×

2019.02.05 むち打ち 柔道整復師 整骨院 インタビュー 交通事故

交通事故でむちうちに。整骨院で受けられる施術の効果とは

交通事故で多い怪我といわれている「むちうち」。むちうちには、整骨院での施術が効果的なこともあります。それでは、整骨院で施術を受けた場合、どのような効果を得ることができるのでしょうか。

今回は、交通事故によるむちうちの原因や整骨院で行われる施術の効果について、まつなが鍼灸整骨院奥戸本院の高山先生に解説してもらいました。
交通事故後のむちうちでお悩みの方や、整骨院への通院を検討している方は、必読です!

交通事故後に首が痛い…むちうちかも?

交通事故の衝撃で首を痛めることは非常に多く、代表的な怪我に「むちうち」があります。交通事故でむちうちの経験がない場合、何が起こっているのか理解できず、不安になってしまう方も多いかと思います。

交通事故の怪我で多いといわれている「むちうち」。どのような原因で症状があらわれるのでしょうか。

高山先生:
「交通事故で外部から衝撃が加わることで首が鞭のようにしなり、首や肩の筋肉、首の関節を痛めてしまうことが原因です。また、車のスピードがあまり速くなくても、衝撃に対して備えていなければ首が固定されていないため、むちうちになってしまいます。

まつなが鍼灸整骨院奥戸本院

むちうちの症状はレントゲンには映らないことがあるため、整形外科では『異常がない』と診断されてしまうことがあります。当院では、レントゲンには映らないような筋肉や関節などの損傷をしっかり検査し、独自のトリガーポイントで痛みの原因から治療し、症状の早期改善を目指します。『整形外科では異常なしと言われたけど、痛みや違和感がある』とお悩みの方は、一度ご相談ください。」

むちうちによってあらわれる症状とは

衝撃を受ける男性のシルエット

高山先生:
「医学的に証明されているわけではありませんが、交通事故でむちうちになった場合は、首の痛み頭痛倦怠感などの症状が現れます。また、これらの症状は朝や夜にかけて強くなることがあります。また、むちうちの症状は交通事故から数時間後、あるいは数日後などに現れる場合もあります。」

交通事故のむちうちによる5つの症状型

むちうちの主な症状は、首から肩にかけての痛みがほとんどですが、場合によっては手にしびれが出たり、頭痛や吐き気、全身のだるさなどが現れることも多くあります。

むちうちの症状は、以下の5つに大きく分類されています。

  • 頚椎捻挫型
  • 神経根症状型
  • バレー・ルー症候群
  • 脊髄症状型
  • 脳脊髄液減少症

それぞれの原因と主な症状について、高山先生に解説してもらいました。

まつなが鍼灸整骨院奥戸本院1

頚椎捻挫型

高山先生:
「頚椎捻挫型は、交通事故におけるむちうちで最も多いものです。交通事故で衝撃を受け、首が本来の可動域以上に動かされてしまうことによって、筋肉や関節が損傷し症状が現れます。」

頚椎捻挫型の主な症状
高山先生:
「頚椎捻挫型は、むちうちの基本的な症状です。筋肉痛のような首の痛みや、振り返ったり上を向くなど首を動かすことによって痛みが強く出ます。また、首の痛みに加えて頭痛が伴う場合もあります。」

神経根症状型

高山先生:
「筋肉や関節だけでなく、神経までもが無理に引き伸ばされたり、関節に神経が挟まれることによって神経が傷つけられ、症状が現れます。」

神経根症状型の主な症状
高山先生:
「神経根症状型は、筋肉や関節だけを痛めているのか、それとも神経まで異常があるのかの検査を行い、特定していきます。
特徴としては、頚椎捻挫型による痛みの症状に加えて、しびれや脱力感、感覚の異常などの神経症状が現れます。しびれの症状は放置したままだと治りが遅く、最悪の場合、後遺症として残ってしまうこともあるため注意が必要です。」

バレー・ルー症候群

高山先生:
「『バレー・ルー症候群』という名前を耳にしたことがある方は少ないかと思います。バレー・ルー症候群は、むちうちなどで首の筋肉が強く緊張してしまうことにより、自律神経系に異常をきたしてしまうことが原因とされています。」

バレー・ルー症候群の主な症状
高山先生:
「頚椎捻挫型の症状と併発し、耳や目、心臓、喉などにも症状が現れます。具体的には耳鳴りや目のかすみ、息苦しさ、喉の違和感があります。」

