型
  • 脳脊髄液減少症

それぞれの原因と主な症状について伺いました。

頚椎捻挫型

濱島先生:
「頚椎周辺の筋肉や靭帯の軟部組織が損傷して起きるものです。むちうち損傷の中では最も一般的で、全体の約8割を占めているといわれています。簡単に言えば、首の捻挫によって炎症が起こっているという状態です。交通事故の衝撃によって首が激しく揺さぶられた、首周囲の筋肉や靭帯が過度に伸ばされたか損傷した、ということが原因です。」

大袋駅前整骨院2

ーー 頚椎捻挫型では主にどのような症状があらわれますか。

濱島先生:
「主な症状は、首の痛みです。首を動かした際や、じっとしていても痛みがあらわれます。また、背中や肩甲骨周りの痛み、頭痛やめまいを引き起こすこともあります。」

バレー・リュー症候群

濱島先生:
「バレー・リュー症候群は、頚部の自律神経の機能障害になります。首が動かされたことで神経が引っ張られ、損傷してしまうことが原因です。発見したフランス人医師二人の名前から、バレー・リュー症候群という呼び名が付いています。」

ーー バレー・リュー症候群の主な症状を教えてください。

濱島先生:
「頭痛や、頭が重く感じたり、めまい、聴力の低下、耳鳴り、目の疲れ、視力の低下、喉の詰まり感、食欲低下、吐き気、疲労感、全身の重だるさなどの不定愁訴が多く、自律神経の損傷で症状があらわれます。

どちらかというと受傷直後ではなく、数週間後に発症することが多いので、最初に怪我を負った時にバレー・リュー症候群の症状が現れることは少ないです。」

ーー 頚椎捻挫型と併発するということですか。

濱島先生:
「そうですね。頚椎が揺さぶられたことによって起こるので、同時に起こる可能性もあります。」

神経根症状型

濱島先生:
「神経根症状型は、脊髄から出ている神経根が圧迫されるために発症します。首を反らせると骨の隙間が変わるため、症状が悪化することが多いです。」

ーー 神経根症状型の主な症状を教えてください。

濱島先生:
「主な症状は手のしびれや首、肩、腕、ひじ、指先にかけてのしびれや痛みです。手の指が動かしにくくなるといった、上肢や手指に麻痺の症状が現れることもあります。」

脊髄症状型

濱島先生:
「まず脊髄とは、脳から繋がっている中枢神経で、背骨の中を通っています。脊髄症状型の原因としては、脊髄が背骨や骨棘などにより圧迫され、損傷されることで起こります。」

ーー 脊髄症状型になってしまったら、主にどのような症状が現れますか。

濱島先生:
「脊髄が損傷、圧迫されてしまうと、身体の麻痺や知覚障害などが起こります。下肢に伸びている神経が損傷してしまった場合、下肢のしびれや知覚障害が起こり、歩行障害につながることもあります。また、膀胱や直腸に障害が起こり、排便・排尿に支障をきたす恐れもあります。」

大袋駅前整骨院14

ーー 痛めたのは首だとしても、全身に障害が現れることもあるのですね。

濱島先生:
「そうですね。脊髄症状型は交通事故では最も重篤なパターンです。バイクでの横転事故で負傷してしまい、すぐ病院に入院しなければいけない、といった大きな事故で発症する可能性があります。例えば、頚椎の骨が骨折したことによって、脊髄を圧迫していることがレントゲンで分かった場合は、手術も必要です。」

脳脊髄液減少症

濱島先生:
「体の内側には膜があり、膜の中には脳脊髄液が循環しています。脳脊髄液は通常であれば一定量に保たれているのですが、交通事故の衝撃によって、一番外側にある硬膜から漏れ出してしまうことがあります。脳脊髄液が漏出してしまうと量が減少し、様々な症状が引き起こります。」

ーー 脳脊髄液減少症の主な症状は何ですか。

濱島先生:
「脳脊髄液減少症の主な症状は起立性頭痛です。起き上がった時に液の流れが変わることで、頭痛が強く現れます。他にも頚部痛や全身の倦怠感、めまいや吐き気、耳鳴り、うつなどが起こることもあります。」

むちうちの症状は事故後すぐ現れない?

