×

2019.10.28 施術・治療 柔道整復師 整骨院 インタビュー 交通事故

自慢のスタッフが全てをサポート!【すこやか接骨院】の交通事故対応とは?

京都府京都市西京区に店舗を構える、すこやか接骨院。平日は20:00まで(水曜を除く)営業しています。阪急嵐山線「上桂駅」から徒歩2分と駅から近く、明るく元気なスタッフが出迎えてくれることから、通いやすいと評判の接骨院です。

今回は、すこやか接骨院で働いてる松田 貴博 先生に、すこやか接骨院の強みや交通事故施術、事故後の対応などについてお話を伺いました。

すこやか接骨院について

すこやか接骨院 院内

ーー すこやか接骨院の特徴や強みを教えてください。

松田先生:
「私たちすこやか接骨院の特徴と強みは、何といっても手技のレベルが高いことと、患者さまを元気にさせるコミュニケーション能力にあると、私は思います。

すこやか接骨院を開院して10年以上が経ちますが、初心を忘れることなく培ってきた患者さまへの手技とコミュニケーションには、絶対の自信があります。」

ーー なるほど。では、患者さまと上手くコミュニケーション取るために心がけていることはありますか。

松田先生:
「患者さまは、何かしらの痛みや不安をお持ちになり、すこやか接骨院へ来てくださいます。痛みや不安は患者さまの数だけ、多種多様なものになります。

勝手な思いで決めつけることのないように、必ず患者さまの思いに寄り添い、その日の顔色や歩き方、姿勢など、些細なことまで気を配るように心がけています。」

すこやか接骨院には自慢のスタッフばかり

すこやか接骨院スタッフ

ーー 働くスタッフの雰囲気について教えてください。

松田先生:
「すこやか接骨院のスタッフは、とにかく何においても一生懸命です。

親身になって患者さまの声に耳を傾け、症状やお悩みから施術方針を示し、改善に向けて精一杯心を込めて施術を行い、気持ちまで楽になれるようコミュニケーションを取っています。明るくて元気で優しく、時には自分の意見もハッキリと言えるすこやか自慢の熱いスタッフ達です。」

交通事故による怪我について

ーー 交通事故にあうと、衝突時の衝撃で怪我を負う方も多いかと思います。交通事故で負う怪我やあらわれる症状はどのなものでしょうか。

松田先生:
「交通事故で負う怪我の多くは、力を抜いていた状態から強い外力が掛かることにより、患部に捻挫や挫傷を負います。それに伴い、関節や深部筋、靭帯などが損傷します。また、転倒時の打撲も多くみられます。
主な症状としては、安静時、動作時の痛みや可動域制限の他、随伴症状として頭痛、めまい、吐き気、不眠などが起きることも多々あります。」

すこやか接骨院の交通事故施術

すこやか接骨院 施術1

ーー 事故後にあらわれる症状は様々とのことですが、すこやか接骨院ではどのような流れで交通事故施術を行っていますか。

松田先生:
「まず、事故後は病院へ行っていただき、お怪我をされた診断を受けていただきます。その後、その診断に沿って当院で施術を行っていきます。

当院では、まずカウンセリングを行い、症状や患者さまのお悩みに耳を傾けます。そして症状に適した手技を行います。決して、どの患者さまも同じ施術になったり、ルーティーンがあるということはありません。症状は生ものです。先日と同じ症状であるとは限りません。

患者さまファーストの意識で丁寧にお話を伺い、施術を行っていきます。」

ーー すこやか接骨院で実施している交通事故施術の内容について教えてください。

松田先生:
「交通事故での怪我というのは、過度な関節や筋肉への外力が掛かる事により起こる、深部の軟部組織の損傷が多いです。表層の筋だけへのアプローチではなく、深部筋の緊張や関節の動きが悪くなる分、深層へのアプローチをしていくことで症状の軽減が期待出来ます。

ただ単純に筋肉をほぐすようなことはしません。すこやか接骨院が意識するのは、あくまでも深部へのアプローチです。」

交通事故による怪我の後遺症を残さないためには…

ーー 交通事故による怪我は、後遺症が残る可能性もあるかと思います。交通事故による怪我の後遺症を残さないために、患者さまが注意すべきことは何でしょうか。

松田先生:
「患者さまによって生活様式が異なりますよね。それは当然のことです。私が言えることは、やはり施術を受けて欲しい。むちうちは、10日後に症状があらわれ始めることもあります。決して軽く見ないで欲しいです。

