2017.10.10 自賠責 むち打ち 整形外科 整骨院 交通事故

交通事故の被害者は何を知っておくべき?交通事故病院の相談例まとめ

目次

交通事故の種類について相談

とうしよう (3)

交通事故の被害ですが、人身事故に切り替えなくていいですか?

交通事故の被害にあってしまった直後は、誰しも気が動転してしまうもの。自分自身の状況が理解できていないという方も多いですよね。交通事故の被害者はまず、物損事故と人身事故についてや、その違いも知っておくことが大切です。

人身事故への切り替え方についての相談例

交通事故から1週間。大きな事故ではなかったので物損のままです

交通事故の被害者は、物損事故のままにすべきなのか、人身事故に切り替えるべきなのか、迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。人身事故から物損事故へ切り替えるとき、どんなことに気をつけるべきなのかチェックしておきましょう。

物損事故についての相談例

交通事故の直後、通院先について相談

車 (3)

交通事故で怪我したときの通院先について相談です

交通事故の被害者が怪我の治療・施術で通院するとなると、病院や整骨院。通院の仕方や通院する頻度によって、受けれる治療・施術だけでなく、今後の慰謝料や示談金も変わってきます。相談例をもとに、相談先の選択肢をしっておくと不安が少なくなりますね。

通院先についての相談例

交通事故にあいました。通院する整骨院を探しています

交通事故の被害にあった直後、定期的に通院する先は病院だけではありません。自賠責保険を使うことで、整骨院・接骨院の通院も可能です。

けれど、しっかりと怪我を診てもらうならば、知識が豊富な先生が在籍している整骨院・接骨院へ通院したいですよね。
相談例を参考に、通院先を探してみるのもよいでしょう。

整骨院への通院について相談例

交通事故の後、診断書の取得について相談

どっち (2)

交通事故後より痛みを感じます。診断書取得や今後の通院について

交通事故が起こったあと、怪我をした被害者の多くは警察で人身事故として処理してもらいます。そのときに必要な診断書をきちんと取得するためにも、どこで作成するべきなのか確認しておきましょう。

診断書と通院についての相談例

交通事故にあいました。どうやったら診断書をもらえますか?

交通事故による身体へのダメージは、目で見ても分からないことがしばしば。「首や肩になんとなく違和感がある」など、不調を1人で抱えている方も多いのでは?その症状をきちんと診断してもらい、今後の通院先も検討していきたいですね。

診断書の取得方法についての相談例

交通事故による怪我の症状についての相談

骨折

停車していたら交通事故にあいました。専門の先生を探してます

交通事故による怪我は、見た目ではどんな症状が出ているのか判断しにくい場合が多いといわれています。
「なんとなく違和感がある」「なんとなくしびれがある」など、当事者でさえ交通事故が原因だと気づきにくいこともしばしば。

どこへいけば診てもらえるのか分からず、時間ばかりすぎてゆく…ということも。そんな怪我の症状でお悩みの方は、専門の先生に診てもらうと安心できますよね。交通事故による怪我はどこで診てもらうのがよいのか、相談例を参考にしてみるとよいでしょう。

交通事故の怪我についての相談例

交通事故にあってからむち打ちの症状が治まらず悩んでいます

交通事故の被害者が怪我を負ったとき、むち打ちと診断されることが多いと聞きますよね。しっかりと医療機関に通院しているにも関わらず、改善の見込みが実感できないと不安になってしまいますよね。
そんな不安を少しでも減らすために、交通事故病院の相談員の回答を参考にしてみるのがよいでしょう。

むちうちについての相談例

交通事故の被害者が負担する費用について相談

交通事故の怪我を診てくれるところと費用について相談です

交通事故の被害にあった直後は、怪我を診てもらうときにかかる費用や、今後どのくらい費用がかかるかなど気になりますよね。

しっかりと怪我の治療・施術に専念したいけれど、「今後自費で通院するのかな…」というお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

基本的に、被害者が怪我を負っている場合は、速やかに手続きをすることで自賠責保険が適用されます。よって、実質自己負担なく治療・施術を安心してくださいね。

費用についての相談例

交通事故の被害者使える保険について相談

保険 (1) (1)

むち打ちで整骨院に通院中。転院しても自賠責保険を使えますか?