交通事故後はすぐに怪我の症状が現れず、事故から2、3日後に痛みが現れることもあります。事故から時間が経過した後に症状が現れるのは、なぜなのでしょうか。

時間が経過してから症状が現れる理由

ーー むちうちの症状が事故直後に現れない場合があるのはなぜですか。

濱島先生:
「事故直後は脳が興奮したり緊張状態になり、アドレナリンが出ている状態になります。ですので、本来むちうちの痛みが発生していても、痛みに気づかないことがあります。しかし、時間が経つことで脳の興奮や緊張状態が解けると痛みが出るため、遅れて現れているように感じるのです。

大袋駅前整骨院3

また、痛い箇所が複数あっても、痛みが強い部分を最も痛いと感じるため、他の部位の痛みを感じにくくなっています。ですが、痛みが強かった部位が緩和され怪我の状況が変わってくると、あまり痛くなかったところの痛みが強く出てくることもあります。」

むちうちの通院先について

交通事故でむちうちを負ってしまったら、どこに通院すればよいのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

病院の待合ロビー

むちうちの通院先は、被害者の方が自由に選択することができます。主な通院先は「整形外科」と「整骨院」。それぞれの特徴を見ていきましょう。

まずは病院の整形外科へ

交通事故にあってしまったら、まずは病院の整形外科へいきましょう。整形外科では医師が治療を行なっており、診断書を取得することもできます。診断書は、「交通事故が原因の怪我」ということを証明するための、大切な書類です。

ーー 整形外科では、どのような治療を受けることができますか。

濱島先生:
「むちうちの場合は骨や関節、脳、神経などが損傷している可能性がありますので、レントゲンによる画像検査が行われます。自覚症状も伝え、身体の損傷程度をしっかりと検査してもらいましょう。

交通事故直後、もしも整形外科に行かずに当院に来院された場合は、検査を行なった後に提携している整形外科へ紹介状を書かせていただきますので、ご安心ください。」

整骨院で受けられる施術内容

むちうちには、痛みが強く現れる「急性期」と、比較的症状が落ち着く「慢性期」があります。2つの時期に対する施術内容には、どのような違いがあるのでしょうか。

ーー むちうちの急性期にはどのような対処を取りますか。

濱島先生:
「急性期は安静時痛といってとても痛みが強く、じっとしていても痛いことが多いんですね。ですので、痛みが強い時に首を動かしたり押すというような圧力を加える施術は、あまり適さないことが多いです。また、痛すぎて患部自体をさわれないことも多くあります。
対処法としては、炎症を抑えるために氷でアイシングをします。超音波治療や、当院ではリモートポイント治療を行うこともあります。リモートポイント治療とは、痛みが出ている部位以外を治療して、痛みを軽減させる施術方法です。例えば、首が痛くてさわれない場合、首以外をさわって症状を軽減させていきます。」

大袋駅前整骨院16

ーー 超音波にはどのような効果がありますか。

濱島先生:
「音波が手では届かない深部まで届き、数十万〜数百万回の振動で細胞自体を震わせます。関節の中は治りが悪いですが、超音波を使うことで治療の効果を高めることができます。」

ーー むちうちの急性期が落ち着き慢性期になると、どのような症状が現れますか。

濱島先生:
「慢性期の痛みは、急性期に比べると徐々に弱くなってきていますが、首を動かしたり伸ばすことで痛みが増強することがあります。また、骨のズレが原因となって手のしびれや可動域が制限され、動きが悪くなっていることも多いです。レントゲンには映らない骨のズレでも、私たちがさわるとズレているということもあります。また、痛みが続くことで筋肉が固くなり、塊になってしまうこともあります。」

大袋駅前整骨院5

ーー むちうちの慢性期にはどのような施術を行いますか。

濱島先生:
「慢性期では、骨のズレや塊になった筋肉をほぐす施術をします。首回りにある通常さわらない筋肉を正常にしたり、圧迫されている神経を除去するアプローチをし、症状の緩和を目指します。

当院には、経験豊富なスタッフが在籍しています。手技療法をメインとして、収縮した筋肉を元に戻す筋膜リリースや神経系の出力を上げるテクニック、リモートポイント治療などを用いてあらゆる痛みに対応し、患者様それぞれに適した施術を行います。また、超音波治療や体のゆがみを矯正するトムソンベッド、アクチベーター、キネシオテーピング、低周波治療器などを組み合わせていき、短いスパンで症状の緩和を目指していきます。」

鍼灸での施術が効果的な場合も

交通事故によるむちうちの治療には、鍼灸を用いることもあります。

ーー 鍼灸ではどのような効果を得られることができますか。

濱島先生:
「鍼や灸には、筋肉のトリガーポイントやツボに刺激を与えることで、自己治癒能力を促す効果があります。体に鍼を刺すため内部に直接刺激が伝わり、とても効果が高いです。また即効性もあり、その後の状態も緩和されやすいという効果があります。」

