×

2019.03.26 むち打ち 施術・治療 整骨院 インタビュー 交通事故

安全で良質な施術を提供する【青葉ヘルスケア整骨院グループ】

平成21年、青葉ヘルスケア整骨院グループの1院目として、田園都市線青葉台駅に「つつじが丘整骨院」を開業。現在は、東京都内や神奈川県内に9院の店舗を構えています。

グループ全体で1日約300名(交通事故患者約50名/日)の症状を施術し、来院者からたくさんの喜びの声を集める、青葉ヘルスケア整骨院グループ。今回は、代表の原口 佳聖先生にお話を伺いました。

柔道整復師を志してから、会社設立までのステップ

青葉ヘルスケア整骨院グループ 院長

ーー 柔道整復師を志した理由を教えてください。

原口先生:
「中学から大学までは、テニス部の選手として部活動に励んでいました。ですが捻挫や肩、腰などの障害に悩まされて、整骨院で施術を受けていました。そこでは痛みの緩和のみならず、メンタル面までサポートしてくれたんですね。その時に整骨院での施術に大きな魅力を感じ、柔道整復師を目指しました。」

ーー 柔道整復師への道を決めてからは、どのような流れで進んでいきましたか?

原口先生:
「大学は2年で中退し、そこからは治療家への道まっしぐらでした。専門学校に入学し、柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師の国家資格を取得しました。」

ーー 資格取得後はどのような経験を積み、青葉ヘルスケア株式会社を設立されたのでしょうか。

原口先生:
「資格取得後は、外傷治療専門の整骨院に7年間勤務後、鍼灸整体を得意とする鍼灸整骨院の分院長として3年間勤務しました。10年間の勤務を経て青葉ヘルスケア株式会社を設立、田園都市線青葉台駅にて、1院目となるつつじが丘整骨院を開院しました。」

青葉ヘルスケア整骨院グループの経営理念

青葉ヘルスケア整骨院グループ 院内

ーー 青葉ヘルスケア整骨院グループが掲げている経営理念を教えてください。

原口先生:
「当グループは、『患者さんの目線で考え、安全で良質な医療を行う』『常に新しい知識を深め、科学的根拠に基づいて施術を行う』『地域医療機関、福祉施設と連携し、地域医療・地域福祉の充実に努める』という3つの理念を念頭に置いています。」

ーー 3つの経営理念には、どのような思いが込められていますか?

原口先生:
「現代社会において様々な医療の情報が氾濫し、正確な情報を得ることが難しくなりつつあります。ですので当グループは、医療の基本を忠実に守り、患者の方々に正確な情報をお伝えするようにしています。また地域医療機関や福祉施設と連携し、安全で確実な施術を行うことが、当院が果たすべき社会的役割だと考えております。」

青葉ヘルスケア整骨院グループの強み

青葉ヘルスケア整骨院グループ スタッフ

ーー 御社の強みを教えてください。

原口先生:
「グループ全体での症状共有、勉強会等で症例の集積を行っています。これは、小規模の治療院にはない強みだと考えております。また、整形外科用エコー検査機や、最新の施術機器も取り揃えていますので、症状の早期回復が期待できます。」

働くスタッフについて

ーー 御社で働くスタッフに求めるものを教えてください。

原口先生:
「患者様だけではなく、社員同士のコミュニケーションも大切にしてほしいと思っています。」

ーー スタッフのモチベーションを保つために、行っている取り組みはありますか?

原口先生:
「グループ内で勉強会や飲み会などを開催し、定期的にスタッフ同士の交流を深めています。また、施術についての情報も基本的にはカルテに記入しますが、日々スタッフ間での情報共有も大切にしています。」

交通事故施術のコンセプト

青葉ヘルスケア整骨院グループ 問診

ーー 施術を行う上でのコンセプトを教えてください。

原口先生:
「主体として行う施術は手技ですが、加えて効果的な施術機器も使用し、早期回復を目指していきます。また診療後の症状の説明や治療内容、経過予測などを、しっかりご説明するよう心がけています。」