脊髄症状型

高山先生:
「脊髄症状型は、脊髄という中枢神経そのものを痛めてしまっているもので、むちうちの中でもかなり重症の部類にあたります。」

脊髄症状型の主な症状
高山先生:
「脊髄症状型の痛め方は『完全損傷』と『不全損傷』の2つに大きく分けられています。完全損傷は、完全な四肢麻痺になり、頚椎の骨折や脱臼を伴っている場合がほとんどです。不全損傷は基本的には上半身の麻痺、手に強い痛みが現れます。損傷がひどい場合には手術適応となることもあります。」

脳脊髄液減少症

高山先生:
「脳脊髄液減少症ではむちうちと同じような症状が現れますが、根本的な原因はむちうちによるものではありません。むちうちは筋肉や関節、神経の損傷ですが、脳脊髄液減少症は交通事故の衝撃によって脳を覆っているくも膜という部分に裂け目ができ、その部分から脳脊髄液が漏れてしまい、量が減ることによって症状が引き起こります。」

脳脊髄液減少症の主な症状
高山先生:
「脳脊髄液減少症の症状は、むちうちの頚椎捻挫型による症状と類似しています。頚椎捻挫型と診断された方の10%が脳脊髄液減少症の場合もあり、首の痛みやめまいなどが現れます。また、立ち上がった時に頭痛が発生する起立性頭痛や、座り続けていて頭痛が出る場合もあります。
脳脊髄液減少症の症状は、基本的に安静にしていることで良くなっていきます。医師と相談しながら、経過を見ていくのが良いでしょう。」

交通事故後はまず整形外科へ

病院とクローバー

交通事故にあってしまった後は、必ず整形外科を受診し、医師による診断を受けることが重要です。

交通事故後にまず整形外科へ行くべき理由は、2つ。

  • 1. レントゲンやMRIなどで危篤な損傷がないか、精密検査をする必要があるため。
  • 2. 損害賠償請求の際や整骨院で治療を受けるにあたり、診断書が必要となるため。

医師による診断書には、怪我の病名や症状などが記載されています。診断書を取得することで、交通事故と怪我との因果関係を明確にすることができます。診断書がないと、相手側の保険会社に対して損害賠償を請求することができなくなってしまうこともあるため、必ず取得しましょう。

整骨院ではどんな効果を得られる?

交通事故による怪我を治療する際は、整形外科と整骨院を併用して通うことも可能です。また、むちうちには整骨院での施術が効果的です。整骨院では、国家資格の柔道整復師が施術を行なっています。

まつなが鍼灸整骨院奥戸本院2

高山先生:
「私たち柔道整復師は、筋肉・骨格のプロです。整形外科で『骨には異常がない、と言われたけど、首の痛みなどがある』という方は、私たちにぜひご相談ください。」

柔道整復師による施術

それでは、整骨院では具体的にどのような施術を受けることができるのでしょうか。柔道整復師が行う「整復法」、「固定法」、「後療法」について、高山先生に解説してもらいました。

整復法

高山先生:
「整復法は、患部に対して牽引を加え、外れてしまったものを元の位置に戻すことをいいます。脱臼して肩が外れてしまった、骨折して手が曲がってしまったなどの時に応急処置として行います。」

整復法によって得られる効果
高山先生:
「脱臼であれば、整復法によって動かなかった関節が動くようになり、痛みが軽減します。骨折の場合は、折れている骨の端同士がくっつくことで、変形の防止と骨の回復を早め、痛みの軽減にも繋がります。」

固定法

高山先生:
「固定法は、整復法によって元の位置に戻ったものを安定させるために行います。包帯や添木などを用いて、怪我をした部分がずれないように固定します。交通事故の場合は、ネックカラーという首に巻くサポーターのようなもので固定します。」

固定法によって得られる効果
高山先生:
「固定法を行うことによって患部の安静が保たれ、回復を早める助けになります。また、痛みの軽減にも繋がります。」

後療法

高山先生:
「骨折や脱臼が良くなった後、あるいは関節の捻挫や筋肉の挫傷など、肉離れのような状態の際に、低周波の電気療法や超音波、マッサージのような手技療法などを用いて治療することです。
当院では、トリガーポイントという筋肉の奥深くにあり、痛みの原因とされる部分にアプローチする独自のトリガーポイントマッサージを行い、痛みの早期改善に取り組んでいます。」

後療法によって得られる効果
高山先生:
「整骨院で行われる治療法は、後療法がメインとなっています。トリガーポイントマッサージを行うことで、血液循環の改善や筋肉の柔軟性を引き出され、症状が改善していきます。」

