×

2020.07.07 むち打ち 施術・治療 柔道整復師 整骨院 インタビュー

交通事故によるむちうちの症状と治療方法!通院先についても解説

交通事故でむちうちになると、首や肩、腰の痛み、背中のコリ以外にも、めまいや吐き気、頭痛など様々な症状があらわれます。したがって、「どこに通院すればいいの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。また、通院先で発生する治療・施術費についても、誰が支払うのか、保険は使えるのかなど、色々と悩みが絶えませんよね。

そこで今回は、交通事故でむちうちを負った場合の通院先や施術方法、保険の適応などについて、柔道整復師養成施設、専門学校で15年以上、専科教員を務め全国に1500人以上の柔道整復師の教え子を持ち、名古屋市内に2院展開している「高畑駅前接骨院」「神宮前駅東口接骨院」の総院長河原龍秀先生にお話を伺いました。

交通事故によるむちうちの原因

交通事故による怪我の中で、最も多いといわれているむちうち。
まずは、交通事故でむちうちを負う原因について、河原先生に解説してもらいました。

高畑駅前接骨院 1枚目

高畑駅前接骨院 15枚目

河原先生:
「交通事故によるむちうちの原因としては、乗車中に後方から追突されることで首に負荷を受け、筋肉や靭帯が損傷されることで様々な症状があらわれます。実は『むちうち』という呼び方は通称で、病院では『頚椎捻挫』や『頚部挫傷』などと診断されます。

また、むちうちの現象が腰部分に生じると、腰部の筋肉や神経、靭帯などが損傷し、腰痛や神経痛に見舞われることがあります。」

むちうちの症状は4つに分類される

高畑駅前接骨院 2枚目

むちうちには、大きく分けて以下4つの症状型があります。

  • 頚椎捻挫型
  • 神経根症状型
  • バレー・ルー症候群
  • 脊髄症状型

それぞれの症状型の原因と、主な症状についてお伺いしました。

頚椎捻挫型

頚椎捻挫型の原因
河原先生:
「頚椎捻挫型は、頚椎(首の骨)の後方に当たる椎間関節と、それをつなぐ筋肉や靭帯が、交通事故による後ろからの衝撃で捻挫を起こしてしまうことが原因です。」

頚椎捻挫型の主な症状
河原先生:
「頚椎が捻挫している状態で炎症症状が起き、疼痛や首の可動域制限があらわれます。多くは首に痛みを感じ、場合によっては手がしびれたり、頭痛に発展することもあります。」

神経根症状型

神経根症状型の原因
河原先生:
「神経根症状型は、神経の出入り口である椎間孔といわれる隙間が、交通事故による衝撃で狭まってしまうことで症状が引き起こります。」

神経根症状型の主な症状
河原先生:
「神経が圧迫されることによって、首から肩、腕、手指にしびれや筋力の低下、筋肉がやせていく筋萎縮が見られます。」

バレー・ルー症候群

バレー・ルー症候群の原因
河原先生:
「バレー・ルー症候群は、交通事故の衝撃によって頚椎が損傷を受け、自律神経にまで影響が及んだ場合に症状があらわれます。」

バレー・ルー症候群の主な症状
河原先生:
「バレー・ルー症候群では、首の痛みと同時にめまいや耳鳴り、目のかすみ、喉の違和感、かすれ声、上肢のだるさやしびれなどの症状があらわれます。」

脊髄症状型

脊髄症状型の原因
河原先生:
「脊髄症状型は、交通事故で体に強い力が加わることで、頚椎と同時に脳から通じている脊髄神経が損傷してしまうことで発症します。」

脊髄症状型の主な症状
河原先生:
「脊髄症状型は、むちうちの中で最も重い症状です。痛みやしびれの他に、四肢の麻痺や膀胱や直腸に障害が起きることもあります。」

むちうちの症状はすぐにあらわれないことがある

高畑駅前接骨院3

交通事故によるむちうちには、たくさんの症状があることをお分りいただけたかと思います。しかし、痛みやしびれ、めまいなどの症状が、事故後すぐにあらわれるとは限りません。

河原先生:
「交通事故によるむちうちでは、首の奥深くを損傷しています。したがって、症状が体の表面に出てくるまでタイムラグが生じ、事故直後は何も感じないという現象が起こるのです。
また、交通事故にあったことで身体が興奮状態になると、アドレナリンが分泌されるため、痛みを感じにくくなっています。」

交通事故直後は症状を感じていないとしても、体は大きな損傷を負っている可能性があります。痛みがある場合はもちろん、少しでも違和感を感じたら、早めに病院へ行くことをおすすめします。