ーー 鍼灸治療を受けた場合、保険は適用されますか。

濱島先生:
「交通事故の治療を自賠責で受ける場合、鍼灸や骨格矯正は自賠責保険の適用外になってしまう場合が多いです。しかし、鍼灸治療はWHO(世界保健機構)にも認められている治療方法で、とても効果が高いと思っています。重症な場合や患者様が鍼灸治療を希望した場合は、保険会社の担当者さんに相談することで、保険が適用されることもあります。

実費で鍼灸治療を受ける場合は、毎回行うのではなく、1週間に1回でも効果は十分あります。当院では、症状の緩和に必要な場合、脊椎・骨格矯正は無料で施術させていただきます。また、交通事故専門の弁護士と連携していますので、保険会社とのやり取りをサポートすることができます。専門家にご相談いただくことで、患者様の負担は軽減されるかと思います。」

自宅で行えるむちうちのセルフケアはある?

交通事故でむちうちを負ってしまったら、早く症状を緩和させ、交通事故にあう前の状態に戻りたいですよね。しかし、仕事の都合やプライベートの予定などで、通院が難しい時もあるでしょう。通院ができない時、どのようなことに注意して過ごせばよいのでしょうか。

ーー 通院が難しい時の自宅での過ごし方や注意点、セルフケアなどがあれば教えてください。

濱島先生:
「安静にしていても痛みが出る場合、特にオススメしているのが、氷で冷やすアイシングです。当院では、冷やす時間や冷やし方などもしっかりとお伝えいたします。安静にしていても痛みが出るということは危険な状態なので、入浴の際はシャワー程度にした方がよいでしょう。お風呂で温まることで血流が良くなり、炎症が悪化してしまう可能性があります。痛みが強い場合は、無理な動作をしないことが大切です。

大袋駅前整骨院15

また、同じ姿勢が長時間続くと筋肉が固くなってしまうので、30分同じ姿勢を取らないことを心がけましょう。パソコンで作業していると、同じ姿勢で固まってしまうことが多いと思いますが、体に負担がかかるので注意が必要です。症状が良くなってきた方であれば、ストレッチが有効です。当院では、その方の症状に合わせた方法を指導させていただきます。ですが、あまりにも通院の間隔が空きすぎてしまうと、症状が戻ってしまうこともあります。最適なのは、こまめに通院していただくことかと思います。」

むちうちが後遺症になった後の症状

交通事故によるむちうちは、症状の程度によって後遺症になってしまうことがあります。むちうちが後遺症になった場合、どのような症状が現れるのでしょうか。

大袋駅前整骨院8

濱島先生:
「整形外科でレントゲン検査を行い『異常なし』と言われても、首や肩、腕、手などに痛みやしびれが現れることがあります。また、朝や夕方など、時間帯によって痛みの程度が異なったり、気圧が下がることで痛みが出ることもあります。めまいや頭痛、全身のだるさ、気力のなさ、不眠症などの不調が出やすくなることもあります。
家事や仕事をするだけですぐに症状が悪化してしまったり、良くなったと思っても症状が出てくる場合もあります。」

後遺障害等級認定の申請

書類を書く

むちうちが後遺症になってしまったら、後遺障害等級認定の手続きを行いましょう。後遺障害等級が認定されると、等級に応じて後遺障害慰謝料の支払いを受けることができます。

むちうちの後遺障害が認定されるには、以下5つの条件を満たす必要があります。

  • 1.事故の状況と、被害者が医師に申告する症状の程度が一致していること
  • 2.事故当初から、医療機関への定期的な通院を続けていること
  • 3.事故当初から被害者の訴える症状が続いており、かつその症状に一貫性があること
  • 4.症状が重たいと認められ、かつ日常生活において継続していると認められていること
  • 5.症状にズレや矛盾がない他覚的所見(第三者が確認できる画像診断結果や検査結果など)があること

濱島先生:
「当院では、患者様と一緒に事故の程度や症状の確認をし、整形外科の先生への伝え方をサポートしています。『昨日は痛みがなかったけど今日は痛い』という症状は、後遺症として認められないことがあります。症状がある時は我慢せず、しっかりと伝えることが大切です。」