そして、できる限りこまめに施術を受けること。なかなか施術に通えない方も途中で施術をやめてしまわれる方もいらっしゃいました。やはりそういった患者さまは、症状が悪化したり、長引いたりすることが多く見受けられました。できる限り多く施術を受け、疲れを溜めないようにしっかりと睡眠をとることが大切だと思います。」

交通事故対応について

すこやか接骨院 インタビュー

ーー 交通事故にあうと、交通事故対応に戸惑う患者さまも多いかと思います。交通事故対応に関して、患者さまからどのような相談を受けることが多いですか。

松田先生:
「交通事故にあうということは、日常的なことではありません。患者さまはご自身の不安や痛みと共に、何をどうすれば良いのかもわからないという方ばかりです。例えば、病院へ行ってからの方がいいのか、どのくらいのペースで施術を受ければいいのかなどの相談を多く受けます。

お電話でのお問い合わせの際は、できる限りその場で分かりやすくご説明をさせていただき、すこやか接骨院へのご来院を促します。患者さまには、しっかりと安心していただけるように、今後どのように進めていくのかを丁寧にお伝えしています。」

ーー すこやか接骨院では、交通事故対応に関してどのようなサポートを行っていますか。

松田先生:
「病院の先生や保険会社の担当者、相手側の保険会社の担当者に、どのようなことを伝えるべきか、何を聞くべきか、どういう流れで施術に至るのかをわかりやすくお伝えしています。わかりにくい用語は使わず、伝わりやすい言葉で患者さまへお話し、ご納得とご安心ができるようにサポートをしています。

どうしてもわからない場合には、私たちが責任を持って、保険会社とのやり取りをサポートいたします。」

何事も早め早めの対応を

ーー 交通事故後の手続きをスムーズに行うためのポイントがあれば教えてください。

松田先生:
「それは日を空けてしまわないことです。事故後はなるべく早く施術を受けられるように、手続きを段取りよく行うことが大切です。

日を空けしまうと、処理に時間がかかり、ずれ込んでいきますからね。必要書類があれば早期に提出する。連絡をしなければいけない際は早めに連絡を済ます。そういったことでスムーズに手続きが進み、ストレスなく施術を受けられます。

そして、ご不明な点や保険会社とのちょっとしたやり取りも全て把握できるよう、どんなことも私たちに伝えることもポイント1つですね。」

交通事故施術ならすこやか接骨院へ

すこやか接骨院 先生

ーー 最後に、交通事故の被害者や読者へ向けて、何かメッセージをお願いします。

松田先生:
「はい。
私が患者さまに向き合ってきて感じることは、交通事故により怪我を負われた患者さまには、被害を受けたという事実がこれからもずっと心に残り、それは何年経っても消えることはないということです。そして、ほんの些細な事故でも後遺症が残ってしまうことだってあります。

相談のつもりでもいいですし、軽い痛みでもいいんです。
やっぱり放って置くのが一番ダメです。
20歳の頃、私も事故にあいましたが、無知だった私は施術も受けずに放ったらかし。
後々、首が痛かったり、肩がすごく凝ってしまうようになりました。

あれから20年が経ちますが、事故にあったこともやっぱり忘れられません。
あの時、誰か私にすこやか接骨院を紹介して欲しかった…。
でも、あの時は、まだ院がありませんね。笑

すこやかのスタッフは体のケアだけでなく、心のケアまで患者さまの気持ちに寄り添い、一緒になって向き合ってくれます。
本当に頼もしい!ほんの軽い事故でも構いませんし、まずはご相談下さい!

患者さまには、私と同じようなことになってほしくありませんからね…。」

この記事を監修した先生

松田 貴博
すこやか接骨院
松田 貴博。

この記事の執筆者

交通事故病院編集部 ライター / T.S
大学を卒業し、出版社で取材や編集業務を経験。その後、WEBメディアの執筆に転向し、事故に関する様々な知識を多くの人に届けるべく、日々邁進中。現在は、交通事故専門士の資格を取得するために勉強をしている。座右の銘は、格物究理。

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887