交通事故のすぐあとに怪我を診てもらう場合はもちろんですが、転院する場合も適用する保険について気になりますよね。

一般的には、既に自賠責保険を使っている場合、転院先でも自賠責保険を使って治療・施術を受けるこができます。

通院先は被害者である本人に選ぶ権利がありますが、既に通院している先生や新しい通院先の先生、保険会社側への連絡など、伝え方に悩んでしまいますよね。

よりスムーズに手続きや話を進めるためにはどうしたらよいのか、相談例を参考にしてみるとよいでしょう。

自賠責についての相談例

交通事故の被害者が子どもだった場合の相談

カルテとハート (1)

息子が交通事故にあいました。診てくれるところありますか?

交通事故の当事者が小さなお子さんだった場合も、怪我を診てくれる通院先について不安になってしまいますよね。
実際に交通事故病院相談窓口にも、ご両親からの相談がたくさん寄せられています。

基本的にはしっかりと怪我を診てもらうことができます。けれど年齢や怪我の程度、通院先によって受けられる治療・施術が異なります。

お子さんの将来にも関わることなので、しっかりと診てもらえる通院先を選択しましょう。

子どもの怪我についての相談例

交通事故の後、保険会社とのやりとりについて相談

書類 (3)

交通事故のあと、保険会社から整形外科へ通院する言われました

交通事故で怪我をしたとき、しっかりと診てもらうためにはどこへ行けばよいのか、定期的に通院するためにはどこがよいのか、なかなか決められませんよね。通院先や通院の仕方によって、治療・施術内容が変わってきます。事前にしっかりと把握しておきましょう。

通院先についての相談例

交通事故に詳しい整骨院は?保険会社から連絡きてないです

交通事故の加害者が任意保険に加入している場合は、被害者との窓口になります。その場合は、保険会社とのやりとりが必須です。
怪我の治療・施術にあたり、保険会社と連絡が取れている場合は問題ありませんが、連絡が取れていない場合は通院してもよいのか迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。連絡の取り方をしっかりと知っておくおことで、そのお悩みも解消されますね。

保険会社との連絡についての相談例

交通事故の被害者。保険会社の人とスムーズに話を進めたい

交通事故が起こった直後はもちろん、通院先の決定や示談に至るまで、加害者側の保険会社とのやりとりが続きます。
けれど、はじめて交通事故にあった被害者の場合、状況をしっかりと伝えられなくて困っている方が多いのでは?スムーズに話を進める方法を知っておくと、気持ちも楽になりますね。

保険会社との話し合いについての相談例

まとめ

事故病院 (1)

いかがでしたか?今回は、交通事故の被害者が何を知っておくべき知識についてまとめてご紹介しました。交通事故に関する知識は、当事者になってから初めて知ることがたくさんありますよね。

「もっと早く知っておけば良かった…」と後悔しないためにも、相談例を参考にしてみましょう。もちろん、交通事故病院相談窓口にて相談もできます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

予期せぬアクシデントが交通事故です。初めての交通事故でどうして良いか分からない。
そんな方々を知識面、治療面から完全サポート致します。

お問い合わせ

思いもよらない交通事故。初めての交通事故で、どうしたらよいのか分からない。
交通事故でお悩みの方を、知識・施術など多方面から無料でサポートいたします。

交通事故病院とは?

交通事故による怪我の症状は、時間が経つにつれ実感してくることが多いといわれています。「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。また、提携先の施設は全て厚生労働省の認可を受けた施術者が担当しております。自賠責保険が適用されると、通院する際の費用は自己負担0円です。

お見舞金制度とは?

しっかりと通院することで、交通事故病院よりお見舞金が付与されます。

交通事故治療対応 整骨院・接骨院・整体・鍼灸院
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
加盟・掲載ご希望の方へ

交通事故病院は、交通事故で悩む全ての方に向けた相談窓口です。 登録を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話ください 0120-963-887

交通事故病院は交通事故で悩む全ての方の相談窓口です。
登録ご希望の方はお気軽にお電話ください。