後療法では、マッサージの他にも超音波や電気療法を行うこともあります。超音波や電気療法の効果について、高山先生に伺いました。

高山先生:
「寒い時に体が震えるかと思いますが、人間はそのように筋肉を動かすことによって、熱も生み出しています。超音波では電気によって振動を起こし、体に当てることによって筋肉を振動させ、熱を生み出しています。そして、手では届かないような深部の筋肉を温め、血行を改善し痛みを和らげます。

電気療法では、痛みがあり筋肉が緊張している部分に電気刺激を加えます。電気の刺激で筋肉を動かし、血液の循環の改善と筋肉の柔軟性を出します。また、外部から刺激を加えることで痛みを緩和できる効果もあります。」

整骨院に通うことのメリット

整形外科では、湿布や痛み止めなどの薬を処方してもらえるというメリットがあります。しかし、比較的早く診療時間が終了してしまうため、「仕事をしていると通院が難しい」という方も多くいるでしょう。

高山先生に、交通事故にあわれた方が整骨院へ通うことのメリットを伺いました。

まつなが鍼灸整骨院奥戸本院3

高山先生:
「整骨院では、『整形外科で湿布や痛み止めをもらったが、なかなか良くならない』という方に対して、筋肉や関節にアプローチする治療を行なっていきます。ですので、新たな症状改善を見込むことができます。

当院では、診療時間が20時までと比較的遅くまでやっているため、お仕事帰りでも安心して通院していただけます。『診療時間に間に合わず、思うように治療が受けられない』とお悩みの方は、お気軽に私たちにご相談ください。」

通院先を併用する際の注意点

注意点

整骨院と整形外科を併用して通院する場合は、以下の2点に注意しましょう。

  • 健康保険では通院先を併用することはできない。
  • 整骨院と整形外科への同日受診は避ける。

健康保険では通院先を併用できない

交通事故で通院する際、基本的には自賠責保険と任意保険によって治療費が負担されます。しかし、場合によっては健康保険を使用することもあります。

健康保険を使う場合、整骨院と整形外科など2つの通院先を併用することはできないので、注意しましょう。

整骨院と整形外科への同日受診は避ける

高山先生:
「数日であれば問題ありませんが、整骨院と整形外科への同日受診を頻繁に行うことは、避けた方が良いです。仮に2つの通院先を同日に受診したとしても、治療日は1日とカウントされてしまいます。」

交通事故の怪我は定期的に通院を

いかがでしたか。交通事故の被害にあい怪我を負ってしまったら、定期的に通院をして、しっかりと治療をすることが大切です。

柔道整復師による施術

高山先生:
「交通事故はそんなに頻繁に起こるものでもなく、赤信号で停車していて後ろからぶつかられてしまう、という自分だけでは避けられない状況など、様々あります。
突然の出来事で精神的にも不安定になってしまいますし、体の痛みがあるせいで肉体的にもストレスがたまってしまいます。交通事故にあってしまったら、一人で悩まずそれぞれの専門家に相談し、正しい判断を仰ぐことが大切です。

保険会社や相手方との対応など、法律が関わってくるものは弁護士へ相談し、体の痛みは、医師や我々柔道整復師にお任せください。一日でも早く痛みを和らげ、生活の不安を取り除くために、全力で治療させていただきます。交通事故にあってしまった際は一人で悩まず、お気軽にご相談ください。」

今回取材に協力してくれたのは…

まつなが鍼灸整骨院奥戸本院4

今回取材に協力してくれたまつなが鍼灸整骨院奥戸本院では、平日は20時まで、土曜も13時まで営業しています。平日の通院が難しい方でも通いやすく、一人ひとりに適した施術プランを提案してくれるため、安心して通院できるのではないでしょうか。交通事故による怪我でお悩みの方は、「まつなが鍼灸整骨院奥戸本院」へ、ぜひ一度足を運んでみてください。

この記事を監修した先生

高山 雄也
まつなが鍼灸整骨院 奥戸本院
高山 雄也。 院長。

この記事の執筆者

交通事故病院編集部 ライター / T.S
大学を卒業し、出版社で取材や編集業務を経験。その後、WEBメディアの執筆に転向し、事故に関する様々な知識を多くの人に届けるべく、日々邁進中。現在は、交通事故専門士の資格を取得するために勉強をしている。座右の銘は、格物究理。

カテゴリ一覧

はじめての交通事故でお悩みの方へ。交通事故に関する知識や通院について無料でサポートいたします。
無料 0120-963-887