交通事故後はまず病院へ

交通事故後に行く最初の通院先は、医師のいる「病院」です。むちうちのような症状が出ている場合は、整形外科を受診するとよいでしょう。

高畑駅前接骨院5

河原先生:
「交通事故後、特に大きな外傷が見られなくても、外観からは分からない脊椎や脊髄が損傷していることも多くあります。そのような症状を見逃さないためにも、交通事故にあったらまずは病院で検査を受けることをおすすめしています。」

整形外科では、MRIやレントゲンで骨の異常を検査したり、痛み止めや湿布の処方も行なっています。また、整形外科を受診したら、医師による診断書を取得しましょう。診断書は交通事故と怪我との因果関係を明確にし、損害賠償を請求する際に必要となる大切な書類です。

交通事故による怪我は整骨院での施術も可能

高畑駅前接骨院 5枚目

交通事故後、まずは病院を受診する必要がありますが、治療・施術を続けるにあたっては、整骨院へ通院することも可能です。ここでは、交通事故のむちうちに対して、整骨院で行われる施術方法を解説していきます。

急性期と慢性期の施術方法

むちうちの症状には、急性期と慢性期という2つの時期があります。

  • 急性期
    患部が炎症を起こし、痛みが強くあらわれる時期。むちうち受傷後1週間〜1ヶ月程度続きます。
  • 慢性期
    むちうちの受傷から3ヶ月程度の時期。炎症や強い痛みが引き、症状が慢性化してくる時期です。

高畑駅前接骨院では、むちうちの急性期と慢性期に対して、どのような施術を行なっているのでしょうか。

高畑駅前接骨院 6枚目

河原先生:
「むちうちの急性期では、ズキズキとうずくような疼痛や熱感、可動域の制限といった症状があらわれるため、まずは患部の炎症を抑えるための施術を行います。超音波を使った物理療法や固定で安静を保ち、1週間を過ぎたあたりからは疼痛の度合いに応じて、少しずつ可動域を広げるためのリハビリを行います。」

慢性期では、疼痛を和らげるための温熱療法や、体を動かす運動療法、手技療法を主に用いてリハビリを行い、症状の緩和を図ります。」

整骨院で施術を受けたときの効果

整骨院で受けられる施術内容について、お分りいただけたでしょうか。それでは、交通事故によるむちうちを整骨院で施術することによって、どのようなメリットを得ることができるのでしょうか。

高畑駅前接骨院 7枚目

河原先生:
「当院では国家資格を持った施術者が、手技療法や物理療法、運動療法といった施術を、来院された方一人一人のお身体の状態をしっかりと理解した上で行なっています。そうすることで、疼痛やしびれ、筋緊張などの緩和、可動域といった運動機能を、日常生活動作に支障のないレベルまで戻すことができます。

体の検査や症状を把握するには病院を受診していただくことが良いかと思いますが、実際のリハビリや施術は整骨院への通院をおすすめします。」

整骨院と整体院の違い

これまで、交通事故によるむちうちの通院先として、「病院(整形外科)」と「整骨院」の2つをご紹介しました。それでは、街頭やチラシなどでよく見かける「整体院」への通院も可能なのでしょうか。

一見似ているように聞こえる「整骨院」と「整体院」ですが、実はこの2つには、大きな違いがあります。どのような違いがあるのか、河原先生に解説してもらいました。

高畑駅前接骨院 14枚目

河原先生:
「整骨院の施術者は、柔道整復師という国家資格を持っています。免許保持者は、専門学校および大学で医療課程の専門教育を3〜4年間学び、国家資格の受験資格を得て合格しています。ですので、常識的な医学知識と技能を持ち合わせています。
整体院は国家資格の有無なく開業できますので、そこが1番の大きな違いであるといえます。」

交通事故によるむちうちの治療・施術は、専門的な知識や技術を持っているところに通院することが重要です。したがって、交通事故のむちうちは整体院ではなく、「病院」または「整骨院」、へ通院することが望ましいといえるでしょう。

むちうちの治療期間はどれくらい?

交通事故でむちうちを負い、首や腰に痛みがあらわれたら、できるだけ早く症状を緩和させたいですよね。それでは、交通事故によるむちうちには、どれくらいの治療期間が必要なのでしょうか。

高畑駅前接骨院 9枚目

河原先生:
「交通事故では、衝突外力で車がへこむほどの外力が、間接的に体に影響を及ぼしています。そのため、事故直後は軽傷で一度症状が良くなったとしても、後から症状が出てくることもあります。治療期間に個人差はありますが、概ね3ヶ月は見ておいた方がよいでしょう。」

事故時に受けた衝撃の程度や症状の重さによって、治療期間はそれぞれ異なるようです。「これくらいの期間通院を続ければ治る」と一概にいうことはできませんが、しっかりと定期的な通院を続けることで、症状の緩和を早めることができるかもしれません。