事前認定と被害者請求

後遺障害等級認定の申請方法には、「事前認定」と「被害者請求」があります。

それぞれのメリット、デメリットを濱島先生に解説していただきました。

事前認定

事前認定は、後遺障害等級認定の手続きを、加害者側の保険会社に任せる方法です。被害者がすべきことは、加害者側の保険会社に対して、後遺障害診断書を提出することのみです。

ーー 事前認定のメリット、デメリットを教えてください。

濱島先生:
「事前認定のメリットは申請手続きを加害者側の保険会社が行うため、手続きが簡単であるという事です。デメリットは、保険会社が主導のため相手任せになってしまい、正しい認定が行われない可能性があるところです。」

被害者請求

被害者請求は、後遺障害等級認定の手続きを被害者自身が直接、加害者側の自賠責保険会社に対して行う方法です。

大袋駅前整骨院17

ーー 被害者請求のメリット、デメリットを教えてください。

濱島先生:
「被害者請求は、被害者側から直接自賠責保険に請求するので、被害者自らが書類や資料を揃えなければいけません。しかしその分、提出書類を被害者が確認し、納得しながら進めていくことができます。また、被害者側に有利となる主治医の意見書を集めることで、適正な認定を受けられる可能性が高まります。」

むちうちの後遺障害等級は何級?

後遺障害等級は、1〜14級に分けられていて、1級が最も重い症状となります。むちうちが後遺障害として認められた場合、どの等級に当てはまるのでしょうか。

濱島先生:
「むちうちが後遺障害として認められた場合、12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)、14級9号(局部に神経症状を残すもの)のどちらかになることが多いです。」

ーー 後遺障害等級認定が非該当になることを防ぐには、どのようなことに気をつければよいですか。

濱島先生:
「交通事故による後遺障害とは、治療をしたが完治せず、支障や不具合を残した状態で固定した障害のことをいいます。
後遺障害が認定されるには、まず前提として6ヶ月治療を受けることが大切です。保険会社は6ヶ月前に症状固定を伝えてくることがありますが、痛みがある場合は納得しないようにしましょう。

後遺障害等級認定の審査が非該当である場合の原因としては、事故の程度が軽い、通院回数が少ない、症状の一貫性や連続性がない、常時痛みやしびれの症状がない事が考えられますので、しっかり主張していく事が大切です。」

むちうちの後遺症を防ぐためには

交通事故でむちうちを負ってしまったら、後遺症を残さずに治療を終了したいですよね。後遺症が残るということは被害者に対して大きな負担となりますし、面倒な手続きを行う手間も増えます。「後遺症を防ぐためには通院頻度が大切である」と、濱島先生は言います。

ーー 交通事故でむちうちを負った場合は、どのくらいの頻度で通院すればよいですか。

濱島先生:
「最初は痛みが強い場合が多いので、可能な限り毎日来院されることがベストです。症状が落ち着いてきた場合には、1日おきくらいの通院でもよいでしょう。ただし、症状や痛みの程度が変わりやすい場合は、通院頻度は下げない方がよいです。交通事故による衝撃は体に多大な負担がかかるため、後々痛みが現れる可能性は大いにあります。」

痛みが出ない体を手に入れることは、今後の人生において大切なことです。適切な頻度を保って通院することが、後遺症を防ぐ重要なポイントになります。

大袋駅前整骨院11

濱島先生:
「当院は、20時30分まで受付しております。ギリギリの時間帯になったとしても、治療を受けることを重要視してください。治療を受けないと、むちうちの緩和が早まることは難しいです。症状が良くなってきている方でも、お仕事の出張で2〜3週間通院できず、痛みが戻ってしまった方もいました。健康は、お仕事でもプライベートでもとても大切なものかと思います。整骨院での治療と整形外科での検査、状態の確認をしっかりと行うようにしましょう。」

今回取材に協力してくれたのは…

大袋駅前整骨院「濱島 誠也先生」

大袋駅前整骨院12

  • プロフィール
  • 生年月日:1982年1月1日
    出身地:埼玉県越谷市
    柔道整復師を目指したきっかけ:「学生時代からサッカーをやっていたのですが怪我が多く、腰の痛みが強い時期には、ボールを蹴れないくらいになってしまったんです。体の痛みによってやりたいことが出来ないという辛さを身をもって体験し、そんな時に整骨院へ通うことで症状を良くすることができました。ですので、そのようなお悩みを持っている方を少しでも健康な状態に持っていきたい、また地域の方に少しでも貢献したいと思い、柔道整復師を目指しました。」

まずはお電話でお気軽にご相談ください
【年中無休 24時間対応】

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887