ーー 交通事故にあわれた方は、体の痛みだけでなく心の不安も大きいかと思います。そのような精神面のケアは、どのように行っていますか。

原口先生:
「交通事故患者様の中には、相手方保険会社とのやり取りや、損害賠償に不安を抱えている方が多くいらっしゃいます。そのような加害者被害者の間で起こるトラブルや慰謝料問題につきましては、交通事故専門の弁護士と連携しており、気軽に相談できる環境を整えております。手続き面以外のお悩みも、常に患者様のお話に耳を傾け、安心して施術を受けていただけるよう心掛けております。」

ーー 親身に対応してもらえると安心できますし、怪我の回復も早まりそうですね。

原口先生:
「私たちは、患者様が抱える痛みをなるべく早く軽減できるよう、最適な施術を行いたいと考えております。症状が軽くなり、加害者被害者間のトラブルや慰謝料問題の解決も含めてお役に立てることが、一番のやりがいです。」

交通事故のむちうちに対する施術の流れ

ーー 交通事故が原因の代表的な怪我として、むちうちがあるかと思います。痛みが強い急性期には、どのような施術を行いますか?

原口先生:
「むちうちを負った直後は、まず安静にすることが大切です。患部の炎症を抑えるためにアイシングを行い、電気療法で損傷部位の鎮痛や回復の促進を行います。」

ーー 症状が落ち着いてくる慢性期に行う施術方法を教えてください。

原口先生:
「症状に応じて干渉波療法や、背骨のズレやゆがみがあれば矯正施術、筋肉の緊張があればマッサージを行います。それぞれの症状に適した施術を行い、症状の回復を早めるというのが、むちうちになった場合の施術の流れです。」

青葉ヘルスケア整骨院グループおすすめ施術

青葉ヘルスケア整骨院グループ 施術

ーー 御社がおすすめしている施術内容を教えてください。

原口先生:
「それぞれの症状に対して効果的な、質の高いマッサージです。どなたでも気持よく安心して受けられるよう心がけています。」

ーー 御社では鍼灸の施術も行っているようですが、どのような症状の方に施術を行いますか?

原口先生:
「鍼灸は、通常の施術で効果が不十分な場合におすすめしています。初めての方は不安に感じる方もいらっしゃいますが、体に負担をかけることなく、深部まで施術を行うことが可能です。また鍼灸には、痛みの強い症状への即効性もあります。」

ーー 患者様の中には、仕事の都合で頻繁な通院が難しい方もいらっしゃるかと思います。そのような方や施術後の患者様に対するアフターケアは、どのように行っていますか?

原口先生:
「施術後の患者様には早期回復のため、自宅で簡単に出来るセルフケアの指導もしっかりと行っております。仕事の都合で通院が難しい方には、鍼灸や骨格調整、施術機器など、効果の高い施術をおすすめさせていただくこともあります。」

今後の展望

青葉ヘルスケア整骨院グループ 問診1

ーー 青葉ヘルスケア整骨院グループの、今後の展望を教えてください。

原口先生:
「交通事故にあわれた方に対する施術は技術面だけでなく、保険会社との交渉や慰謝料問題、加害者被害者間のトラブルなどのアドバイスも必要不可欠と考えております。今後も当グループは、交通事故に専門的な弁護士との連携を深め、患者様に最善を尽くせる整骨院を目指してまいります。」

ーー 最後に、交通事故にあわれた方や読者の方に向けて、メッセージをお願いします。

原口先生:
「青葉ヘルスケア整骨院グループでは、交通事故患者1日50名の施術実績を有し、法律家との連携により保険会社との交渉や慰謝料問題につきましても、ご安心していただける環境を整えております。交通事故にあわれましたら、ぜひ当院へご相談ください。」

この記事を監修した先生

原口 佳聖
つつじが丘整骨院
原口 佳聖。 院長。

この記事の執筆者

交通事故病院編集部 ライター / K.N
交通事故にあわれた方が抱える不安やお悩みを解決するべく、日々勉強中。 専門家へのインタビューや怪我の治療・施術、相手側とのやり取りや手続き方法、車の修理など、交通事故に関するお役立ち情報を発信していきます。

関連記事

おすすめ記事

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887