むちうちや腰痛の日常生活で気をつけること

仕事やプライベートの予定などで、思うように通院ができない場合もあるかと思います。そんな時、症状を悪化させないためには、日常生活でどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

河原先生:
「交通事故によるむちうちは、重いものを持ったり、不意の動作で再び痛めてしまうことがあります。通院ができない時は無理な動きを避け、なるべく安静を保つようにしましょう。」

高畑駅前接骨院 10枚目

また、むちうちの影響で腰痛があらわれている場合は、以下のことに注意して過ごしましょう。

河原先生:
「腰に負担が掛かるような動作や、前かがみや座りっぱなし、立ちっぱなしなど、長時間同じ姿勢でいることは避けた方が良いです。家事や労働作業を含め、日常生活動作を長時間続けないということに気をつけてください。」

交通事故でむちうちを負ってしまったら、「日常生活では決して無理をしない」ということが重要であるようです。高畑駅前接骨院は、平日は20時まで営業しているため、仕事帰りの方でも通いやすいかと思います。また、土曜日は13時まで受付を行なっているため、平日の通院が難しい方でも安心して通院できるのではないでしょうか。

交通事故によるむちうちの治療費について

交通事故の怪我で発生した治療・施術費は、相手側の自賠責保険に請求することができます。
交通事故でむちうちを負ってしまったら、治療・施術費の支払いについて心配になる方も多いかと思いますが、高畑駅前接骨院ではそのような悩みも手厚くサポートしてくれます。

高畑駅前接骨院11

河原先生:
「交通事故のむちうちを整骨院で施術した場合でも、もちろん自賠責保険を使うことができます。また、病院と併用して通院することも可能です。保険会社とのやり取りや手続きについて不安な方は、まず一度、お気軽に当院へご相談ください。」

むちうちは後遺症になってしまうことも

交通事故のむちうちは、場合によっては後遺症になってしまうこともあります。むちうちの後遺症では、どのような症状があらわれるのでしょうか。

高畑駅前接骨院 12枚目

河原先生:
「むちうちの後遺症としては、疼痛やしびれ、可動域制限が主な症状です。また、腰痛が後遺症となった場合、疼痛や機能障害のほか、神経症状を併発することも多くあります。神経症状のあらわれ方としては、主に下肢や足指のしびれ、放散痛、坐骨神経痛が出やすくなります。」

後遺障害等級認定について

交通事故によるむちうちが後遺症になってしまった場合、後遺障害等級認定を受けることで、後遺障害慰謝料や逸失利益の支払いを受けることができます。

後遺障害慰謝料は、1〜14級まである後遺障害等級によって、支払われる金額が異なります。それでは、交通事故によるむちうちや腰痛の症状が後遺障害等級認定された場合は、どの等級に当てはまるのでしょうか。

高畑駅前接骨院 13枚目

河原先生:
「病院で画像診断を受け、ヘルニアや変形など明らかに器質的変化がみられる場合は、後遺障害等級12級として認定されることがあります。器質的変化はみられず、明らかに症状が残存する臨床所見や他覚的所見があり説明できる場合は、14級と認められることがあります。」

交通事故でむちうちを負ったらしっかりと通院を

いかがでしたか。交通事故によるむちうちを後遺症として残さないためには、早期に治療・施術を開始し、定期的に通院を続けることが大切です。

今回取材に協力してくれたのは…

高畑駅前接骨院15

今回取材に協力してくれた「高畑駅前接骨院」「神宮前駅東口接骨院」では、交通事故の被害にあわれた方一人一人に寄り添った施術を行なっています。丁寧なカウンセリングで怪我の状態を把握し、国家資格を持った施術者が、症状にぴったりの施術プランを提案してくれます。
また、怪我に対する不安だけではなく、複雑な保険会社とのやり取りや手続きのサポートも行なっています。交通事故でむちうちを負い、不安やお悩みを抱えている方は、ぜひ「高畑駅前接骨院」「神宮前駅東口接骨院」へ訪れてみてはいかがでしょうか。きっと、あなたの心の支えになってくれるはずです。

この記事を監修した先生

河原 龍秀
高畑駅前接骨院
院長
柔道整復師。
監修者の詳しいプロフィールはこちら

この記事の執筆者

交通事故病院編集部 ライター / T.S
大学を卒業し、出版社で取材や編集業務を経験。その後、WEBメディアの執筆に転向し、事故に関する様々な知識を多くの人に届けるべく、日々邁進中。現在は、交通事故専門士の資格を取得するために勉強をしている。座右の銘は、格物究理。

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887